屍食教典儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

屍食教典儀(ししょくきょうてんぎ、仏:Cultes des Goules、英:Cults of the Ghouls)は、クトゥルフ神話作品に登場する架空の書物。

概要[編集]

作者は「ダレット伯爵」で、1702年頃に書かれた。

本書ではフランス国内の、人肉嗜食や屍姦行為などを行う邪教について詳細に記述されている。

フランスで出版されたが、出版後ただちに教会によって出版禁止とされた。1728年にドイツ語版が出版されているようである。

ミスカトニック大学に1部、それ以外に13部が現存するという。

著者のダレット伯爵は、作家オーガスト・ダーレスの祖先であるとラヴクラフトは言っているが、実際には嘘だったらしい(ただしダーレスの祖先にダレット伯爵と同じフランス系のバイエルン人がいたことは事実のようである)。

脚注[編集]

参考文献[編集]