TOKYOパニックごっくんNITE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TOKYOパニックごっくんNITE
ジャンル バラエティ番組音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1987年4月6日 - 1988年4月8日
放送時間 #放送時間の節を参照
放送局 アール・エフ・ラジオ日本
パーソナリティ #パーソナリティの節を参照
テンプレートを表示

TOKYOパニックごっくんNITE(とうきょう - ないと)は、アール・エフ・ラジオ日本の平日の夜の時間帯で放送されていたラジオ番組である。

概要[編集]

この番組の特徴としては、レギュラーを固定せず、毎日のようにスペシャルパーソナリティが登場して番組が進められていたこと。番組のマンネリ化防止が目的だったようである[1]。エンディングには、その日のパーソナリティが翌日のパーソナリティを紹介してから番組を終えていた。「今日はぼくらのカーニバル」がサブタイトルに付いていた[2]

コーナーは『京急ミュージックトレイン』、『ちょっと早目のコンサート』などのコーナーが設定されていたが、当然ながら各コーナーともその日出演するパーソナリティによって雰囲気が全然違う、ということもセールスポイントでもあった[1]

一方で各曜日ごとに月一回または月二回ペースで出演する準レギュラーパーソナリティが存在しており、中でも木曜日のメグリンは月三回ペースでの出演でこの中では最多出演であった。水曜日に俳優女優が出演することが多く、火曜日はほぼ週替わりの状態だった[3]

放送時間[編集]

パーソナリティ[3][編集]

5回以上の出演者[編集]

  • 木曜日
    当時渡辺プロのお笑い集団「BIG THURSDAY」(ビッグサースデー)出身のタレント。現在の恵俊彰である。

その他のスペシャルパーソナリティ[編集]

コーナー[編集]

  • 大ヒットは夜つくられる
    ヒットしている曲の作詞家作曲家歌手などに電話をつなぎ、色々なエピソードなどをきいていた。
  • シティパフォーマンス
    その日のパーソナリティが、肌で感じた出来事などを語っていた。
  • ひと晩だけのおつきあい ゲストコーナー
  • ちょっと早目のコンサート
    ステージ裏の話や、取って置き・マル秘の情報などを紹介。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1987年5月号「春の改編大特集」より。
  2. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1987春号・1987年秋号より。
  3. ^ a b 1987年4月6日~1988年4月8日の当時のラジオ欄より。
アール・エフ・ラジオ日本 月曜~金曜 夜ワイド枠
前番組 番組名 次番組
TOKYOパニックごっくんNITE