宮崎隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みやざき りゅういち
宮崎 隆一
別名義 マッスル宮崎
生年月日 (1984-07-30) 1984年7月30日(35歳)
出生地 神奈川県横浜市[1]
身長 177 cm
血液型 A型[2][3]
職業俳優
トレーナー
動画配信者
リーブル代表
ジャンル 舞台
活動期間 2004年 - 2012年(俳優)
2009年 - (トレーナー)
2010年 - (動画配信)
配偶者 一般女性(2015年 - 2017年)
所属劇団 自由座
公式サイト 東京の出張パーソナルトレーナー宮崎隆一
テンプレートを表示
宮﨑 隆一
基本情報
階級 ヘビー級
誕生日 (1984-07-30) 1984年7月30日(35歳)
身長 177cm
体重 92kg (現役当時)[4]
80kg (引退後、2018年4月時点)[5]
スタイル キックボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 2
勝ち 0
敗け 1
引き分け 1
テンプレートを表示

宮崎 隆一(宮﨑 隆一[4]、みやざき りゅういち、1984年7月30日 - )は、日本のパーソナルトレーナー英語版、元キックボクサー、元舞台俳優。株式会社リーブル代表。マッスル宮崎(まっするみやざき)の名義で動画配信者ネットタレントとしても活動している。

経歴・人物[編集]

攻玉社中学校・高等学校卒業後、神奈川大学に入学[1]

神奈川大学在籍中はボディビル部と演劇研究会に所属。演劇は大学入学から始めたものの、筋骨隆々な体格を買われ演出家・億土点の主宰する「Power Doll Engine」に所属する。静岡県富山県の演劇祭を中心に2004年から2008年まで同劇団の舞台の多くに出演する。大学卒業後も「黒蜥蜴」(2008年公演版)に出演するなど舞台俳優として活動。劇団「楽劇座」で活動したのち、2011年に自身が主宰する劇団「自由座」を立ち上げる。同劇団での公演は自身が出演と演出の両方を務めた。劇団として舞台だけでなく、定期的に演技ワークショップを開いたり、後述のトレーナー経験をいかして俳優・女優のための身体作りワークショップなども開いた[6]映画制作も予定していたが頓挫し、2012年内に劇団「自由座」は自然消滅状態であり、以降、舞台俳優としての活動は2013年5月にワークショップを開いたあとは見られない。俳優としては体格を生かした役を多く演じたという[7]

一方で、ボディビル部でも恵まれた実績を残し(下記「#スポーツ歴」参照)、大学卒業後もOBとして同ボディビル部のトレーナーを2009年から2014年まで務めた[8]。また、部外でもトレーナーとして活動し、スポーツクラブNASのアルバイトを経てから独立、2011年3月からコナミスポーツと業務提携し、東京都神奈川県向けのフリーの出張パーソナルトレーナーとしても活動[9][10]ダイエットボディメイクを専門に請け負う。また、出張トレーナー業の傍ら、2008年夏から専門学校や美術大学のアートモデルを請け負ったり[11]、2011年10月末からオイルマッサージサロン「nap from hand」のスタッフも務めたりなどもしていた[12][13]

2012年から個人事業主(屋号:Physical Innovation)として活動していたが[14]、2013年4月に法人化、自身も含めパーソナルトレーナーを派遣する「株式会社リーブル」を起業する[9]。派遣先は東京都内で神奈川県や埼玉県は要相談。出張トレーナー業だけでなく、リーブルが所有するプライベートジム「MIYAZAKI GYM」も2014年12月から開設しており、そのジムでのトレーニング指導、また、ジムのレンタルサービスも2016年4月から請け負っている[9][14]。2019年5月には女性客向けにヨガピラティス等向けの「STUDIO La-Miya」を開設[15]。2019年現在、MIYAZAKI GYMは渋谷新宿武蔵小杉池袋の4店舗、STUDIO La-Miyaは新宿の1店舗を構える。2018年3月からは後進のパーソナルトレーナー育成のために「東京トレーナースクール」も開講。代表の宮崎自身が講師となり[16]、トレーニングの実技のみならず集客のノウハウも指導する[17]

2015年4月1日に一般女性との結婚を報告。エイプリルフールの嘘と思わせるためにあえて結婚をこの日に選んだ[18]。しかし、2018年2月8日、2017年の春に離婚していたことを発表した[19]

マッスル宮崎として[編集]

マッスル宮崎という名前で、2010年4月からニコニコ生放送をメインに動画配信活動も行っている[20]。マッスル宮崎という名前はボディビルダー・マッスル北村と自身の苗字を組み合わせたもの[7]。配信内容はゲーム実況や雑談配信の他、自身の体格を生かして筋トレの配信も行っている。

他の配信者にはない筋骨隆々な姿から需要もあり、2011年7月13日の「ニコニコ厨会議」に出演以降、ニコニコ動画のゲーム実況関係の公式生放送や公式イベントに多く出演している。好きなゲームに『ドラゴンクエスト』シリーズ、『風来のシレン』シリーズを挙げており[1][21]、2012年開催の「ニコニコゲームマスター with 風来のシレンRTA」では解説を務めた。

2016年8月からは『オルタナティブガールズ』公認生放送の『オルコミ』[注 1]にレギュラー出演していた。2017年2月には『オルタナティブガールズ』とのコラボとして、マッスル宮崎を元にしたオリジナルイラストが投稿された[23](ゲーム内には登場しない)。2018年5月8日の第44回配信にて欠席し、番組を降板する旨を報告するVTRが流された[24]。同月21日には『オルコミ』の番組自体も同月29日の第45回配信をもって終了するアナウンスがなされた。

2019年5月よりウェブテレビ局「AGARUTV」にて、冠番組である『マッスルインターン』に出演中[25]

前述の劇団主宰、舞台演出家活動経験から、映像制作にも意欲を見せており、ニコニコ動画にてバラエティ系動画も投稿していた[7]。トレーナー派遣業やジム運営をメインの事業としている株式会社リーブルも、設立当初はインターネット系映像コンテンツ制作会社という側面もあり[7]、現在も定款に映像制作業が含まれている[26]

スポーツ歴[編集]

幼稚園から小学4年生まで神奈川県アイスホッケー連盟のジュニアアイスホッケーチーム・横浜アイリンズに所属。中学から高校までは剣道部に所属し、中学時代は中学校剣道選手権ブロック予選優勝、東京都大会ベスト8に、高校時代は東京都高校剣道選手権ベスト8に輝く。段位は二段。

高校在学時に目黒藤本ジムに所属し、17歳でヘビー級プロキックボクシングライセンスを取得[27][4]2002年5月26日、東京・後楽園ホールの試合でプロデビュー[28]。しかし、キックボクサーとしては目が出ず、2試合に出場したのみで未勝利。現在はライセンスを失効している。

大学時代はボディビル部に所属。2006年に全日本学生ボディビル選手権大会で6位に入賞する。2006年に関東学生ボディビルディング選手権大会に出場したときの映像がYouTubeに公開されている[29]。ボディビル部所属時代にパワーリフティングも経験している[30]

2010年に横浜青葉テコンドークラブに所属し、テコンドーを経験[31]。都大会(三部)や関東大会(二部)で優勝を果たす。青帯を所持。

この他に、SMDさかいバレエスタジオや北美代子バレエ研究所でクラシックバレエ、花柳辰二之舞踊教室や西川鯉好日本舞踊教室で日本舞踊、町田居合道研究会で居合道、大和ホースパークで乗馬高瀬道場殺陣を経験[32]。居合道は初段、乗馬は3級の資格を持つ。また、テニスコンディショニングスペシャリストの資格も取得している[3]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
2 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 1 0
1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
田久保克己 3R終了 判定0-0[33] 新日本キックボクシング協会「LOCK ON! 〜奪還〜」 2002年5月26日
× 國中厚二 3R終了 判定0-3[34] 新日本キックボクシング協会「ADVANCE ATTACK 〜進撃〜」 2002年9月22日

出演[編集]

テレビ番組・舞台以外はすべて「マッスル宮崎」での出演。

テレビ番組[編集]

インターネット番組[編集]

レギュラー[編集]

  • オルコミ[注 1](2016年8月11日 - 2018年5月8日、ニコニコ生放送[注 2]YouTube LiveFRESH!) - 番組公式パートナー
    • オルコミ☆ワンモアセッ!!(2017年6月6日 - 11月23日、ニコニコ生放送[注 3]
  • ふとんの「まだまだ寝かせnight」(2016年8月11日 - 12月22日、ニコニコ生放送[注 4]
  • マッスルインターン(2019年5月4日 - 、AGARUTV[25]

準レギュラー[編集]

  • 【急募】Zeppに立つだけの簡単なお仕事です(2013年7月27日 - 2014年3月15日、ニコニコ生放送[注 5]
  • おかあさんにないしょ / もっと!おかあさんにないしょ(2016年3月10日 - 7月12日、ニコニコ生放送[注 6]) - 性徒のみんな

特別番組[編集]

  • ニコニコゲームマスター with 風来のシレンRTA(2012年11月3日・18日、ニコニコ生放送) - 解説
  • 実況者、恐怖の夜(2016年7月27日、8月24日、2017年8月5日、ニコニコ生放送[注 4]) - 仕掛け人・脅かし役

長時間リレー形式ゲーム実況[編集]

主な舞台[編集]

  • 縛られたプロメーテウス(2005年5月 - 6月(Shizuoka春の芸術祭2005)、静岡芸術劇場) - ビアー 役
  • サマーデイズ(2007年8月8日 - 12日、東京芸術劇場 小ホール1)[36]
  • 呉将軍の足の爪(2007年12月22日・23日、新国立劇場 小劇場)
  • 黒蜥蜴(2008年4月18日 - 6月1日、ル・テアトル銀座
  • ゼツアンの善人(2010年4月10日・11日、新宿文化センター 小ホール)
  • Oh!Sister!!!(2011年6月24日 - 6月26日、シアターシャイン)[37]
  • 動物園物語(2011年10月14日 - 16日、新宿サニーサイドシアター) - ピーター 役 ※演出も担当[38]
  • ちっちゃなエイヨルフ(2012年5月18日 - 20日、新宿サニーサイドシアター) ※演出も担当[39]

ゲーム[編集]

  • いい大人達が本気でゲームをツクってみた ホラーゲーム編(2016年、RPGアツマール) ※本人を元にしたキャラクターが登場

イベント[編集]

映像商品[編集]

  • マッスル宮崎のパーソナルトレーニング☆初級編(2012年7月、Men's Rush)[66] ※配信限定[注 10]

PV[編集]

作品[編集]

すべて「マッスル宮崎」名義。自身も出演している。

映像制作[編集]

  • 速水ほもこみちの 『HOMO'Sキッチン』(2012年12月7日 - 2013年12月31日、全18回、ニコニコ動画にて投稿)[2][68]
  • しゃけとりくまごろうの3か月で10キロ痩せてみた!(2013年2月24日 - 5月28日、全6回、ニコニコ動画にて投稿)[69]

その他[編集]

  • 「わくわく体操第一」「わくわく体操第二」 - 振付担当[70]

大会入賞歴[編集]

  • 2006年 第41回 全日本学生ボディビル選手権大会 6位[71]
  • 2006年 第47回 関東学生ボディビルディング選手権大会 4位[30]
  • 2006年 第82回 関東学生パワーリフティング選手権大会 100キロ級 4位[30]
  • 2010年 第13回 東京都テコンドー選手権大会 三部無差別級 優勝[72]
  • 2010年 第13回 関東テコンドー選手権大会 二部無差別級 優勝[73]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 番組名は『天国'sApp』→『オルガルコミット@天国'sApp』→『オルコミ』と変遷している。当初はオルタナティブガールズに限らないスマホアプリゲーム紹介番組で、『バンドやろうぜ!』なども取り扱っていた[22]
  2. ^ 当初はニコニコチャンネル「ゲーム実況天国」提供の公式生放送として配信。番組名が『オルコミ』になってからは、ニコニコチャンネル「オルコミ★チャンネル」(提供:サイバーメディアTV)でのチャンネル放送として配信。
  3. ^ ニコニコチャンネル「オルコミ★チャンネル」(提供:サイバーメディアTV)でのチャンネル放送として配信。
  4. ^ a b ニコニコチャンネル「ゲーム実況天国」(提供:Gzブレイン)でのチャンネル放送として配信。
  5. ^ a b c ニコニコチャンネル「【急募】Zeppに立つだけの簡単なお仕事です」(提供:未来検索ブラジル)でのチャンネル放送として配信。
  6. ^ 『もっと!おかあさんにないしょ』はニコニコチャンネル「ゲーム実況天国」(提供:Gzブレイン)でのチャンネル放送として配信。
  7. ^ 「YouTubeエンタメウィーク」の一つとして。スクウェア・エニックスのYouTubeチャンネルで配信
  8. ^ ニコニコチャンネル「バンダイナムコゲームス 公式チャンネル」(現・バンダイナムコエンターテインメント 公式チャンネル)でのチャンネル放送として配信。
  9. ^ a b c 「闘会議TV」の番組の一つとして配信。
  10. ^ 制作元のMen's Rushが運営する「Men's Rush TV」など成人向け動画販売サイトでの配信商品だが、当作品にはアダルト要素は存在しない。

出典[編集]

  1. ^ a b c 東京、神奈川の出張パーソナルトレーナー宮崎隆一のプロフィール”. Ameba (アメーバ). 2018年3月22日閲覧。
  2. ^ a b 『ゲーム実況の中の人 2冊目』PHP研究所、2013年10月29日、138-139頁。ISBN 4569816266
  3. ^ a b パートナーコーチ | フィジカル 宮崎 隆一”. Green Water Sports. 2018年3月30日閲覧。
  4. ^ a b c マッスル宮崎 [@musclemiyazaki] (2017年9月17日). "実家の片付けしてたらキックボクシングのプロライセンス証が出てきた。" (ツイート). Retrieved 2018年3月30日 – via Twitter.
  5. ^ 青木トレーナーが入社しました”. 渋谷・新宿・池袋のパーソナルトレーニング専門プライベートジム「MIYAZAKI GYM」オーナーブログ (2018年4月3日). 2018年5月12日閲覧。
  6. ^ ワークショップ”. 劇団「自由座」. 2018年3月30日閲覧。
  7. ^ a b c d 【にこすぽ!第三回】マッスル宮崎氏にインタビューしてみた!マッチョの秘訣を公開!”. 日刊テラフォー (2013年3月30日). 2013年5月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年3月22日閲覧。
  8. ^ プロフィール|東京の出張パーソナルトレーナー宮崎隆一”. パーソナルトレーナー宮崎隆一. 2018年3月22日閲覧。
  9. ^ a b c 代表挨拶”. MIYAZAKIGYM. 2018年3月25日閲覧。
  10. ^ プロフィール”. 東京の出張パーソナルトレーナー宮崎隆一. 2018年3月25日閲覧。
  11. ^ 石の上にも3年”. アート&マッスル (2011年7月4日). 2018年3月22日閲覧。
  12. ^ マッサージデビュー”. アート&マッスル (2011年10月28日). 2018年3月22日閲覧。
  13. ^ staff”. nap from hand. 2012年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月23日閲覧。
  14. ^ a b 会社概要”. MIYAZAKI GYM トレーニング研究所. 2018年3月22日閲覧。
  15. ^ STUDIO La-Miyaオープンしました!”. STUDIO La-Miya (2019年5月9日). 2019年5月15日閲覧。
  16. ^ 講師紹介”. 東京トレーナースクール Tokyo Trainer Scool. 2018年3月31日閲覧。
  17. ^ コース・料金”. 東京トレーナースクール Tokyo Trainer Scool. 2018年3月31日閲覧。
  18. ^ マッスル宮崎 [@musclemiyazaki] (2015年4月1日). "今朝の結婚報告のツイート、エイプリルフールではございません。" (ツイート). Retrieved 2018年3月22日 – via Twitter.
  19. ^ マッスル宮崎 [@musclemiyazaki] (2018年2月8日). "今さらだけど、去年の春に離婚してたよー" (ツイート). Retrieved 2018年3月22日 – via Twitter.
  20. ^ 風来のシレンTMTA”. マッスル宮崎のゲーム&トレーニング. ニコニコ生放送 (2010年4月14日). 2018年3月25日閲覧。
  21. ^ 第5回ゲーム実況者インタビュー「マッスル宮崎さん」”. ゲーム実況ブロマガ. ガジェット通信 (2013年1月17日). 2018年3月30日閲覧。
  22. ^ 『バンやろ!』10/31ニコ生「天国’sApp」に登場! 生田鷹司、石谷春貴も出演♪”. ファミ通App For Girls (2017年1月23日). 2018年3月30日閲覧。
  23. ^ 【公式】オルタナティブガールズ [@alterna_girls] (2017年2月27日). "前回のニコ生できまった「マッスルさんコラボ」を発表するですよ!" (ツイート). Retrieved 2018年3月30日 – via Twitter.
  24. ^ 1つの仕事を終えて”. 渋谷・新宿・池袋のパーソナルトレーニング専門プライベートジム「MIYAZAKI GYM」オーナーブログ (2018年5月12日). 2018年5月12日閲覧。
  25. ^ a b AGARU TV(アガるTV) [@agarutv] (2019年4月28日). "筋肉番組であり、お仕事番組でもある それが「マッスルインターン」…‼‼" (ツイート). Retrieved 2019年4月28日 – via Twitter.
  26. ^ マッスル宮崎 [@musclemiyazaki] (2014年11月20日). "一応映像制作も定款に入ってるし、実際売上もあるからいいのかなあとw" (ツイート). Retrieved 2018年3月25日 – via Twitter.
  27. ^ プロフィール”. 東京・神奈川の出張パーソナルトレーナー宮崎隆一ブログ. 2012年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月23日閲覧。
  28. ^ [新日本キック] 5.26 後楽園 (カード):武田幸三、ラジャ王座奪還目指す!”. BoutReview. MuscleBrain's. 2018年3月22日閲覧。
  29. ^ 宮崎隆一 (2018年3月3日). 2006関東学生ボディビル選手権大会 宮崎隆一フリーポーズ (YouTube). 神奈川大学 横浜キャンパス セレストホール: Max-MEN TOKYO.. https://www.youtube.com/watch?v=TFdJcAdfHnI 2018年3月22日閲覧。 
  30. ^ a b c 神奈川大学 ボディビル部 result-06”. 神奈川大学ボディビル部. 2018年3月22日閲覧。
  31. ^ 2010.6.27 第13回東京都テコンドー選手権大会”. 横浜青葉テコンドークラブ. 2018年3月22日閲覧。
  32. ^ マッスル宮崎 [@musclemiyazaki] (2013年8月8日). "アイスホッケー:横浜アイリンズ" (ツイート). Retrieved 2018年3月22日 – via Twitter.
    マッスル宮崎 [@musclemiyazaki] (2013年8月8日). "帰宅したんでググったw" (ツイート). Retrieved 2018年3月22日 – via Twitter.
  33. ^ [新日本キック] 5.26 後楽園 (全試合レポ&写真):武田、58秒で散る”. BoutReview. MuscleBrain's. 2018年3月22日閲覧。
  34. ^ (レポ&写真) [新日本キック] 9.22 ディファ:武田、“ムエタイ版ガファリ”に呆然”. BoutReview. MuscleBrain's. 2018年3月22日閲覧。
  35. ^ ゲーム実況大放出 バンダイナムコゲームス”. ニコニコインフォ (2014年3月28日). 2018年3月25日閲覧。
  36. ^ VOL.26「サマーデイズ」公演のお知らせ”. PROPAGANDA STAGE NEWS. PROPAGANDA STAGE NEXT (2007年7月4日). 2018年3月22日閲覧。
  37. ^ Oh!Sister!!!”. 演劇・ミュージカル等のクチコミ&チケット予約★CoRich舞台芸術!. 2018年3月22日閲覧。
  38. ^ 「動物園物語」”. 劇団「自由座」. 2018年3月30日閲覧。
  39. ^ 「ちっちゃなエイヨルフ」”. 劇団「自由座」. 2018年3月30日閲覧。
  40. ^ “超ミドリンピックってなに? こんなのやっていいの?”. ガジェット通信. (2012年4月28日). http://getnews.jp/archives/198743 2018年3月28日閲覧。 
  41. ^ “「ニコニコ超会議2」,超ゲームエリアの全貌が公開に。ポケモン選手権/Xbox 360対戦/ドラクエX発表/実況/300人の人狼/リアルMinecraftなど超山盛り”. 4Gamer.net. (2013年4月8日). http://www.4gamer.net/games/148/G014842/20130408043/ 2018年3月28日閲覧。 
  42. ^ ニコニコ町会議 in 長崎県諫早市小長井町 こながいまつり”. niconico. 2018年3月28日閲覧。
  43. ^ “ニコニコ町会議2013長崎ほぼ完全レポ 大雨でも例年の3.5倍の来場者を記録”. 週刊アスキー. (2013年8月29日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/167/167152/ 2018年3月28日閲覧。 
  44. ^ duoに行くだけの簡単な日曜日です(仮)”. Peatix. 2018年3月30日閲覧。
  45. ^ 【急募】Zeppに立つだけの簡単なお仕事です【無料】”. Peatix. 2018年3月30日閲覧。
  46. ^ 【超会議3】ユーザー生放送ブース 第二弾発表!”. ニコニコインフォ (2014年4月11日). 2018年3月29日閲覧。
  47. ^ 超ゲームエリア出演者発表!【超会議3特番まとめ】”. ニコニコインフォ (2014年4月5日). 2018年3月29日閲覧。
  48. ^ 「ニコニコ超会議3」イベント SCEJAブース出展内容のご案内”. プレイステーション® オフィシャルサイト (2014年4月16日). 2018年3月29日閲覧。
  49. ^ ゲーム実況わくわくフェスティバル オフィシャルサイト”. wkwk Project 実行委員会. 2018年3月29日閲覧。
  50. ^ “【ユーザー記者】“実況ストリート”体験!&“お ん¥”さん“テラゾー”さん“マッスル宮崎”さんに訊いてみた【闘会議2015】”. ファミ通.com. (2015年1月31日). http://www.famitsu.com/news/201501/31070645.html 2018年3月29日閲覧。 
  51. ^ ニコニコ超会議2015 | スパイク・チュンソフト 特設ページ”. スパイク・チュンソフト. 2018年3月29日閲覧。
  52. ^ ゲーム実況わくわくフェスティバル ver.1 オフィシャルサイト”. wkwk Project 実行委員会. 2018年3月29日閲覧。
  53. ^ ゲーム実況わくわくフェスティバル ver.2 開催決定!!”. wkwk Project 実行委員会. 2018年3月29日閲覧。
  54. ^ ゲーム実況ストリート”. 闘会議2016. 2018年3月29日閲覧。
  55. ^ ゲーム実況わくわくフェスティバル ver.3”. wkwk Project 実行委員会. 2018年3月29日閲覧。
  56. ^ “いろんな意味で大興奮のVR搭載美少女スマホゲーム『オルタナティブガールズ』生放送リポート【TGS 2016】”. ファミ通App. (2017年9月17日). https://app.famitsu.com/20160917_838934/ 2018年3月29日閲覧。 
  57. ^ ゲーム実況者エリア”. 闘会議2017 ~ゲームファンとゲーム大会の祭典~. 2018年3月29日閲覧。
  58. ^ 闘会議TVステージ”. 闘会議2017 ~ゲームファンとゲーム大会の祭典~. 2018年3月29日閲覧。
  59. ^ AnimeJapan2017”. オルタナティブガールズ. 2018年3月29日閲覧。
  60. ^ ゲーム実況わくわくフェスティバル ver.4”. わくわくプロジェクト. 2018年3月29日閲覧。
  61. ^ キャプテン感謝祭”. オルタナティブガールズ. 2018年3月29日閲覧。
  62. ^ “『オルガル』1周年記念イベントで新メンバーの登場や新曲が発表”. ファミ通App. (2017年7月31日). https://app.famitsu.com/20170731_1103905/ 2018年3月29日閲覧。 
  63. ^ 企画:超ホラーハウス 「殺戮の天使」”. ニコニコ超会議2018 公式サイト. 2018年4月28日閲覧。
  64. ^ “【TGS2018】「LA-MULANA2」の魅力や裏話を開発Dが語る!マッスル宮崎さんのプレイ結果は!?”. Gamer. (2018年9月23日). https://www.gamer.ne.jp/news/201809230014/ 2018年10月12日閲覧。 
  65. ^ 超ホラーハウス 「殺戮の天使」”. ニコニコ超会議2019 公式サイト. 2019年4月28日閲覧。
  66. ^ マッスル宮崎のパーソナルトレーニング☆初級編 Part.1”. Men's Rush.tv(メンズラッシュ). 2018年3月23日閲覧。(リンク先18禁注意)
  67. ^ WEROBLEの中の人募集!”. 【急募】Zeppに立つだけの簡単なお仕事です. 2018年3月30日閲覧。
  68. ^ HOMO'S by マッスル宮崎”. ニコニコ動画. 2018年3月23日閲覧。
  69. ^ しゃけくま3ヶ月ダイエット by マッスル宮崎”. ニコニコ動画. 2018年3月23日閲覧。
  70. ^ マッスル宮崎(出演者) (2016年7月26日). わくわく体操 第一 (YouTube). わくわくプロジェクトチャンネル.. https://www.youtube.com/watch?v=8PjrVPqgbdo 2018年3月30日閲覧. "(振付:マッスル宮崎となかまたち/作曲:せらみかる)" 
  71. ^ 2006年コンテスト結果”. BIG TOEの筋肉物語2. 2018年3月22日閲覧。
  72. ^ 第13回東京都大会(結果)”. 日本テコンドー協会. 2018年3月22日閲覧。
  73. ^ 第13回関東大会(結果)”. 横浜青葉テコンドークラブ. 2018年3月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

リーブル・MIYAZAKI GYM関係[編集]