アリカンテ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリカンテ=エルチェ空港
Aeropuerto de Alicante-Elche
Aeroport d'Alacant-Elx
NAT-Aeropuerto-Alicante-(feb-2010).PNG
IATA: ALCICAO: LEAL
概要
空港種別 民間
所有/運営者 空港・航空管制公団 (Aena)
所在地 スペインバレンシア州アリカンテ県
標高 43 m / 141 ft
座標 北緯38度16分56秒 西経00度33分29秒 / 北緯38.28222度 西経0.55806度 / 38.28222; -0.55806座標: 北緯38度16分56秒 西経00度33分29秒 / 北緯38.28222度 西経0.55806度 / 38.28222; -0.55806
ウェブサイト aena-aeropuertos.es
地図
ALCの位置(スペイン内)
ALC
ALC
Location within Spain
滑走路
方向 全長 表面
m ft
10/28 3,000 9,842 舗装
統計 (2013)
旅客数 9.638.860
旅客数変動率(12-13) 増加+8,8%
発着便数 68,303
発着便数変動率(12-13) 増加+9,3%
出典: Passenger Traffic, AENA;[1] Spanish AIP, AENA[2][3]

アリカンテ=エルチェ空港(アリカンテ=エルチェくうこう、スペイン語: Aeropuerto de Alicante-Elche, (IATA: ALCICAO: LEAL))は、スペインバレンシア州アリカンテ県にある国際空港である。旅客数はスペイン第6位であり、バレンシア州とムルシア州にとっての最重要空港である。アリカンテの南西9km、エルチェの東10km、ムルシアの北70km、バレンシアの南160kmの距離にある。3,000m(10/28)の滑走路1本を備えている。旧名称はエル・アルテット空港スペイン語: Aeropuerto de El Altet)。

旅客便の80%は国際線である。イギリスドイツオランダからもっとも多くの乗客が到着する。国内線はマドリードパルマ・デ・マヨルカバルセロナなどに多くの便が飛んでいる。国際線客と国内線客それぞれが過去10年間で大幅に増加している。2011年の旅客数は9,913,764人であり、75,572回の離着陸があり、3,011トンの貨物を処理した。バレンシア州でもっとも旅客数が多い空港であり、ヨーロッパ全体で見ても50位以内に入る。ジェット2英語版ノルウェー・エアシャトルブエリング航空の拠点である。ヨーロッパ最大の格安航空会社であるライアンエアーはアリカンテ空港から59空港に飛んでおり、ライアンエアーにとって4番目に大きな拠点である。航空会社別でもっとも旅客数が多いのはライアンエアー(2010年は3,152,724人)であり、イージージェット(1,337,350人)、エア・ベルリン(620,671人)が続く[1][4]

歴史[編集]

1936年からアリカンテに存在した古いラ・ラバーサ飛行場を置き換えることで、1967年5月4日にエル・アルテット空港がオープンした。名称は空港が所在するエル・アルテット地区に由来する。初の商業便はアビアコ航空英語版によるコンベアだった[5]。1969年11月にはイベリア航空がアリカンテ=マドリード線とアリカンテ=バルセロナ線の定期便を開設した[6]。1970年代初頭には旅客数が100万人に達し、新ターミナルの建設が計画された。1980年には滑走路が3,000mに延長された[5]。次の空港改装工事は1996年に行われた[6]。管理・業務センターに加えて新しいオフィスビルが建設され、円滑な搭乗のために初めて5本のボーディング・ブリッジが導入された[6]。2011年には新ターミナルがオープンし、最大受け入れ人数は年間2,000万人に増加した[7]。すべての便が新ターミナルに離着陸し、新ターミナルのオープン前に使用されていたターミナル1とターミナル2は閉鎖されている。新ターミナルと旧ターミナルをつなぐ廊下の建設が計画されており、完成の暁には旅客はすべてのターミナルを利用できるようになる[8]

歴史的には2003年までイベリア航空がアリカンテ空港のリーディング・キャリアだったが[9]、従来型の航空会社の衰退とともにイベリア航空も衰退し、2004年には格安航空会社イージージェットに抜かれた[9]。2007年、ヨーロッパ最大の格安航空会社であるライアンエアーはアリカンテに拠点を設立した[10]。2009年にはライアンエアーがアリカンテ空港のリーディング・キャリアとなり、2011年には11機以上の航空機の拠点となり、62路線を運航し、300万人以上の旅客を持っている。しかし2011年10月末、ライアンエアーは新ターミナルのボーディング・ブリッジの使用に関する空港・航空管制公団 (Aena)との意見の相違から、アリカンテ空港を発着していた31路線から撤退した[11]

ターミナル[編集]

現在使用されているのは新ターミナルのみである。新ターミナルのオープン以来、ターミナル1とターミナル2は閉鎖されている。

新ターミナル[編集]

2011年3月23日、新ターミナル(ターミナルNと表記される)が公式にオープンした。翌日の3月24日には、アリカンテ空港を発着するすべての便が新ターミナルに移転した。新ターミナルの初便はライアンエアーメミンゲン空港英語版便だった。新ターミナルの面積は333,500 m2であり、ターミナル1とターミナル2を合わせた面積の6倍以上である。96台のチェックインカウンター、40個の搭乗ゲート、15個のボーディング・ブリッジ、16個の荷物コンベアを備えている[12]。新ターミナルは、Cゲートが配置されているプロセッサー、Bゲートの大部分が存在するドックの2つのエリアに分かれている。シェンゲン協定地域内への便はターミナルの両方のエリアを使用するが、シェンゲン協定地域外への便はドックのみを使用する。新ターミナルはターミナル1の東側に建設された。

ターミナル1[編集]

ターミナル1(T1)は1番から38番までの38台のチェックインカウンター、1台の特殊荷物用カウンター(39番)、9個の荷物コンベアを持ち、11個の搭乗ゲートのうち5個(奇数番号)はボーディング・ブリッジを持っていた。2011年3月24日に新ターミナルがオープンすると、ターミナル1は閉鎖された。新ターミナルと廊下で結んで再オープンする計画がある[8]

ターミナル2[編集]

ターミナル2(T2)はターミナル1に隣接しており、2007年1月にオープンした。ターミナル2は51番から64番までの14台のチェックインカウンター、6個の搭乗ゲート、2個の荷物コンベアを持ち、ボーディング・ブリッジは持っていなかった。2011年3月24日に新ターミナルがオープンすると、ターミナル1とともに閉鎖された。ターミナル2はプライベート便、航空救急、小型チャーター便など専用のターミナルとして再オープンする予定だが、再オープンの日時は決定していない[8]

就航会社と就航地[編集]

旅客[編集]

航空会社 就航地 ターミナル1
アイルランドの旗 エアリンガス ダブリン
季節運航: コーク
D
アルジェリアの旗 アルジェリア航空 アルジェ, オラン D
ドイツの旗 エア・ベルリン ベルリン=テーゲル, デュッセルドルフ, フランクフルト[要曖昧さ回避], ハンブルク, ミュンヘン, パルマ・デ・マヨルカ, シュトゥットガルト, チューリヒ D, P
スペインの旗 エア・ヨーロッパ[要曖昧さ回避] マドリード(2014年6月9日就航), パルマ・デ・マヨルカ (2014年6月9日就航), テネリフェ・スール D, P
ウクライナの旗 アヴィアトランス・キエフ英語版 季節運航 チャーター便: キエフ=ジュリャーヌィ D
イギリスの旗 BAシティフライヤー 季節運航 チャーター便: グラスゴー D
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン=ガトウィック, ロンドン=ヒースロー D
スペインの旗 BurgosTravel
アエロノバによる運航
季節運航: ブルゴス(2014年6月14日就航) D, P
ベルギーの旗 ブリュッセル航空 ブリュッセル D, P
イギリスの旗 イージージェット ベルファスト, ブリストル, エディンバラ, グラスゴー, リヴァプール, ロンドン=ガトウィック, ロンドン=ルートン, ロンドン=サウスエンド, マンチェスター, ニューカッスル空港 D
スイスの旗 イージージェット・スイスランド英語版 バーゼル=ミュールーズ, ジュネーヴ D, P
スイスの旗 エーデルワイス航空 季節運航 チューリヒ D, P
スペインの旗 Flybe エクセター(2014年10月2日撤退), サウサンプトン (2014年9月30日撤退)
季節運航: バーミンガム
D
スペインの旗 イベリア航空
エア・ノストラムによる運航
ビルバオ, グラン・カナリア, イビサ, マドリード
季節運航: テネリフェ・ノルテ, メノルカ
D, P
スペインの旗 イベリア・エクスプレス英語版 マドリード D, P
イギリスの旗 ジェット2英語版 ベルファスト, ブラックプール, イースト・ミッドランド, グラスゴー, リーズ・ブラッドフォード, マンチェスター, ニューカッスル空港
季節運航: エディンバラ
D
ベルギーの旗 ジェットエアフライ ブリュッセル空港, シャルルロワ, リエージュ, オステンド D, P
スペインの旗 JetXtra
BAシティフライヤーによる運航
季節運航: ハンバーサイド D
イギリスの旗 モナーク航空 バーミンガム, イースト・ミッドランド, ロンドン=ガトウィック, ロンドン=ルートン, マンチェスター D
ノルウェーの旗 ノルウェー・エアシャトル ロンドン=ガトウィック D
ノルウェーの旗 ノルウェー・エアシャトル オールボー, オースレン, ベルゲン, ケルン=ボン, コペンハーゲン, ヨーテボリ=ランドヴェッテル, ハンブルク, ヘルシンキ, ミュンヘン, モス/リュッゲ, オスロ, オウル, サンネフヨル, スタヴァンゲル, ストックホルム[要曖昧さ回避], トロムソ, トロンハイム, トゥルク
季節運航: ビルン, ハーシュタ/ナルヴィク, カルルスタード, モルデ, ウメオ
D, P
ロシアの旗 オレンエア 季節運航 チャーター便: モスクワ=シェレメーチエヴォ(2014年4月25日就航), サンクトペテルブルク(2014年6月1日就航) D, P
デンマークの旗 プリメーラ・エア英語版 季節運航: ケプラヴィーク D, P
ロシアの旗 ロシア航空 季節運航: サンクトペテルブルク D
アイルランドの旗 ライアンエアー バーミンガム, ブリストル, ボーンマウス, ダブリン, イースト・ミッドランド, エディンバラ, リーズ・ブラッドフォード, リヴァプール, ロンドン=スタンステッド, グラスゴー=プレストウィック, マンチェスター
季節運航: コーク, ケリー, ノック, シャノン
D
アイルランドの旗 ライアンエアー ベルガモ, ビルン, ブレーメン, ブリュッセル, シャルルロワ, アイントホーフェン, ヨーテボリ=シティ, ハーン, カールスルーエ, クラクフ, マーストリヒト=アーヘン, メミンゲン, モス/リュッゲ, ニュルンベルク, サンネフヨル, ストックホルム=スカブスタ, ワルシャワ=モドリン , ヴェーツェ
季節運航: オーフス, パリ=ボーヴェ, カトヴィツェ, ストックホルム=ヴェステロース, ヴロツワフ
D, P
スウェーデンの旗 デンマークの旗 ノルウェーの旗 スカンジナビア航空 オスロ, スタヴァンゲル
季節運航: ベルゲン, コペンハーゲン, ヨーテボリ=ランドヴェッテル (2014年6月30日就航), クリスチャンサン, ストックホルム=アーランダ, トロンハイム
D, P
ロシアの旗 S7航空 モスクワ=ドモジェドヴォ D
スパンジェット
アルバスター英語版による運航
季節運航 チャーター便: ヨーテボリ=ランドヴェッテル, ストックホルム=アーランダ D, P
イギリスの旗 トーマス・クック航空 チャーター便: グラスゴー (2014年4月24日撤退), マンチェスター (2014年4月29日撤退) D
ベルギーの旗 トーマス・クック航空ベルギー チャーター便: ブリュッセル D, P
イギリスの旗 トムソン航空 バーミンガム, カーディフ, ドンカスター=シェフィールド, イースト・ミッドランド, エディンバラ, グラスゴー, ロンドン=ガトウィック, マンチェスター, ニューカッスル
季節運航: ブリストル
D
ロシアの旗 トランスアエロ航空 季節運航: モスクワ=ドモジェドヴォ D
オランダの旗 トランサヴィア航空 アムステルダム, アイントホーフェン, ロッテルダム D, P
チェコの旗 トラベル・サービス航空英語版 季節運航 チャーター便: カトヴィツェ (2014年6月19日撤退), ワルシャワ=ショパン D
ロシアの旗 VIMエアラインズ 季節運航 チャーター便: モスクワ=ドモジェドヴォ D
スペインの旗 ブエリング航空 カーディフ, モスクワ=ドモジェドヴォ, サンクトペテルブルク (2014年6月3日撤退) D
スペインの旗 ブエリング航空 アムステルダム, バルセロナ, ビルバオ, ブリュッセル, コペンハーゲン, オラン, パルマ・デ・マヨルカ, パリ=オルリー, ローマ=フィウミチーノ(2014年4月2日就航), サンタンデール(2014年6月23日就航)
季節運航: イビサ, メノルカ(2014年6月20日就航), テネリフェ・ノルテ (2014年6月23日就航、聖週)
D, P
ハンガリーの旗 ウィズエアー 季節運航: ブカレスト(2014年6月16日再開), ブダペスト (2014年6月14日就航) D, P
アイスランドの旗 WOWエア英語版 ケプラヴィーク D, P

1「D」はドック、「P」はプロセッサーを表す。

貨物[編集]

航空会社 就航地
DHLアビエイション英語版 ビトリア

統計[編集]

2013年の旅客数は9,638,860人であり、8.8%増加した。2000年以降は2009年と2012年を除いて旅客数が増え続けている。

2000-2013 アリカンテ空港の年間旅客数(単位 : 100万)


2014年2月2日更新[1]
旅客数(人) 発着便数(便) 貨物(トン)
2000 6,038,266 56,427 7,745
2001 6,542,121 56,550 7,923
2002 7,010,322 59,268 6,548
2003 8,195,454 66,571 5,848
2004 8,571,144 71,387 6,036
2005 8,795,705 76,109 5,193
2006 8,893,720 76,813 4,931
2007 9,120,631 79,756 4,533
2008 9,578,304 81,097 5,982
2009 9,139,607 74,281 3,199
2010 9,382,935 74,474 3,112
2011 9,913,764 75,572 3,011
2012 8,855,764 62,468 2,527
2013 9,638,860 68,303 2,589
出典: Aena Statistics[1]

就航地別旅客数[編集]

アリカンテ空港の就航地別旅客数(2013年)[要出典]
順位 都市 旅客数 就航会社
1 イギリスの旗 ロンドン=ガトウィック 719,750 イージージェット, モナーク航空, トムソン航空, ブリティッシュ・エアウェイズ
2 イギリスの旗 マンチェスター 623,622 イージージェット, ジェット2英語版, モナーク航空, ライアンエアー, トーマス・クック航空, トムソン航空
3 イギリスの旗 イースト・ミッドランド英語版 366,856 ジェット2英語版, モナーク航空, ライアンエアー, トムソン航空
4 スペインの旗 バルセロナ 325,709 ブエリング航空
5 イギリスの旗 バーミンガム 297,972 モナーク航空, ライアンエアー, トーマス・クック航空, トムソン航空
6 スペインの旗 マドリード 270,318 イベリア・エクスプレス英語版
7 イギリスの旗 ニューカッスル 255,991 イージージェット, ジェット2英語版, トーマス・クック航空, トムソン航空
8 オランダの旗 アムステルダム 254,169 ブエリング航空, トランサヴィア航空
9 イギリスの旗 ブリストル英語版 254,074 イージージェット, ライアンエアー, トムソン航空
10 イギリスの旗 ロンドン=スタンステッド 252,414 イージージェット, ライアンエアー

アクセス[編集]

アリカンテ空港にはバス、タクシー、自家用車(N-338線)でアクセスすることができ、鉄道やトラムの路線が計画中である。新ターミナル近くには鉄道とトラムの駅に使用するための用地が残されている。2011年には新ターミナル近くに新しい駐車場がオープンした。

アリカンテ空港へのアクセス手段
アクセス手段 利用状況 運行会社 路線 目的地 ウェブサイト
バス – バス 利用可能 スブス・アルコジャナ C-6 アリカンテ www.subus.es, Line C-6
スブス・モジャ 1A, 1B エルチェ
トッレジャーノ
www.subus.es, Line 1A, www.subus.es, Line 1B
スブス・モジャ 1B アレナレス・デル・ソル
エル・アルテット
www.subus.es, Line 1B
ALSA ベニドルム
カルプ
ムルシア
www.alsa.es
コスタ・アスル トッレビエハ www.costazul.net
コスタ・アスル オリウエラ海岸
グアルダマル
ラ・マリナ
www.costazul.net
Autocares Baile サンタ・ポーラ
グラン・アリカント
アレナレス・デル・ソル
エル・アルテット
www.autocaresbaile.es
鉄道 – 鉄道 計画中 www.renfe.es
トラム – トラム 計画中 アリカンテ
ベニドルム
アルテア
カルプ
デニア
www.fgvalicante.com
タクシー – タクシー 利用可能 ラディオ・タクシー・エルチェ www.radiotaxielche.com

脚注[編集]

外部リンク[編集]