小松和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小松 和彦(こまつ かずひこ、1947年7月13日 - )は、日本の文化人類学者民俗学者国際日本文化研究センター所長。シューレ大学アドバイザー。口承文芸論、妖怪論シャーマニズム民間信仰などを研究。東京都出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 神々の精神史 伝統と現代社 1978年 のち福武文庫、講談社学術文庫(講談社
  • 憑霊信仰論 妖怪研究への試み 伝統と現代社、1982年 のち講談社学術文庫(1994年)ISBN 4-06-159115-0
  • 異人論 民俗社会の心性青土社、1985年 のちちくま学芸文庫(筑摩書房、1995年)ISBN 4-480-08218-2
  • の玉手箱 民族社会との交感 青玄社 1986年 のち福武文庫
  • 説話の宇宙(人文書院)1987年 ISBN 4409540203
  • 日本の呪い 「闇の心性」が生み出す文化とは 光文社カッパ・サイエンス(光文社)1988年 のち文庫 呪いと日本人(角川ソフィア文庫、2014年)
  • 悪霊論 異界からのメッセージ青土社、1989年 のちちくま学芸文庫(1997年)ISBN 4-480-08333-2
  • 逸脱の精神誌 小松和彦対話集 青弓社 1990年
  • 神隠し 異界からのいざない 弘文堂 1991年 のち神隠しと日本人(角川文庫、2002年) ISBN 4-04-365701-3
  • 異界巡礼 青玄社 1992年 「日本魔界案内」「京都魔界案内」光文社知恵の森文庫
  • 日本妖怪異聞録 小学館 1992年 のち小学館ライブラリー、講談社学術文庫
  • 妖怪学新考-妖怪からみる日本人の心(小学館、1994年) ISBN 4-09-626182-3 のち小学館ライブラリー、洋泉社MC新書
  • 酒呑童子の首 せりか書房 1997年
  • 福の神と貧乏神(ちくまプリマーブックス、筑摩書房、1998年)ISBN 4-480-04221-0 のちちくま文庫 2009年
  • 異界を覗く 洋泉社 1998年
  • 安倍晴明「闇」の伝承(桜桃書房、2000年) ISBN 4756711391
  • 神になった人びと-日本人にとって「靖国の神」とは何か(淡交社、2001年)のち光文社知恵の森文庫
  • 神なき時代の民俗学せりか書房、2002年)ISBN 4-7967-0241-5
  • 異界と日本人-絵物語の想像力(角川選書、2003年) ISBN 4-04-703356-1
  • 妖怪文化入門(せりか書房、2006年) ISBN 4-7967-0271-7 のち角川文庫 2012年
  • 誰も知らなかった京都聖地案内 京都人が能楽にこめた秘密とは (光文社知恵の森文庫 2006年)
  • 百鬼夜行絵巻の謎(集英社文庫ビジュアル版 2008年) ISBN 978-4-08-720472-8
  • いざなぎ流の研究 歴史のなかのいざなぎ流太夫(角川学芸出版、2011年)
  • 「伝説」はなぜ生まれたか(角川学芸出版、2013年)

編著[編集]

  • これは「民俗学」ではない 新時代民俗学の可能性(編著)(福武ブックス、1989年)
  • 憑霊信仰 編 (雄山閣出版、1992年)
  • 現代の世相 祭りとイベント 編 (小学館、1997年)
  • 怪異の民俗学(責任編集)全8巻(河出書房新社)2000年
1巻「憑きもの」(2000年)ISBN 4-309-61391-8
2巻「妖怪」(2000年)ISBN 4-309-61392-6
3巻「河童」(2000年)ISBN 4-309-61393-4
4巻「鬼」(2000年)ISBN 4-309-61394-2
5巻「天狗と山姥」(2000年)ISBN 4-309-61395-0
6巻「幽霊」(2001年)ISBN 4-309-61396-9
7巻「異人・生贄」(2001年)ISBN 4-309-61397-7
8巻「境界」(2001年)ISBN 4-309-61398-5
  • 記憶する民俗社会編(人文書院、2000年) ISBN 4409540599
  • 神隠し譚編(桜桃書房、2001年) ISBN 4756711464
  • 日本における怪異・怪談及び妖怪文化に関する総合的研究(国際日本文化研究センター、2002年)
  • 日本妖怪学大全 編 (小学館、2003年)
  • 怪異・妖怪百物語 異界の杜への誘い 編著 (明治書院、2006年)
  • 日本人の異界観-異界の想像力の根源を探る(せりか書房、2006年) ISBN 4-7967-0275-X
  • 妖怪文化研究の最前線 編 (妖怪文化叢書)(せりか書房、2009年) ISBN 978-4796702911
  • 妖怪文化の伝統と創造 編 (妖怪文化叢書)(せりか書房、2010年)
  • 妖怪学の基礎知識(角川選書 2011年)

共編著[編集]

翻訳[編集]

受章[編集]

  • 1979年 渋沢賞 公益信託渋沢民族学振興基金
  • 2012年 第22回高知出版学術賞(『いざなぎ流の研究―歴史のなかのいざなぎ流太夫』)
  • 2013年 紫綬褒章

社会的活動[編集]

  • 豊中市史編さん委員 
  • 豊中市文化財審議会委員

テレビ出演[編集]

第1回「人はいかにしてになるのか―藤原鎌足」(2008年8月4日午後10:25-10:50)
第2回「史上最大の祟り神―崇徳上皇」(2008年8月11日午後10:25-10:50)
第3回「北朝南朝後醍醐天皇」(2008年8月18日午後10:25-10:50)
第4回「怨霊から顕彰神となった義民―佐倉惣五郎」(2008年8月25日午後10:25-10:50)
第5回「神になることを望んだ権力者豊臣秀吉」(2008年9月1日午後10:25-10:50)
第6回「東から全国を照らす神―徳川家康」(2008年9月15日午後8:00-8:25)
第7回「思慕と敬愛の「記憶装置」―西郷隆盛」(2008年9月22日午後10:25-10:50)
第8回「祀り手が神を生かす―お竹、増田敬太郎」(2008年9月29日午後10:25-10:50)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]