おきゃんぴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おきゃんぴー
メンバー 中野麻里子
阿本真亜子
結成年 1985年
解散年 1990年初頭
芸種 コント 
テンプレートを表示

おきゃんぴー は、かつて太田プロダクションに所属していた[1]女性お笑いコンビ

甲高い声でまくし立てるような芸風の漫才コントが特徴だった[2]

メンバー[編集]

来歴[編集]

  • 1985年11月、ナレーターコンパニオン事務所で知り合い、コンビ結成[4]
  • 1986年2月ライブハウス渋谷La.mama渡辺正行主催のお笑いライブ「ラ・ママ新人コント大会」に出演、本格デビューを切る[1]。このきっかけは、以前から二人がファンだったコント赤信号が所属していた石井光三オフィス社長の石井光三宛に「私たちはお笑いを目指す女の子です」という内容の手紙を写真を添えて送ったことからだった[3]
  • 1986年7月、太田プロダクションの所属タレントとなる[1]
  • 1990年初頭頃にコンビ解散。当時まだレギュラーが10本以上あったにもかかわらず、中野の「普通に就職したい」という要望による解散だった[6]鶴ちゃんのプッツン5日本テレビ)を1989年9月限りで降板し、その後週刊宝石光文社1990年10月18日号記事内で「既に解散した」との証言が掲載されている[2]ため、この間に解散したものとされる。
  • 解散後、中野は扶桑社に入社[2]。一方、阿本は芸能界に残りテレビドラマ出演やレポーターなどで活動していたが、後に引退[6]。その後、シングルマザーとして娘を育てる[7]。知人であった元オリコン社長の小池聰行に、作詞の勉強にと誘われる。実際は呼吸法を教わるだけであったが、自身の体調が良くなり作詞も出来るようになって、呼吸法を習いたい人が増えて来たことから、小池の助言で呼吸法のインストラクターを務めるようになる[6]。一方でちぎり絵も始める[7]2017年、上記のように呼吸法の著書を上梓[5]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c アサヒ芸能 1987年2月26日号 p.12 - 13
  2. ^ a b c d e 週刊宝石 1990年10月18日号 p.73 - 74「徹底追及ワイド特集 この有名人たちの『消息』」
  3. ^ a b c d e f g h i GORO 1987年1月22日号 p.188 - 189
  4. ^ a b c 平凡パンチ 1987年9月24日号 p.138 - 141
  5. ^ a b c d e 妊娠中に200万円稼いだ おきゃんぴー橋本雅子の波瀾万丈(4/4)”. 日刊ゲンダイ (2017年9月25日). 2017年10月7日閲覧。
  6. ^ a b c 妊娠中に200万円稼いだ おきゃんぴー橋本雅子の波瀾万丈(2/4)”. 日刊ゲンダイ (2017年9月25日). 2017年10月7日閲覧。
  7. ^ a b 妊娠中に200万円稼いだ おきゃんぴー橋本雅子の波瀾万丈(3/4)”. 日刊ゲンダイ (2017年9月25日). 2017年10月7日閲覧。
  8. ^ http://movie.walkerplus.com/mv17926/