とう利天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「忉利天」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

忉利天(とうりてん、Skt:त्रायस्त्रिंश लोक Trāyastriṃśa Loka;Pl:तावतिंस लोक Tāvatiṃsa Loka の略音訳、「とう」はりっしんべん+刀)は、欲界における六欲天の第2の天部である。意訳して三十三天ともいう。

概略[編集]

須弥山の頂上、閻浮提の上、80000由旬の処にあり、中央に善見(喜見)城がある。4面の各80000由旬の大きな城があり、そこに帝釈天が住し、4方には各8つの城があり、その所属支配する天部の衆徒や神々が住んでいる。ゆえにこれに善見城を加えて33天となるので、三十三天と称される。

この33天は、半月の三斎日には城外西南角の善法堂に集会して、如法・不如法を論評するという。この天の有情が婬欲を行ずる時は、形を変えて人間の如くなるが、ただ、風気を泄し終われば熱悩がたちまち除かれるという。身長は1由旬、衣の重さは6銖、寿命は1000歳にして、その一昼夜は人間界の100年に相当するといわれる。また初生の時は、人間の6歳の如く色円満し自ら衣服があるという。

釈尊を生んだ摩耶夫人はその7日後に死去したが、この天に転生したとされる。『摩訶摩耶経』などには、釈尊はかつてこの天に昇り、実母の摩耶夫人のために3ヶ月間説法し、三道宝階に依って僧伽施国の地に降り給うたと記されている。

三十三天[編集]

  1. 善法堂天
  2. 山峯天
  3. 山頂天
  4. 喜見城天
  5. 鉢私他天
  6. 倶托天
  7. 雑殿天
  8. 歓喜国天
  9. 光明天
  10. 波利耶多天
  11. 離険岸天
  12. 谷崖岸天
  13. 摩尼蔵天
  14. 旋行天
  15. 金殿天
  16. 鬘形天
  17. 柔軟天
  18. 雑荘厳天
  19. 如意天
  20. 微細行天
  21. 歌音喜楽天
  22. 威徳輪天
  23. 日行天
  24. 閻摩那婆羅天
  25. 速行天
  26. 影照天
  27. 智慧行天
  28. 衆分天
  29. 曼陀羅天
  30. 上行天
  31. 威徳顔天
  32. 威徳炎輪光天
  33. 清浄天