わたなべまさこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

わたなべ まさこ1929年5月16日 - )は、日本漫画家東京都出身。日本の少女漫画草創期から活躍し、現在も執筆を続ける巨匠の一人。1971年、『ガラスの城』で第16回小学館漫画賞を受賞。2002年、第31回日本漫画家協会賞として全作品に対する文部科学大臣賞を受賞。2006年旭日小綬章は、女性の漫画家としては初の受勲。日本漫画家協会理事。2013年に閉校した創造学園大学の創造芸術学部教授であった[1]

著作歴[編集]

1952年昭和27年)、挿絵画家を経て貸本漫画出版社の中村書店で『小公子』(原作フランシス・ホジソン・バーネット)を執筆後、若木書房より単行本『すあまちゃん』『涙の賛美歌』で少女漫画家としてデビュー。1957年(昭和32年)から少女漫画雑誌での連載を開始、1960年代初期には、母娘や姉妹の絆をテーマにした『白馬の少女』『おかあさま』等が人気を博した。1960年代中頃からは欧米を舞台にした作品群で少女達に夢とロマンを与え、1970年代には少女の内面にある善悪双方に共感を呼んだ『ガラスの城』に続く代表作『聖ロザリンド』でサスペンスホラーの新境地を開拓。同時期にはウィリアム・アイリッシュ原作『幻の女』等、海外ミステリの漫画化も手がけている。

レディースコミック誌に活動の場を移した1980年代には、日本を舞台にした作品が中心となり、単行本18冊にわたる短編連作『悪女シリーズ』、後年にテレビドラマ化された長編『独りまつり』等の愛憎物語を経て、『ねんね…しな』等の怪談の長編短編も描き始めている。昭和初期の日本的情緒の中で女の魔性を描く『小間使い』等の短編は、1990年代に入ってから泉鏡花原作『夜叉ヶ池』等の近代文学の漫画化にもつながり、同時期には長編『かおるの最後の顔』短編『華燭メアリ・H・クラーク原作『永遠の闇に眠れ』等、現代を舞台にしたミステリの佳作も多い。画面全体から醸し出される詩情の深さは、2000年代に入ってからの江戸時代物『ライオンの城』等にも受け継がれている。1993年平成5年)にスタートした『金瓶梅』は現在も連載中。

1991年(平成3年)から2003年(平成15年)にかけて、ホーム社発行・集英社発売で刊行された選集『わたなべまさこ名作集』では、画業50年を越える各時代の多彩な作品群が100冊に収録されている。デビュー以降のわたなべまさこの単行本は様々な出版社から刊行されてきたが、この名作集で初めて単行本化された作品も少なくない。

2008年(平成20年)には、双葉社から『まんがと生きて』(ISBN 4575300888)を刊行した。

少女漫画作品リスト[編集]

収録単行本の詳細、および貸本漫画出版社の作品群は、わたなべまさこ名作集

1950年代後半[編集]

1960年代前半[編集]

1960年代後半[編集]

  • 1966年
  • 1967年
    • サ・セ・パリ 週刊マーガレット連載1967年1号 - 10号【単行本】若木書房『サ・セ・パリ』1968年【名作集】『ばら色の真珠』1993年
    • 鳩のくる302号室 週刊マーガレット1967年13号【単行本】集英社『ハイジ』1968年、白泉社『ハイジ』1975年【名作集】『亜紀子』(2)1991年
    • 青きドナウ 週刊マーガレット連載1967年15号 - 26号【単行本】若木書房『青きドナウ』1970年【名作集】『青きドナウ』1992年
    • ふたりだけの白い馬 週刊マーガレット1967年30号【名作集】『亜紀子』(1)1991年
    • 火の星-旧人ウルフとマロ- 週刊マーガレット夏休み増刊1967年8月24日号【単行本】若木書房『サ・セ・パリ』1968年【名作集】『天使と挽歌』(2)1998年
    • かもめの館 デラックスマーガレット1967年夏の号(創刊号)【単行本】集英社『蝶はここには住めない!』1969年【名作集】『LOVE LOVE ミリオン!!』1997年
    • 奥さまは魔女 週刊マーガレット連載1967年32号 - 40号(米国テレビドラマのコミカライズ)
    • 珊瑚礁のかなた 週刊マーガレット連載1967年後半期 - 1968年前半期
  • 1968年
    • 青い空 白鳩はとぶ! 週刊マーガレット連載1968年18号 - 25号【名作集】『青い空 白鳩はとぶ!』1992年
    • 蝶はここには住めない 週刊マーガレット1968年33号【単行本】集英社『蝶はここには住めない!』1969年【名作集】『青い空 白鳩はとぶ!』1992年
    • この愛 戦火をこえて! 週刊マーガレット連載1968年37号 - 【単行本】若木書房『この愛戦火をこえて!』第5版1978年、ほるぷ出版『この愛・戦火をこえて』1983年【名作集】『青い空 白鳩はとぶ!』1992年
    • わすれな草 りぼん連載1968年 - 【名作集】『わすれな草』1998年
    • 白鳥(スワン)の恋 デラックスマーガレット1968年冬の号【単行本】集英社『蝶はここには住めない!』1969年【名作集】『LOVE LOVE ミリオン!!』1997年
    • 慕情 週刊セブンティーン1968年5号近辺【名作集】『慕情』1997年
    • リラ館 りぼんコミックス1968年9月号【名作集】『小公女』1996年
    • キュリー夫人 ジュニアコミック1968年11月号(通巻6号)【名作集】『小公女』1996年
  • 1969年
  • 1960年代末期
  • 初出年月および掲載誌を単行本から推定できる作品
    • お嬢さま お手をどうぞ マーガレット系(1960年代後半)【単行本】集英社『ハイジ』1968年、白泉社『ハイジ』【名作集】『LOVE LOVE ミリオン!!』1997年
    • 神さまこの願いをきいて! マーガレット系(1960年代後半)【単行本】集英社『蝶はここには住めない!』1969年【名作集】『おかあさま』(2) 2000年
    • わが心のロサンゼルス マーガレット系(1960年代後半)【単行本】集英社『蝶はここには住めない!』1969年【名作集】『娘よ、父の手に!』1997年

1970年代前半[編集]

  • 1970年
  • 1971年
    • うすざくら記(原作:岡本綺堂小坂部姫」) 別冊マーガレット1971年3月号【名作集】『藤原薬子』1996年
    • モナリザの部屋 週刊マーガレット連載1971年4・5合併号号 - 【単行本】若木書房『モナリザの部屋』1975年、講談社『モナリザの部屋』1988年【名作集】『モナリザの部屋』1996年
    • 這ってくる髪 週刊マーガレット1971年15号【単行本】若木書房『ふたご座生まれ』1973年、講談社『ふたご座生まれ』1987年【名作集】『娘よ、父の手に!』1997年
    • シャネルNo.5 週刊マーガレット連載1971年21号 - 32号【単行本】若木書房『シャネルNo.5』(1)(2)1976年【名作集】『シャネルNo.5』1996年
    • 帰れ!ぼくのユキ 週刊マーガレット1971年35号【名作集】『わすれな草』1998年
    • 古都の秋 週刊マーガレット1971年43号【単行本】集英社『ぶらりぶらぶら物語』1973年【名作集】『不如帰-ほととぎす-』1997年
    • ぶらりぶらぶら物語 週刊マーガレット連載1971年45号 - 50号【単行本】集英社『ぶらりぶらぶら物語』1973年【名作集】『従妹マリア』1993年
    • 2番目の夢 りぼんコミック1971年3月号【名作集】『慕情』1997年
    • 5月の雨の日に 別冊セブンティーン1971年6月号【名作集】『恋のれん』1996年
    • ただ愛ゆえに 別冊セブンティーン1971年9月号【単行本】創美社/集英社『ただ愛ゆえに』1976年【名作集】『魚のくさる家』1996年
    • 愛をうたう風 別冊セブンティーン1971年12月号【名作集】『神さま、なぜ愛にも国境があるの!』1996年
  • 1972年
    • 愛のひとこと 別冊セブンティーン1972年3月号【単行本】創美社/集英社『愛のひとこと』1976年【名作集】『魚のくさる家』1996年
    • ある青春の記-夏子と勇- 別冊セブンティーン1972年9月号【名作集】『慕情』1997年
    • エーデルワイスを君に 別冊セブンティーン1972年12月号
    • カミーユの微笑 別冊セブンティーン 1972年6月号【単行本】創美社/集英社『ただ愛ゆえに』1976年【名作集】『カミーユの微笑』1997年
    • 忘れな草 週刊マーガレット増刊1972年1月5日号【名作集】『LOVE LOVE ミリオン!!』1997年
    • 白き神々の国 週刊マーガレット1972年7号【名作集】『ねむの木の子守歌』1998年
    • わかれ道 週刊マーガレット連載1972年13号 - 21号【名作集】『青きドナウ』1992年
    • さよならの白いばら 週刊マーガレット1972年30号【単行本】集英社『ぶらりぶらぶら物語』1973年【名作集】『娘よ、父の手に!』1997年
    • 白の童話 週刊マーガレット1972年39号【名作集】『娘よ、父の手に!』1997年
    • ミルク色の天使 週刊マーガレット1972年51号【単行本】集英社『小さなおねがい』1976年【名作集『LOVE LOVE ミリオン!!』1997年
    • 真萩の子守唄 デラックスマーガレット1972年秋の号
    • 彼女の名はオレンジ 週刊少女コミック連載1972年29号 - 34号【名作集】『アイ ラブ アリス』1995年
  • 1973年
    • 娘よ父の手に! 週刊マーガレット増刊1973年1月10日号【名作集】『娘よ、父の手に!』1997年
    • 春風にきいたお話 週刊マーガレット1973年11号【名作集】『亜紀子』(2)1991年
    • 水藻のゆりかご 週刊マーガレット1973年36号【単行本】講談社『花のようなリリベット』1984年【名作集】『娘よ、父の手に!』1997年
    • 小さなおねがい 週刊マーガレット1973年48号【単行本】集英社『小さなおねがい』1976年【名作集】『亜紀子』(2)1991年
    • 水曜日の森 別冊少女フレンド1973年10月号【単行本】講談社『怪奇ロマン傑作選』1974年4月【名作集】『水曜日の森』1998年
    • ガラスの花嫁 週刊少女フレンド1973年8号【名作集】『天使と挽歌』(1)1998年
    • 聖ロザリンド 週刊少女フレンド連載 第1部1973年12 - 19・20号、第2部1973年33号 - 41号(2005年月刊ホラーM7月号 - 9月号に総集編で再掲載)【単行本】講談社『聖ロザリンド(世にもこわい話)』1973年(第1部のみ)、『聖ロザリンド総集編』1974年(第2部のみ)、『聖ロザリンド戦慄編』1979年【名作集】『聖ロザリンド』1992年【単行本】ホーム社漫画文庫『聖ロザリンド』2001年、ホラーMコミック文庫『聖ロザリンド』2005年
    • 白いカメレオン 週刊少女フレンド1973年25号【単行本】講談社『怪奇ロマン傑作選』1974年
    • モナリザの微笑 週刊少女フレンド1973年49号【名作集】『赤い伝説』1999年
    • 花のようなリリベット 週刊少女フレンド1973年50号 - 1974年2号 【単行本】若木書房『花のようなリリベット』1974年、講談社『花のようなリリベット』1984年
    • ふたご座生まれ なかよし1973年2月号附録【単行本】若木書房『ふたご座生まれ』1973年、講談社『ふたご座生まれ』1987年【名作集】『リーベス・ツァイベン』1995年
    • 黒ねこがわらった なかよし1973年6月号 - 7月号 前後編【単行本】講談社『黒ねこがわらった(世にもこわい話)』1973年、講談社『死霊ポーレットの恋』1986年【名作集】『青いきつね火』1997年
    • 雪空のノエル なかよし1973年12月号【名作集】『逢魔が刻』1996年
    • 紫色の鎮魂歌 月刊セブンティーン1973年2月号【名作集】『カミーユの微笑』1997年
    • 木蔦の枯れるとき… 月刊セブンティーン1973年5月号【単行本】創美社/集英社『愛のひとこと』1976年【名作集】『恋のれん』1996年
    • 青ざめたディオンヌ 月刊セブンティーン1973年9月号【単行本】講談社『花のようなリリベット』1984年【名作集】『あやかしの伝説』1992年
  • 1974年
    • 黒天使シンセラ 週刊少女フレンド連作(1.黒天使シンセラ 1974年16号・2.愛と死のバラード 1974年19号・3.赤い館 1974年26号)【単行本】主婦の友社『黒天使シンセラ』1978年、講談社『黒天使シンセラ』1984年【名作集】『水曜日の森』(1.黒天使シンセラ・2.愛と死のバラード)1998年、『慕情』(3.赤い館)1997年
    • 落葉の舞皇女和宮物語) 週刊マーガレット1974年27号【単行本】集英社『小さなおねがい』1976年【名作集】『カミーユの微笑』1997年
    • わが命はいとし子のために 週刊マーガレット1974年34号【名作集】『モナリザの部屋』1996年
    • 炎の紅振袖八百屋お七物語) 週刊マーガレット1974年47号【単行本】大陸書房『緋の宴』1988年 - 1989年【名作集】『おかあさま』(1) 2000年
    • 白い少女の伝説 小学四年生1974年2月号【単行本】小学館『ばらの中のリザ』(1)(2)1975年【名作集】『赤い伝説』1999年
    • ばらの中のリザ 小学四年生連載1974年4月号 - 1975年3月号【単行本】小学館『ばらの中のリザ』(1)(2)1975年【名作集】『ばらの中のリザ』1995年
    • 真夜中に殺せ! なかよし1974年5月号
    • 青い葡萄 月刊セブンティーン1974年6月号【単行本】創美社/集英社『ただ愛ゆえに』1976年【名作集】『カミーユの微笑』1997年
    • こもれび 月刊セブンティーン1974年11月号【名作集】『神さま、なぜ愛にも国境があるの!』1996年
  • 1973年 - 1974年頃
  • 初出年月および掲載誌を単行本から推定できる作品
    • 13本のカメリア 少女フレンド系(1970年代前半) 【単行本】講談社『怪奇ロマン傑作選』1974年4月【名作集】『逢魔が刻』1996年
    • 私の中のエレン(1970年代前半)【単行本】小学館『ばらの中のリザ』(1)(2)1975年【名作集】『赤い伝説』1999年
    • 死人契約(1970年代前半)【単行本】若木書房『モナリザの部屋』1975年8月【名作集】『逢魔が刻』1996年
  • 1975年
    • ふたごのプリンセス プリンセス連載1975年1月号(創刊号) - 12月号【単行本】秋田書店『ふたごのプリンセス』(1)(2)1975年【名作集】『ふたごのプリンセス』(1)(2)1995年
    • 太陽の女王(原作:佐々木守) 週刊マーガレット1975年24号 - 25号 前後編【名作集】『藤原薬子』1996年
    • 水晶の馬 週刊マーガレット連載1975年後半期 - 1976年2・3合併号【名作集】『水晶の馬』1995年
    • J.スミス氏の赤ちゃん 週刊少女コミック1975年28号【単行本】主婦の友社『黒天使シンセラ』1978年【名作集】『プルトンの息子たち』1993年
    • 2枚のページ 月刊セブンティーン1975年7月号【名作集】『御ひといのち夢幻の記』1997年
    • 女の手紙 月刊セブンティーン1975年11月号 - 12月号 前後編【単行本】創美社/集英社『愛のひとこと』1976年
    • バネッサの世界 週刊(月2回刊)少女フレンド連載1975年前半期 - 1976年初期【単行本】講談社『バネッサの世界』1985年【名作集】『バネッサの世界』1995年
    • わが海に白きバラを… 別冊少女フレンド1975年8月号【名作集】『赤い伝説』1999年
    • 赤い伝説 ラブリーフレンド 連作 1975年 第2部掲載初夏号【名作集】『赤い伝説』1999年
    • 姉妹-シスター- ラブリーフレンド1975年夏休み号【名作集】『百鬼夜行』1999年
    • 水晶色の雨の日に ラブリーフレンド1975年11月号【単行本】講談社『黒天使シンセラ』【名作集】『カミーユの微笑』1997年
    • わすれな草をあなたに 小学四年生連載1975年後半期 - 1976年3月号

1970年代後半[編集]

  • 1976年
    • 天使と挽歌(原作:日向葵) プリンセス 連作オムニバス 1976年 - 1978年(1.かたつむり1976年4月号・2.獅子の門1976年7月号・3.去りにし君へ…1976年10月号・4.この愛の終わりに1977年1月号・5. 暗闇への遁走曲1977年4月号・6.砂糖菓子の季節1977年7月号・7.風はふりむかずに1977年10月号・8.パンドラの罠1978年1月号・9.蝶になる日に1978年4月号・10.光と影のロンド前編・後編1978年7 - 8月号)
    • *【単行本】1977年 - 1978年 秋田書店『天使と挽歌』(1)(1.かたつむり・2.獅子の門・3.去りにし君へ…・4.この愛の終わりに)『天使と挽歌』(2)(6.砂糖菓子の季節・7.風はふりむかずに・8.パンドラの罠・10.光と影のロンド前編・後編)△第5話と第9話は割愛で連載順に収録
    • *【名作集】1998年『天使と挽歌』(1)(1.かたつむり・3.去りにし君へ…・4.この愛の終わりに・5.暗闇への遁走曲(「時間のフーガ」に改題)・7.風はふりむかずに(「光と影のロンド」に改題)『天使と挽歌』(2)(2.獅子の門・6.砂糖菓子の季節・9.蝶になる日に・8.パンドラの罠・10.光と影のロンド前編・後編(「光と影のロンド II」に改題))△全話収録で順番は一部入れ替え
    • プリシラのおともだち 週刊少女コミック1976年2号【単行本】主婦と生活社『22世紀の子 リーベス・ツァイベン』1981年【名作集】『水曜日の森』1998年
    • シャンデリア 週刊少女コミック連載1976年9号 - 36号【単行本】若木書房『シャンデリア』(1) - (3)1977年【名作集】『シャンデリア』(1)(2)1993年
    • 魔女復活 週刊少女コミック1976年38号【名作集】『水晶の馬』1995年
    • リリアム(モスリン服の子・ロサンゼルスの空・ユタ=2:00AM・恐怖のルート91・ビバリー・ヒルズキャノン通り32番地・ニューヨーク・USA・天使の歌う夜に) 週刊少女コミック連載1976年49号、1977年2号、4・5合併号、7号、9号、11号、13号【名作集】『リリアム』1995年
    • あやかしの伝説(天竺編・中国編・白狐玉藻編) 花とゆめ 連作 1976年5号、13号、22号【単行本】白泉社『白狐あやかしの伝説』1977年、壱番館書房/廣済堂出版『あやかしの伝説』1982年、廣済堂出版『妖狐伝説』1986年【名作集】『あやかしの伝説』1992年
    • 鳩の舞う城 ラブリーフレンド1976年7月号
    • 青い炎のファラオ 小学四年生連載1976年8月号 -
    • 死霊ポーレットの恋 小学六年生連載1976年10月号 - 12月号【単行本】講談社『死霊ポーレットの恋』1986年【名作集】『あやかしの伝説』1992年
  • 1977年
    • 寄生木 別冊ビバプリンセス1978年冬季号
    • 雨の置き手紙 月刊セブンティーン1977年3月号【単行本】集英社『雨の置き手紙』1981年【名作集】『恋のれん』1996年
    • プルトンの息子たち 週刊少女コミック連載1977年19号 - 【単行本】壱番館書房/廣済堂出版『プルトンの息子たち』1983年、『幻想魔界 プルトンの息子たち』1987年【名作集】『プルトンの息子たち』1993年
    • スズランごころ 女学生の友1977年5月号
    • 百塔-3aBTpaの獅子たち- 別冊花とゆめ連載1977年冬の号、1978年春、夏、秋、冬の号、1979年春、夏の号【名作集】『百塔-3aBTpaの獅子たち-』
  • 1978年
  • 1979年
  • 1970年代末期
  • 1980年
    • 花ほたる 週刊セブンティーン増刊1980年5月7日号【単行本】集英社『雨の置き手紙』1981年【名作集】『蛇の目傘の女』1997年
    • すすき野の里 週刊セブンティーン増刊1980年10月17日号【単行本】集英社『雨の置き手紙』1981年【名作集】『不如帰-ほととぎす-』1997年

1960年代後半 - 1970年代[編集]

レディースコミック作品リスト[編集]

名作集の詳細は、わたなべまさこ名作集を参照

レディースコミック誌 掲載作品(青年漫画誌を含む)

1970代末(少女漫画からの移行期)[編集]

  • 1975年
    • あやかしの夜 ビッグコミックオリジナル1975年1月20日号(通巻23号)【単行本】主婦の友社『黒天使シンセラ』1978年【名作集】『リリアム』1995年
  • 1977年
    • 虞美人(原作:白井鐵造) 【MOOK】『週刊女性別冊劇画タカラヅカ名作10選Part.1』1977年3月
  • 1978年
    • 恋愛今昔物語(原作:佐々木丸美)(五月の椿・黒髪あわれ) 週刊ヤングレディ 連作 1978年11号、13号【単行本】ブッキング『恋愛風土記』2007年
    • 恋愛今昔物語(原作:佐々木丸美)(夏子の場合・秋子の場合・冬子の場合・春子の場合) 週刊ヤングレディ 連作 1978年21号 - 24号【単行本】講談社『恋愛風土記』1979年、ブッキング『恋愛風土記』2007年
  • 1978年頃
    • 私の黒髪を切れ(原作:千家和也) 【単行本】小学館セブンコミックス『私の黒髪を切れ』(上)(下)1978年12月、1979年1月
    • 幻の女(原作:ウィリアム・アイリッシュ) 【単行本】主婦の友社TOMOコミックス名作ミステリー28『幻の女』1979年1月
    • 花嫁は4月に 【単行本】講談社ヤングレディKCデラックス『花嫁は4月に』1979年【名作集】『恋つづり』1996年
  • 1979年
    • ローラー・カナリヤの死んだ日 セブンコミック1979年1月15日号【単行本】集英社 悪女シリーズ8『ある金魚の死』1983年【名作集】『ローラー・カナリヤの死んだ日』1993年

1980年代[編集]

  • 1980年
    • ある結婚 YOU 1980年No.1【単行本】集英社『恋のれん』1984年 【名作集】『美少年-すぎにし愛の日々-』1997年
    • 悪女シリーズ 週刊明星 連作 1980年代前半
    • *【単行本】集英社『悪女シリーズ』(1) - (18)1981年9月 - 1985年9月、集英社漫画文庫『悪女シリーズ』(1) - (3)1984年
    • *【名作集】『ローラー・カナリヤの死んだ日』『蜜の味』息子の恋人』『隣のベッド』『親友』『童話 白雪姫』『ある愛の終わりに』『ママとニャンニャン』『悪夢』1993年 - 1994年
  • 1981年
    • オフィス・ラブに御用心 セブンコミック1981年1月20日号 【単行本】集英社『大介夢幻抄』(2)1989年【名作集】『シャンデリア』(2)1993年
    • 小さな贈り物 セブンコミック1981年5月20日号【単行本】集英社『大介夢幻抄』(1)1989年【名作集】『シャンデリア』(2)1993年
    • 春暦 月刊セブンティーン特別編集 YOU 1981年No.2(5月頃の号)【単行本】集英社『恋のれん』1984年【名作集】『不如帰-ほととぎす-』1997年
    • 恋のれん YOU 連作 1981年No.3, No.4【単行本】集英社『恋のれん』1984年【名作集】『恋のれん』1996年
    • 冬の音 YOU 1981年No.7【単行本】集英社『恋のれん』1984年 【名作集】『令嬢ポポラックの哀しみ』1997年
    • 嫉妬 フォアレディ1981年3月号【名作集】『高野聖』1997年
    • 夢の記 フォアレディ連載1981年7月号 - 【単行本】小学館『夢の記』1982年【名作集】『夢の記』1994年
  • 1982年
    • 金曜はだめよ! YOU 1982年Nol.10【単行本】集英社『長い手紙』1984年【名作集】『令嬢ポポラックの哀しみ』1997年
    • 長い手紙 YOU 1982年9月号【単行本】集英社『長い手紙』1984年【名作集】『令嬢ポポラックの哀しみ』1997年
  • 1983年
    • 鳩ぽっぽ YOU 1983年2月号【単行本】集英社『長い手紙』1984年【名作集】【名作集】『毒の女』(2)1994年
    • 秋桜記 YOU 1983年11月号【単行本】集英社『長い手紙』【名作集】『御ひといのち夢幻の記』1997年
  • 1984年
    • 裁きの日 OFFICE YOU 1984年vol.4【単行本】集英社『長い手紙』1984年【名作集】『毒の女』(2)1994年
    • LOVE LOVE 千夜一夜物語 連作 1984年頃(各タイトルは、わたなべまさこ名作集を参照])【単行本】集英社『LOVE LOVE 千夜一夜物語』(1)(2) 1985年11月、1986年1月【名作集】『LOVE LOVE 千夜一夜物語』1995年
  • 1985年
    • 独りまつり フォアレディ連載1985年3月号 - 1986年1月号【名作集】『独りまつり』1994年【単行本】双葉社文庫『独りまつり』2002年(東海テレビ制作フジテレビ系列2003年3月31日 - 6月27日放送のTVドラマ「愛しき者へ」原作)
    • 新釈 真景累ヶ淵(原典:三遊亭円朝真景累ヶ淵」) 週刊明星連載1985年31号 - 45号『新釈 真景累ヶ淵』(原典:三遊亭円朝真景累ヶ淵」)【単行本】集英社『新釈 真景累ヶ淵』1986年【名作集】『新釈 真景累ヶ淵』1993年
  • 1986年
    • 恋あそび 月刊Jour 1986年1月号【単行本】双葉社『孤輪の月』1987年【名作集】『小間使い』1998年
    • おそろしい女の話 月刊Jour 1986年9月号【単行本】双葉社『孤輪の月』1987年【名作集】『幽霊』1998年
    • 斑猫の舞う夜 ミステリーJour 1986年4月25日号【単行本】双葉社『斑猫の舞う夜』1986年『蛇の目傘の女』1993年、双葉社文庫『百鬼夜行』2004年
    • 小間使い ミステリーJour 1986年11月16日号【単行本】双葉社『蛇の目傘の女』1993年、双葉社文庫『蛇の目傘の女』2004年【名作集】『小間使い』1998年
    • 女の首 週刊明星連載1986年後半期【単行本】集英社『ねんね…しな』1987年、文春文庫『妖怪マンガ恐怖読本』1990年【名作集】『穴の底』1993年
    • 死の棲む家 週刊明星連載1986年後半期【単行本】集英社『ねんね…しな』1987年【名作集】『新釈・真景累ヶ淵』1993年
    • 悪霊 週刊明星連載1986年後半期【単行本】集英社『ねんね…しな』1987年、文春文庫『怪奇幻想ホラーマンガ傑作選』1989年【名作集】『穴の底』1993年
    • 穴の底 週刊明星連載1986年後半期【単行本】集英社『ねんね…しな』1987年【名作集】『穴の底』1993年
    • ねんね…しな 週刊明星連載1986年後半期【単行本】集英社『ねんね…しな』1987年、文春文庫『傑作マンガ選怖い話』1993年【名作集】『穴の底』1993年
  • 1987年
    • 孤輪の月 月刊Jour 1987年1月号【単行本】双葉社『孤輪の月』1987年【名作集】『鬼っ子』1998年
    • ちぎれ髪 月刊Jour 1987年4月号【単行本】双葉社『孤輪の月』1987年【名作集】『怪談 蜘蛛の首』1998年
    • 竹の秋-或る蒸発- 月刊Jour 1987年7月号 【単行本】双葉社『孤輪の月』1987年【名作集】『幽霊』1998年
    • 蛇の目傘の女 ミステリーJour 1987年10月16日号【単行本】双葉社『蛇の目傘の女』1993年、双葉社文庫『蛇の目傘の女』2004年【名作集】『蛇の目傘の女』1997年
    • 毒の女 フォアレディ連載1987年【単行本】小学館『毒の女』(1) - (3)1988年6月、8月、10月【名作集】『毒の女』(1)(2)1994年
  • 1988年
    • 大介夢幻抄 フォアレディ連載1988年【単行本】小学館『大介夢幻抄』(1)(2)1989年【名作集】『大介夢幻抄』1994年
    • 永遠の闇に眠れ(原作:メアリー・H・クラー) ミステリーJour 1988年1月16日号【単行本】双葉社『永遠の闇に眠れ』1990年
    • 怪談 田中かよ乃の死 ミステリーJour 1988年9月16日号【単行本】双葉社『怪談片目猫』1993年、双葉社文庫『怪談片目猫』2004年【名作集】『怪談 うらみ鬼灯』1999年
  • 1989年
    • 春日局(原作:橋田壽賀子) 連載1989年(同年放映テレビドラマのコミカライズ)【単行本】集英社YOUコミックスデラックス『春日局』1989年12月6日【名作集】『春日局』(1)(2)1999年
    • 揺りかごが落ちる(原作:メアリ・H・クラーク) ミステリーJour 1989年7月16日号【単行本】双葉社『永遠の闇に眠れ』1990年
    • 怪談 蜘蛛の首 ミステリーJour 1989年9月19日号【単行本】双葉社『怪談片目猫』1993年、双葉社文庫『蛇の目傘の女』2004年【名作集】『怪談 蜘蛛の首』1998年
  • 1980年代後半
  • 初出年月および掲載誌を単行本から推定できる作品
    • 藤原薬子 【単行本】世界文化社ロマンコミックス 人物日本の女性史 7『藤原薬子』1985年6月 【名作集】『藤原薬子』1996年
    • 誰かが知っている 【単行本】小学館フォアレディビッグコミックス『毒の女』(1)1988年6月【名作集】『高野聖』1997年
    • 哄った女 【単行本】小学館フォアレディビッグコミックス『毒の女』(3)1988年10月【名作集】『高野聖』1997年
    • 私生活 【単行本】集英社YOUコミックス『私生活』1988年8月【名作集】『人材派遣社員美樹』1997年
    • 緋の宴 【単行本】大陸書房ルージュコミックス『緋の宴』(1)(2)1988年12月、1989年1月『【名作集】緋の宴』1995年
    • けものみち 【単行本】大陸書房ルージュコミックス『緋の宴』(1)(2)1988年12月、1989年1月【名作集】『緋の宴』1995年
    • ママの恋人 【単行本】大陸書房ルージュコミックス『緋の宴』(1)(2)1988年12月、1989年1月【名作集】『小間使い』1998年

1990年代[編集]

  • 1990年
    • 鬼っ子 ミステリーYOU 1990年春の号【単行本】集英社『鬼っ子』1991年【名作集】『鬼っ子』1998年
    • ビロードの爪 ミステリーJour 1990年4月19日号【単行本】双葉社『百鬼夜行』1993年、双葉社文庫『百鬼夜行』2004年【名作集】『鬼っ子』1998年
    • 蒲団(原作:橘外男) ミステリーJour 1990年8月19日号【単行本】双葉社『百鬼夜行』1993年、双葉社文庫『百鬼夜行』2004年
    • 牡丹灯籠より 幻の夏 週刊女性連載(まさこの幽幻ごよみ第5話)1990年7月3日号 - 1991年1月22日号【単行本】主婦と生活社/宙出版『牡丹灯籠より 幻の夏』(原典:三遊亭円朝牡丹灯籠」)(上)(中)(下)1992年【名作集】『牡丹灯籠より 幻の夏』1996年
  • 1991年
    • 蒼ざめた女 ミステリーYOU 1991年春の号【単行本】集英社『鬼っ子』1991年【名作集】『草蜉蝣』1996年
    • 蔵の中-夕顔の花のような人- ミステリーYOU 1991年秋の号【単行本】集英社『鬼っ子1991年』【名作集】『鬼っ子』1998年
    • 高野聖(原作:泉鏡花) ミステリーJour 1991年6月19日号【単行本】双葉社『夜叉ヶ池』1993年、双葉社文庫『夜叉ヶ池』2004年【名作集】『高野聖』1997年
    • 怪談片目猫 ミステリーJour 1991年8月19日号【単行本】双葉社『怪談片目猫』1993年、双葉社文庫『怪談片目猫 』2004年【名作集】『幽霊』1998年
  • 1992年
    • 註文帳(原作:泉鏡花) ミステリーJour 1992年2月19日号【名作集】『おしどり文次捕物控』1995年【単行本】双葉社文庫『夜叉ヶ池』2004年
    • 華燭 ミステリーJour 1992年6月19日号【単行本】双葉社『百鬼夜行』1993年、双葉社文庫『百鬼夜行』2004年【名作集】『怪談 蜘蛛の首』1998年
    • 百鬼夜行 ミステリーJour 1992年8月19日号【単行本】双葉社『百鬼夜行』1993年、双葉社文庫『百鬼夜行』2004年【名作集】『百鬼夜行』1999年
  • 1993年
    • 夜叉ヶ池(原作:泉鏡花) ミステリーJour 1993年4月19日号【単行本】双葉社『夜叉ヶ池』1993年、双葉社文庫『夜叉ヶ池』2004年【名作集】『高野聖』1997年
  • 1994年
    • かおるの最後の顔 OFFICE YOU 連載1994年11月号 - 1995年4月号【単行本】集英社『かおるの最後の顔』1995年【名作集】『かおるの最後の顔』1998年
  • 1995年
    • 死霊-暗闇坂の白い家- ミステリーJour 1985年8月19日号(1988年作「怪談 田中かよ乃の死」続編)【単行本】双葉社文庫『怪談片目猫』2004年【名作集】『怪談 うらみ鬼灯』1999年
  • 1996年
  • 1997年
    • 邪恋(原作: 津雲むつみ) YOU 1997年No.6特別企画(原題:「邪恋 ストーカー」)【名作集】『Mrs.エレインの揺籃』2003年
  • 初出年月および掲載誌を単行本から推定できる作品
    • 恋々の樹 【単行本】双葉社ジュールコミックス『恋々の樹』1991年12月
    • 痩女 【単行本】双葉社ジュールコミックス(アンソロジー)『恐怖怪奇2 戦慄の館』1996年7月【名作集】『百鬼夜行』1999年
    • エマの面影(原作:ケイ・ソープ) 【単行本】宙出版エメラルドコミックス ハーレクインシリーズ『エマの面影』1998年8月
    • 滑走路灯(原作:夏樹静子) 【単行本】宙出版エメラルドコミックスHiミステリーシリーズ『滑走路灯』 2000年1月
    • ガラスの絆(原作:夏樹静子) 【単行本】宙出版エメラルドコミックスHiミステリーシリーズ『滑走路灯』 2000年1月
    • 雪の別離(原作:夏樹静子) 【単行本】宙出版エメラルドコミックスHiミステリーシリーズ『滑走路灯』 2000年1月
    • 第三の女(原作:夏樹静子) 【単行本】宙出版エメラルドコミックスHiミステリーシリーズ『第三の女』2000年9月
    • 捨てないで(原作:東野圭吾) 【単行本】宙出版エメラルドコミックスHiミステリーシリーズ『捨てないで』 2000年11月
    • 恐怖の研究(原作:阿刀田高) 【単行本】宙出版エメラルドコミックスHiミステリーシリーズ『恐怖の研究』2000年10月 【名作集】『あやかしの樹』1999年
    • あやかしの樹(原作:阿刀田高) 【名作集】『あやかしの樹』1999年
    • 脳味噌の報酬(原作:阿刀田高) 【名作集】『あやかしの樹』1999年
    • 裏側(原作:阿刀田高) 【名作集】『あやかしの樹』1999年
    • 魔除け(原作:阿刀田高) 【名作集】『あやかしの樹』1999年
    • 来訪者(原作:阿刀田高) 【名作集】『あやかしの樹』1999年
  • その他(1990年代の作品。わたなべまさこ名作集収録順に記載)
    • 鳥の脚(1990年代初期)【名作集】『美少年-すぎにし愛の日々-』1997年

1980年代 - 1990年代以降[編集]

  • その他(おおむね1980年代 - 1990年代の作品。わたなべまさこ名作集収録順に記載)
    • 10月の罌粟(原作:アイラ・レヴィン死の接吻」)(1980年代以降)【名作集】『幻の女 10月の罌粟』1992年
    • 空の巣(1980年代以降)【名作集】『毒の女』(1)1994年
    • 死女の恋(1980年代以降)【名作集】『バネッサの世界』1995年
    • 蝶のみち (1980年代以降)【名作集】『水晶の馬』1995年
    • おしどり文次捕物控(1980年代以降)【名作集】『おしどり文次捕物控』1995年
    • ウェディングベルを鳴らす時 (1980年代以降)(1980年代以降)【名作集】『モナリザの部屋』1996年
    • 鬼あざみ(1980年代以降)(1980年代以降)【名作集】『恋のれん』1996年
    • 恋つづり(1980年代以降)【名作集】 『恋つづり』1996年
    • ボクの日記(1980年代以降)【名作集】 『恋つづり』1996年
    • 魚のくさる家(1980年代以降)(1980年代以降)【名作集】『魚のくさる家』1996年
    • 青霊樹(1980年代以降)【名作集】『魚のくさる家』1996年
    • 草蜉蝣(1980年代以降)【名作集】『草蜉蝣』1996年
    • 闇の底(1980年代以降)【名作集】『草蜉蝣』1996年
    • 恐怖街(1980年代以降)【名作集】『草蜉蝣』1996年
    • 逢魔が刻(1980年代以降)【名作集】『逢魔が刻』1996年
    • とかくこの世は…(1980年代以降)【名作集】『逢魔が刻』1996年
    • マリエの窓(1980年代以降)【名作集】『逢魔が刻』1996年
    • Fの悲劇(1980年代以降)【名作集】『高野聖』1997年
    • 御ひといのち夢幻の記(1980年代以降)【名作集】『御ひといのち夢幻の記』1997年
    • 無限抱擁(1980年代以降)【名作集】『御ひといのち夢幻の記』1997年
    • 違う名をもつ女(1980年代以降)【名作集】『御ひといのち夢幻の記』1997年
    • 不如帰-ほととぎす-(原作:徳富蘆花)(1980年代以降)【名作集】『不如帰-ほととぎす-』1997年
    • 紅しぼり…いのちの糸(1980年代以降)【名作集】『不如帰-ほととぎす-』1997年
    • 夢たがえ(1980年代以降)【名作集】『不如帰-ほととぎす-』1997年
    • 令嬢ポポラックの哀しみ(1980年代以降)【名作集】『令嬢ポポラックの哀しみ』1997年
    • 女の傷(1980年代以降)【名作集】『令嬢ポポラックの哀しみ』1997年
    • おち鮎(1980年代以降)【名作集】『令嬢ポポラックの哀しみ』1997年
    • 人材派遣社員美樹(1980年代以降)【名作集】『人材派遣社員美樹』1997年
    • Rose ede Mai(1980年代以降)【名作集】『人材派遣社員美樹』1997年
    • 美少年-すぎにし愛の日々-(1980年代以降)【名作集】『美少年-すぎにし愛の日々-』1997年
    • (1980年代以降)【名作集】『美少年-すぎにし愛の日々-』1997年
    • 白萩の庭(1980年代以降)【名作集】『蛇の目傘の女』1997年
    • 闇の中…(1980年代以降)【名作集】『蛇の目傘の女』1997年
    • 5月の薔薇(1980年代以降)【名作集】『蛇の目傘の女』1997年
    • むじな(原作:小泉八雲むじな」)(1980年代以降)【名作集】『鬼っ子』1998年
    • 鈴の音(1980年代以降)【名作集】『怪談 蜘蛛の首』1998年
    • 秋の夜の夢-ガラスのような亜々美-(1980年代以降)【名作集】『怪談 蜘蛛の首』1998年
    • 捨てた女(1980年代以降)【名作集】『かおるの最後の顔』1998年
    • 春の鬼(1980年代以降)【名作集】『小間使い』1998年
    • 月の舟(1980年代以降)(1980年代以降)【名作集】『小間使い』1998年
    • 幽霊(1980年代以降)【名作集】『幽霊』1998年
    • 泣きぼくろ(1980年代以降)【名作集】『幽霊』1998年
    • 魔の刻(1980年代以降)【名作集】『百鬼夜行』1999年
    • メドゥーサの涙(1980年代後半以降)【名作集】『百鬼夜行』1999年
    • 怪談 うらみ鬼灯(1980年代以降)【名作集】『怪談 うらみ鬼灯』1999年
    • 里代子の場合(1980年代以降)【名作集】『怪談 うらみ鬼灯』1999年
    • 聖夜(1980年代以降)【名作集】『ライオンの城』2002年
    • Mrs.エレインの揺籃(1980年代以降)【名作集】『Mrs.エレインの揺籃』2003年
    • 十五夜の月(1980年代以降)【名作集】『Mrs.エレインの揺籃』2003年
    • 百物語 穴-死霊婚-(1980年代以降)【名作集】『Mrs.エレインの揺籃』2003年
    • 蔦のからまる家(1980年代以降)【名作集】『Mrs.エレインの揺籃』2003年

2000年代[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 文化庁メディア芸術祭歴代受賞作品 第10回 マンガ部門 審査講評【作品カテゴリ別講評】ストーリーマンガ わたなべまさこ マンガ家 プロフィール”. 文化庁. 2013年6月14日閲覧。

外部リンク[編集]