フランシス・ホジソン・バーネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシス・ホジソン・バーネット
Frances Hodgson Burnett
Frances Burnett.jpg
誕生 フランシス・イライザ・ホジソン
Frances Eliza Hodgson
1849年11月24日
イギリスの旗 イギリスマンチェスター
死没 1924年10月29日(満74歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州プランドームPlandome
職業 小説家劇作家
国籍 イギリスの旗 イギリスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
代表作 小公子』(1886年)
『セーラー・クルー』(1888年)
↓改題
小公女』(1905年)
秘密の花園』(1909年)
消えた王子』(1915年)
処女作 『心とダイヤモンド』(1868年)
配偶者 スワン・バーネット
子供 ライオネル
ヴィヴィアン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

フランシス・イライザ・ホジソン・バーネット[1]Frances Eliza Hodgson Burnett, 1849年11月24日 - 1924年10月29日)は、イギリス生まれのアメリカ合衆国小説家劇作家バーネット夫人 (Mrs. Burnett) とも呼ばれる。

伝記[編集]

フランシス・イライザ・ホジソンはイギリスマンチェスターに生まれたが、幼い頃に父を亡くし、1865年、16歳で一家と共にアメリカテネシー州ノックスヴィルへと移住した。1868年、女性向け月刊雑誌『ゴーディズ・レディース・ブック』(Godey's Lady's Book)に『心とダイヤモンド』(Hearts and Diamonds)を発表する。1873年に医者のスワン・バーネット(Swan Burnett)とワシントンD.C.で結婚し、ライオネル(成人前に病死)とヴィヴィアンの二人の男の子をもうける。

1886年には『小公子』(Little Lord Fauntleroy)を雑誌『セント・ニコラス』(St. Nicholas Magazine)に発表する。児童向けとして書かれた本だったが、母親達に大いに人気を博し、バーネットの次男ヴィヴィアンの髪型を元にした主人公のロングカールの髪型と、オスカー・ワイルドの正装を元にしたレースの襟がついたベルベットのスーツ、通称フォントルロイ・スーツが大流行した。この本は、50万部を売り上げた。

1888年『セーラ・クルー』(Sara Crewe)を発表、この作品は1905年に『小公女』(A Little Princess)と改題されて書き直された。

1890年代半ばからは主にイングランドに居住したが、1905年にアメリカ合衆国の市民権を取得し、1909年に米国に戻った。同年『秘密の花園』(The Secret Garden)を発表するが、生前のうちは反響は大きくなかった。1915年に『消えた王子』を発表。

ニューヨーク州プランドームPlandome)で余生を送り、同地にて死去した。

脚注[編集]

  1. ^ ドラマ『小公女セイラ』のナレーション(渡辺真理)ではフランシス・エリザ・ホジソン・バーネットと呼んでいる。

外部リンク[編集]