三遊亭圓朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三遊亭 圓朝(さんゆうてい えんちょう)は、江戸東京落語三遊派大名跡円朝とも表記。

  1. 初代三遊亭 圓朝は、三遊派の総帥、宗家。三遊派のみならず落語中興の祖として有名。敬意を込めて「大圓朝」という人もいる。現代の日本語の祖でもある。本項目で詳述。
  1. 二代目三遊亭 圓朝になることになっていたのは、初代 三遊亭圓右。「名人圓右」の呼び声も高く、明治期から大正期に活躍した。圓朝の二代目を襲名することが決定したものの、一度も披露目をせずに病のため亡くなった。そのため「幻の二代目」とも称される。→三遊亭圓右の項目を参照のこと。

初代[編集]

初代 三遊亭圓朝

初代三遊亭 圓朝(さんゆうてい えんちょう)、(天保10年4月1日1839年5月13日) - 明治33年(1900年8月11日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代に活躍した落語家。本名は出淵 次郎吉(いずぶち じろきち)。

概要[編集]

落語家であり、歴代の名人の中でも筆頭(もしくは別格)に巧いとされる。また、多くの落語演目を創作した。

滑稽噺(「お笑い」の分野)より、人情噺怪談噺など、(笑いのない)真面目な、(いわば)講談に近い分野で独自の世界を築く。圓朝の噺が三遊派のスタイル(人情噺)を決定づけた。

あまりの巧さに嫉妬され、師匠2代目圓生から妨害を受けた。具体的には、圓朝が演ずるであろう演目を師匠圓生らが先回りして演じ、圓朝の演ずる演目をなくしてしまうのである。たまりかねた圓朝は自作の演目(これなら他人が演ずることはできない)を口演するようになり、多数の新作落語を創作した。

初代 談洲楼燕枝とは年齢が1歳下のライバルであった。

来歴・略歴[編集]

※日付は明治5年までは旧暦

  • 天保10年(1839年)4月1日:初代 橘屋圓太郎(初代圓橘)の息子として江戸湯島切通町で生まれる。母の名は、すみ。
  • 弘化2年(1845年3月3日:初代 橘家小圓太の名で江戸橋の寄席・「土手倉」で初高座。
  • 弘化4年(1847年):父・圓太郎と同じく二代目 三遊亭圓生の元で修行する。
  • 嘉永2年(1849年):二つ目昇進。
  • 嘉永4年(1851年):玄冶店の一勇斎歌川国芳の内弟子となり、画工奉公や商画奉公する。
  • 安政2年(1855年3月21日圓朝を名乗り真打昇進。
  • 安政5年(1858年):鳴物入り道具仕立て芝居噺で旗揚げ。
  • 元治元年(1864年):両国垢離場(こりば)の「昼席」で真打披露。
  • 明治元年(1868年):長子の朝太郎誕生。母は御徒町住の同朋倉田元庵の娘、お里。
  • 明治5年(1872年):道具仕立て芝居噺から素噺に転向。
  • 明治8年(1875年):六代目 桂文治と共に「落語睦連」の相談役に就任。
  • 明治10年(1877年):陸奥宗光の父で国学者伊達千広による禅学講義の席で知己となった高橋泥舟により、義弟の山岡鉄舟を紹介される。
  • 明治13年(1880年9月24日:山岡鉄舟の侍医である千葉立造の新居披露宴の席で、同席していた天龍寺の滴水和尚から「無舌居士」の道号を授かる。
  • 明治19年(1886年1月8日井上馨の共をして身延山参詣。また井上の北海道視察(8月4日より9月17日)にも同行した。
  • 明治20年(1887年4月26日:井上馨邸(八窓庵茶室開き)での天覧歌舞伎に招かれ、また井上の興津の別荘にも益田孝らと共に招かれている。
  • 明治22年(1889年
    • 4月:向島木母寺境内に三遊派一門43名を集め、三遊塚を建立。初代および二代目 三遊亭圓生を追善記念する。
    • 6月30日:各界人士を集めて、初代・二代目 圓生の追善供養のための大施餓鬼会を施行し、一門の43名が小噺を披露し、記念誌を配布した。
    • 朗月散史編『三遊亭圓朝子の傳』が三友舎から出版される。圓朝自身の口述に基づく自伝。
  • 明治24年(1891年)6月:席亭との不和で寄席の出演を退き、新聞紙上での速記のみに明け暮れる。
  • 明治25年(1892年):病の為に廃業。
  • 明治30年(1897年)11月:弟子の勧めで高座に復帰。
  • 明治32年(1899年
    • 9月 発病。
    • 10月 木原店で演じた『牡丹燈籠』が最後の高座となる。
    • 不行跡により朝太郎を廃嫡処分とする。
  • 明治33年(1900年8月11日午前2時:死去。病名は「進行性麻痺」と「続発性脳髄炎」。
    • 法名:「三遊亭圓朝無舌居士」
    • 墓:東京谷中三崎坂(さんさきざか)(現・台東区谷中五丁目4番7号)の臨済宗国泰寺派全生庵。東京都指定旧跡となっている。

圓朝による新作[編集]

圓朝による新作落語には名作佳作とされる作品も多く、多数が現代まで継承されている。圓朝は江戸時代以来の落語を大成したとされ、彼の作による落語は「古典落語」の代表とされる(現在では大正以降の作品が「新作落語」に分類される)。

人情噺では、『粟田口霑笛竹』や『敵討札所の霊験』、怪談では、『牡丹燈籠』『真景累ヶ淵』『怪談乳房榎』などを創作した。また海外文学作品の翻案には『死神』『名人長二(発表:1887年。原作:モーパッサン「親殺し」)』『名人くらべ(発表:1891年。原作:ヴィクトリアン・サルドゥ「トスカ」。後にプッチーニにより1900年にオペラ化される『トスカ』の原作)』がある。

著作[編集]

  • 『圓朝全集』全13巻 (鈴木行三校訂、春陽堂刊、復刻版世界文庫、1963年)
  • 『三遊亭円朝全集』全8巻 (角川書店、1975年-1976年)
  • 『円朝全集』全15巻 (岩波書店、2012年-)
  • 『三遊亭円朝集』 興津要編 <明治文学全集10>(筑摩書房、1977年)
業平文治漂流奇談(抄)、闇夜の梅、真景累ケ淵(抄)、梅若七兵衛、文七元結、指物師名人長二、落語及一席物、小咄、和洋小噺、三題噺 を収む。

圓朝落語の劇化作品[編集]

歌舞伎
1879(明治12)年4月。東京 春木座。外題不詳、内容は「業平文治もの」。円朝ものの劇化作品の嚆矢とされる。評判は不詳。
歌舞伎
1889(明治22)年11月。東京 春木座。『粟田口霑一節裁』。
歌舞伎
1892(明治25)年1月。東京 歌舞伎座。『塩原多助一代記』。

五代目 尾上菊五郎の主演で、宣伝の効果もあり大評判となり、『塩原多助』が修身国定教科書に登場するきっかけとなった。(実在の人物は「塩原太助」であるが、修身教科書で「塩原多助」となっているのは円朝作品の影響の証左とされる。)

歌舞伎
1892(明治25)年7月。東京 歌舞伎座。『怪異談牡丹燈籠』。

同じく五代目 菊五郎の主演で、これも奇抜な宣伝が奏功し大当たりとなり、「夏は怪談物」ということのきっかけとなった。

1945(昭和20)年以降で見ると、『文七元結』、『芝浜』を別にすれば(この2作品は円朝の代表的作品とは言えないようだから)、演じられるのは「累が淵」、「牡丹燈籠」、『怪談乳房榎』のみと言ってよい。しかも前2作品は特定の場面のみである。

(本項目は主に角川版『円朝全集』別巻に拠った)

弟子[編集]

圓朝祭・圓朝まつり[編集]

「えんちょうまつり」と称するイベントが毎年開かれている。それぞれ「圓朝」と「圓朝まつり」であるが、両者は無関係である。

圓朝祭[編集]

ホール落語の興行である。有楽町で開催される(過去には渋谷・霞が関にて開催)

東横落語会
ホール落語の代表である東横落語会は、毎年8月、圓朝にちなんだ落語興行を「圓朝」と題して開催した。会場は、東横落語会の他の回と同じく東横ホール(歌舞伎興行でも知られる。現在は消滅)。東横落語会の終結(1985年)とともに終了した。現在、他の会社(株式会社ロット)が独自に「渋谷東横落語会」を開催しているが、同社は特に同名のイベントを開催していない。
ジュゲムスマイルズ
東横落語会の圓朝祭が終了したのち、ジュゲムスマイルズは、独自に「圓朝祭」という落語会を開いている。同社は中央大学落語研究会OBで一貫して落語に関わってきた大野善弘の会社である。会場は2008年からよみうりホール。2007年まではイイノホールであった。2008年からは「お笑い夢のエンチョウ戦」と題する色物のイベントもともに開催する。

圓朝まつり[編集]

圓朝の墓所である谷中・全生庵で開催される落語会。

谷中圓朝まつり
毎年8月に圓朝の命日8月11日を含む、1ヶ月間にわたり開かれる。怪談噺創作の元になった幽霊画を一般に公開する。拝観料が必要である。下谷観光連盟と圓朝まつり実行委員会の共催。
圓朝寄席
円楽一門会の落語家による落語会。5代目三遊亭圓楽(前名三遊亭全生)所縁の全生庵にて行われる。後述の落語協会の奉納落語会とは全く無関係で、必ず別の日にずらして行われる(圓朝命日の8月11日近辺であることは間違いない)。
圓朝忌(圓朝まつり)
平成13年(2001年)までは、圓朝忌という名前で、命日(8月11日)当日に法要を行っていた。この日に現役落語家による落語の奉納も行われた(前述の「圓朝寄席」とは別)。法要であるから、落語家自身(と寺)によるごく内輪の小規模なイベントであり、開催日も8月11日から動かなかった。平成12年(2000年)までは、落語協会落語芸術協会が隔年交替で主催していたが、落語芸術協会は財政事情の逼迫により撤退。平成13年は落語協会の単独開催となった。
平成14年(2002年)以降、落語協会は圓朝忌を企画替えし、大勢の人が集まるイベントと変えた。サービスする相手を、仏様(大圓朝)から、大勢のファンに変えたのである。新しいイベントは(日本俳優協会の俳優祭のような)落語協会のファン感謝イベントである。俳優祭のように、協会所属落語家が屋台の模擬店を出す。そこで落語家自身が客と直接接して、わたあめを作ったり、ビールを注いだりする。もちろんCD・本・手ぬぐいなどグッズも落語家自身が客に直接手売りする。イベント名も圓朝忌から「圓朝まつり」と変えた。一般に「圓朝まつり」とは、特にこの一日のみを指す。平成17年(2005年)には約1万人が訪れる大イベントに成長した。開催日は命日8月11日を中心とする特定の日曜日一日とした。
平成19年(2007年)のみ、「圓朝記念・落語協会感謝祭」という名となった。なぜこの年だけ名を変えたかは内部者にもよくわからないという。

圓朝の名跡[編集]

初代三遊亭圓朝は、三遊派の中興の祖である。その為三遊派の宗家といわれる。圓朝の名跡は1900年以降、藤浦家が預かる名跡となっている。この名跡が藤浦家のものになったのは、先々代の当主である藤浦周吉(三周)が圓朝の名跡を借金の担保にして、圓朝を経済的に支援した縁によるもの。

藤浦三周から2代目襲名を許された三遊亭圓右は、襲名実現直前に死去したため“幻の2代目”といわれた。その後、藤浦家はこの名をどの落語家にも名乗らせていない。

現藤浦家当主は、映画監督・藤浦敦である。藤浦敦は、1996年に出した自書『三遊亭円朝の遺言』で小朝と対談し、あなたがこれからの落語界のリーダーになりなさいよ、と小朝本人に勧めていた[1]。小朝の元妻泰葉は、週刊文春2008年05月22日号で、藤浦から小朝に圓朝襲名の話が実際にあったが、小朝本人がそれを固辞したと公表した[2]

参考文献[編集]

圓朝作品の漫画化[編集]

圓朝が登場するフィクション[編集]

圓朝を演じた俳優

脚注[編集]

  1. ^ 『三遊亭円朝の遺言』新人物往来社 1996年 ISBN 978-4404023964
  2. ^ 週刊文春2008年05月22日号 泰葉「離婚の真相を文春だけに話します」http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/shukanbunshun080522.htm

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

円朝全集の青空文庫化が可能か著作権を検討した経過。