バーミンガム空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーミンガム空港
Birmingham Airport
Birmingham airport arrivals arp.jpg
IATA: BHXICAO: EGBB
概要
空港種別 公共
所有者 ウェスト・ミッドランズの7首都区(合計で49%)
バーミンガムコヴェントリーウルヴァーハンプトンダドリーサンドウェルウォルソールソリフル

Airport Group Investments Ltd. (48.25%) (Teachers' & VFMC)

従業員の持分 (2.75%)[1]
運営者 Birmingham Airport Ltd
供給都市 イギリス・バーミンガム
所在地 ウェスト・ミッドランズ、ビッケンヒル
標高 341 ft / 104 m
座標 北緯52度27分14秒 西経001度44分53秒 / 北緯52.45389度 西経1.74806度 / 52.45389; -1.74806座標: 北緯52度27分14秒 西経001度44分53秒 / 北緯52.45389度 西経1.74806度 / 52.45389; -1.74806
ウェブサイト birminghamairport.co.uk
地図
EGBBの位置(ウェスト・ミッドランズ内)
EGBB
EGBB
ウェスト・ミッドランズにおける所在地
滑走路
方向 全長 表面
m ft
15/33 3,052 10,013 アスファルト
統計 (2013)
利用者数(人) 9,120,201
12–13年の利用者数の変動率 増加2.2%
発着回数 95,713
12–13年の発着回数の変動率 増加3.3%
出典: UK AIP at NATS[2]
Statistics from the UK Civil Aviation Authority[3]

バーミンガム空港(バーミンガムくうこう、英語: Birmingham Airport) (IATA: BHXICAO: EGBB)、旧称バーミンガム国際空港(バーミンガムこくさいくうこう、英語: Birmingham International Airport[4]はイングランド、ウェスト・ミッドランズ内のソリフル首都区ビッケンヒルにあるバーミンガムの中心部から5.5海里 (10.2 km; 6.3 mi)東南東に位置する空港である。当空港はFlybeモナークライアンエアートーマス・クック航空トムソン航空の拠点である。

当空港にはイギリス内の都市へ向かう国内便とヨーロッパ中東インド亜大陸北アメリカカリブ地域の各都市へ向かう国際便が就航する。2008年に利用者数が960万人となったが2013年には利用者数は910万人ほどに減少し、バーミンガムはイギリスで7番目に利用者数が多い空港となっている[3]

バーミンガムは CAA Public Use Aerodrome Licence (Number P451) を保有し、旅客及び練習用として運用許可を得ている。

就航路線[編集]

航空会社 就航地 ターミナル
エアーアラン ウォーターフォード 1
エアリンガス コークダブリン 1
エールフランス
運航はブリテール
リヨン 1
エールフランス
運航はシティ・ジェット
パリ 1
マルタ航空 マルタ 1
エア・スロバキア ブラチスラヴァ [季節運航] 1
Bmibaby アリカンテ、アムステルダム、バルセロナ [季節運航]、ベルファストエディンバラ、ファロ [季節運航]、ジェノヴァ[季節運航]、グラスゴー、クノック、マラガ、ムルシア、ニース [季節運航]、パルマ・デ・マヨルカプラハ 1
bmiリージョナル アバディーン 1
ブリュッセル航空 ブリュッセル 1
シティ・エアライン ヨーテボリ 1
コンチネンタル航空 ニューアーク 1
キプロス航空 ラルナカ、パフォス 1
Cyprus Turkish Airlines ダラマン、ニコシア [季節運航] 1
イースタン航空 ニューカッスル 1
イージージェット ジェノヴァ[季節運航]、グルノーブル [季節運航] 1
エミレーツ航空 ドバイ 1
Flybe アバディーン、アヴィニョン [季節運航]、ベルファスト、ベルジュラック [季節運航]、ボルドー [季節運航]、ブレスト [季節運航]、シャンベリ [季節運航]、ドゥブロヴニク [季節運航]、デュッセルドルフ、エディンバラ、フランクフルト、グラスゴー、ガーンジー、ハンブルクハノーファー、インヴァネス、マン島、ジャージー、ラ・ロシェル [季節運航]、リモージュ [季節運航]、ミラノ、パリ、レンヌ [季節運航]、スプリト [季節運航]、シュトゥットガルト、トゥールーズ [季節運航]、トリノ [季節運航(チャーター)] 2
Flybe
運航はLoganair
ダンディー 2
アイスランド・エクスプレス レイキャヴィーク [5] 1
KLMオランダ航空 アムステルダム 1
KLMオランダ航空
運航はKLMシティホッパー
アムステルダム 1
ルフトハンザドイツ航空 デュッセルドルフ、フランクフルト、ミュンヘン 1
ルフトハンザ・レギオナルl
運航はユーロウイングス
デュッセルドルフ 1
ルフトハンザ・レギオナル
運航はルフトハンザ・シティーライン
ミュンヘン 1
マーハーン航空 テヘラン 1
モナーク航空 アリカンテ、アルメリア [季節運航]、ダラマン、ファロ、フエルテベントゥラ島、イビサ島 [季節運航]、ランサローテ島、ラルナカ、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア、マラガ、メノルカ島 [季節運航]、ムルシア [季節運航]、パルマ・デ・マヨルカ [季節運航]、テネリフェ島 1
パキスタン国際航空 イスラマバード 1
ライアンエアー アリカンテ、ビアリッツ、ボローニャ、ブラチスラヴァ、ブィドゴシュチュ [季節運航]、デリー、ダブリン、ファロ、グダニスク、ジローナ、グラン・カナリア島、グルノーブル [季節運航]、イビサ島、カトヴィツェ、カウナス、クラクフ、ランサローテ島、マラガ、ムルシア、パルマ・デ・マヨルカ [季節運航]、ピサ、ポルト [季節運航]、プラハ、レウス、ジェシュフ、シャノン、テネリフェ島、ヴェーツェ 2
スカンジナビア航空 コペンハーゲン 1
スイスインターナショナルエアラインズ
運航はHelvetic Airways
チューリッヒ 1
ターキッシュ エアラインズ イスタンブル 1
トルクメニスタン航空 アシガバート 1
ウズベキスタン航空 タシュケント 1
ヴァイキング航空 ストックホルム、アルビール、スレイマニヤ 1

新交通システム[編集]

当空港とバーミンガム国際駅およびナショナル・エキシビション・センターを結ぶ新交通システムが運行されている。1984年(昭和59年)より世界初となる磁気浮上式鉄道バーミンガムピープルムーバ」が運行されていたが、諸問題により1995年(平成7年)に休止後、2003年(平成15年)より新たにケーブル・ライナーエアレール・リンク」が運行されている。

脚注[編集]

  1. ^ Birmingham Airport”. Airport Watch. 2013年11月20日閲覧。
  2. ^ Birmingham – EGBB
  3. ^ a b CAA: UK Annual Airport Statistics
  4. ^ We're Saying 'Hello World' As We Relaunch Our Brand”. Birmingham Airport. 2014年10月6日閲覧。
  5. ^ http://www.icelandexpress.com/

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、バーミンガム空港に関するカテゴリがあります。