おおさかパワーワイド ちゃらんぽらんの元気もってこい!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

おおさかパワーワイド ちゃらんぽらんの元気もってこい!(おおさかパワーワイドちゃらんぽらんのげんきもってこい)は、1999年2003年ラジオ大阪で放送されていたラジオ番組である。

放送日時[編集]

主な出演者[編集]

1999年4月~1999年7月

  • 加藤万里子

1999年8月~

タイムテーブル(2000年秋)[編集]

15時台

  • 15:00~ オープニングトーク
    • 高岡美樹の「おおさかパワーワイド!」というコールの後、ちゃらんぽらんの2人が「ちゃらんぽらんの!」と続き、3人揃って「元気もってこーい!」とタイトルコールする。
    • その後、主にちゃらんぽらんの1週間の動向を中心に15~20分程度のフリートークが展開される。
  • 15:20頃~ 「ミドリを探して1万円をゲット」
    • お笑いコンビのショウショウが、家電量販店ミドリ電化のある店舗から中継。どこの店舗にいるかをリスナーに当てさせる。リスナーは直接その店舗に駆けつけ、予め設定した「合言葉」やパフォーマンスを実行すれば、その場で現金1万円を手にすることができる。この時間帯は、その手掛かりとなるヒントや合言葉などを発表する。
    • 「中途半端じゃないコーナー!ミドリを探して1万円をゲットー!」という高岡美樹のタイトルコールとともにミッション・イッポッシブルのテーマが流れ、「今、●●(店舗数)店舗あるミドリ電化。このミドリ電化のどこかのお店に、モノマネでお馴染みのショウショウさんがいます。でも、どこに行っているかはラジオをお聴きの皆さんにはヒミツ。今から、そのミドリ電化の場所が少しずつ分かるヒントをショウショウのお二人が出していきます。『あそこのミドリ電化や!分かったー!』と思ったら、すぐそのミドリ電化に走って行って合言葉を言って下さい。一番最初にショウショウさんを見つけて合言葉を言った人に、その場で現金1万円を差し上げるという、中途半端じゃないコーナーでーす!」という決まり文句が続き、スタジオからショウショウに呼び掛けをする。
  • 15:30頃~ 大阪新聞ニュース・天気予報ラジオ大阪交通情報
  • 15:35頃~ 「ミドリを探して1万円をゲット」(続報)
    • 再びミドリ電化にいるショウショウと中継をつなぎ、リスナーが駆けつけているか様子を聞く。駆けつけている場合は、合言葉やパフォーマンスを実行してもらう。正しく実行できれば、その場で1万円を贈呈する。その後、当該店舗の店長にインタビューする。
  • 15:45頃~ 桂文春の中継コーナー
    • 落語家の桂文春が出先から中継するコーナー。ここでは、コーナー名やジングル、タイトルコールなどは特にない。この時間帯は、当日16時台の中継場所の紹介やスタジオとの掛け合いに留まる。
    • 桂文春が訪問先でリポートやインタビューをするのが基本だが、スタジオのちゃらんぽらんから指令を受けて、それを実行するという時期もあった。
    • テレマート・ラジオショッピング」が、当コーナーの前に挿入された時期もあった。

16時台

  • 16:00すぎ~ 「これが漫才だ」
    • 上方の漫才師が漫才を披露。予めホールで収録したものを放送。
  • 16:10頃~ ラジオ大阪交通情報
  • 16:15頃~ フリートーク
    • ちゃらんぽらんが、芸能、スポーツを中心にフリートーク。
  • 16:30頃~ 「桂文春の突撃 駅前レポート」
    • 桂文春の中継コーナー。コーナー名の「駅前」部分には地名が入る場合もあった。文春がリポートやインタビュー、指令を行う。2000年9月23日までは「商店街突撃レポート」というコーナー名だった。
  • 16:40頃~ 「山本麗子の信州って、いつもおいしいね」
    • 料理研究家の山本麗子が信州の食材を使った料理を紹介する。ちゃらんぽらんらの出演はない。
  • 16:45頃~ 「ちゃらんぽらんクイズ」
    • 簡単な3択クイズに答えると(応募はハガキによる)、抽選でミドリ電化からのプレゼントが当たる。プレゼントは、石油ファンヒーター、餅つき機などの電化製品のほか、番組特製目覚まし時計やステッカーなどがあった。
    • 当選者の氏名を読み上げるごとに、大西浩仁が太鼓を打ち鳴らす。発表が終わると、ファンファーレの代わりに冨吉真がアカペラでプロ野球のヒッティングマーチなどを奏でる。
  • 16:50頃~16:58 エンディングトーク
    • エンディングのスタジオトークのほか、再び桂文春に中継をつないで次週の中継場所をルーレットで決めたり、帰社したショウショウとのトークもある。また、上記クイズ以外の番組プレゼントの当選者発表もここで行い、ここでも冨吉真がアカペラでファンファーレを奏でる。

番組エピソード[編集]

  • 番組開始当初は「おおさかパワーワイド 元気もってこい!」としてフリーアナウンサーの加藤万里子と月替わりのコメンテーターとの番組として開始したが加藤の産休により降板した。
  • 1999年8月からは「中途半端やなぁ〜」のギャグで再ブレークをはたしたちゃらんぽらんが登板した。
  • しかし放送第2回において送られてきたFAXは4枚。なので翌回の第3回や10月最初の回などにおいて「今日から始まった新番組です」

などと言うこととなった。その後しばらくははがきの量も厚さで5ミリ以下であるなど、苦戦が続いたようである。

CD[編集]

  • 「三人ぽっちの天下茶屋」(桂文春・ショウショウ / 2000年)
ラジオ大阪 土曜日14:00~16:30(1999.4.3~2000.9.30)
前番組 番組名 次番組
歌って笑ってドンドコドン
(14:00 - 16:00)
上方漫才面白倶楽部
(16:00 - 16:30)
おおさかパワーワイド ちゃらんぽらんの元気もってこい!
山本雄二のミュージックポッド
(14:00 - 15:00)
おおさかパワーワイド ちゃらんぽらんの元気もってこい!
(15:00 - 17:00)
ラジオ大阪 土曜日15:00~16:30(2000.10.7~2002)
おおさかパワーワイド ちゃらんぽらんの元気もってこい!
(14:00 - 16:30)
おおさかパワーワイド ちゃらんぽらんの元気もってこい!
おおさかパワーワイド ちゃらんぽらんの元気もってこい!
(15:00 - 17:00)
ラジオ大阪 土曜日15:00~17:30(2002~2003.9.27)
おおさかパワーワイド ちゃらんぽらんの元気もってこい!
(14:00 - 16:30)
近畿川ものがたり(16:30 - 17:00)
おおさかパワーワイド ちゃらんぽらんの元気もってこい!