ショウショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
羽田昇平から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ショウショウは、日本のお笑いコンビよしもとクリエイティブ・エージェンシー・東京本部所属。1987年12月結成。結成当初のコンビ名は『羽田昇司・昇平』。1995年に現在のコンビ名に改名した。コンビの双方ともに形態模写を行う『モノマネ漫才』というスタンスが特徴。大阪から活動拠点を東京に移した後、各劇場での活動を経て、現在もルミネtheよしもとなどの舞台や営業などで活動中。

ショウショウ
メンバー

羽田昇平

羽田昇司
結成年 1987年
師匠 二葉由紀子・羽田たか志
出身 二葉由紀子・羽田たか志直入り
旧コンビ名 羽田昇司・昇平
現在の活動状況 ライブ・営業など
現在の代表番組 特になし
同期 辻本茂雄ぜんじろうなど
テンプレートを表示

メンバー[編集]

  • 羽田昇平 (はねだ しょうへい、本名:粟山健二(あわやま けんじ)、1967年7月23日 - )
    • 立ち位置左。B型。
    • 山口県周南市出身、山口県立南陽工業高等学校卒業、高校時代は写真部に所属していた。
    • 1987年にうめだ花月の進行係を経て『二葉由紀子・羽田たか志』に入門[1]
    • 既婚者であり2人の子供がいる。
    • 後輩芸人の 小宮ひろあき(ランナーズ)と不定期にトークライブを行っている。
  • 羽田昇司(はねだ しょうじ、本名:一色孝紀(いっしき たかのり)、1971年9月10日 - )
    • 立ち位置右。ネタ作り担当、B型。
    • 兵庫県西宮市出身。
    • 両親は漫才師『二葉由紀子・羽田たか志』。1987年に両親である2人の元へ入門している[2]
    • 後輩芸人の大溝清人バッドボーイズ)と不定期にトークライブを行っている。
    • 「cherry&water」というバンドを後輩の西島巧輔、ベリー大坪や劇場のスタッフと結成し活動も行っている。

エピソード[編集]

  • 1987年12月に結成。NSC大阪校5期生の辻本茂雄ぜんじろう、前田勝(ティーアップ)、他事務所の所属者では勝俣州和浅草キッドなどと同期扱い。昇平がNSC大阪校1期生という情報が流れているが事実ではなくコンビで同期である。
  • 独特の着眼点や観察力で、彼らによって初めてモノマネの対象にされたものが数多く存在する。また、博多華丸・大吉ら番組出演時コメントにいわく、彼らのモノマネをきっかけに多くの芸人が影響を受けているという(2007年5月12日放送『やりすぎコージー』にて)
    • ショウショウが披露した柳葉敏郎のモノマネを見たケン坊田中(カンニング竹山の福岡時代における相方)が、自分の持ち芸として福岡県で披露していたところ、それを見ていた素人時代の原口あきまさが習得。以降、柳葉のモノマネは原口の定番芸となった。
    • 小泉純一郎のモノマネは松村邦洋が得意とする芸だが、ショウショウは小泉が単なる代議士の時代からモノマネの芸にしていた。
    • 博多華丸の芸である『児玉清のあいうえお作文』は、平成2年にショウショウが披露した『柳葉敏郎のあいうえお作文』を元に作られた。
    • 指圧野郎の芸である『オール阪神・巨人の巨人師匠のモノマネ』を、最初に舞台で披露したのはショウショウである。
  • オールザッツ漫才」には1990年から1995年と1998年に出演した。
  • 2018年現在は、ルミネtheよしもとや地方での営業、また毎年Ⅿ-1グランプリの予選のなど賞レースのMCなどをつとめている。

モノマネのレパートリー[編集]

昇平
昇司
コンビで

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィール” (日本語). www.sho-2.com. 2018年10月1日閲覧。
  2. ^ ショウショウ プロフィール|吉本興業株式会社” (日本語). profile.yoshimoto.co.jp. 2018年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]