山本義徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 義徳(やまもと よしのり、1969年 - )は、静岡県出身の日本のボディビルダータレント、トレーニング指導者。 静岡県立静岡高校卒業。早稲田大学政治経済学部卒業。日本ボディメイキング振興協会所属。

フィットネスジム『ミッドブレス』にてゼネラルアドバイザーを務めていたが、2012年5月をもって契約を満了。 現在、『T-BODYMAKEトレーニングジム』や東京都体育館を利用したパーソナルトレーナーとして活動している。

ベンチプレッサー&ボディビルダー[編集]

1991年、東京都パワーリフティング選手権大会にて優勝後、ボディビルダーに転身。

山本はボディビルダーに転身する前も、剛力の持ち主としてパワーリフティング界ではある程度の知名度があった。特にベンチプレスを得意とし、ドーピングチェックのない原宿にあるスポーツ用品店主催のベンチプレス大会で数多くの優勝を成し遂げている。その挙上記録は当時の全日本大会の公式記録を超えることさえあったという。なお、自己ベストは260kg(非公式)。

その後、本格的にボディビルダーに転身し活躍するが、1995年からアナボリックステロイドを使用し始め[1]、現在は使用を公にしている。1999年11月18日放送のTBSZONE」では、アナボリックステロイドを服用しながらトレーニングを積んで究極の肉体を目指す山本の日常が特集された。

また、ノンフィクション『果てなき渇望』(増田晶文著)で、たとえ薬物使用禁止の大会だろうとコンテスト当日の検査でクリーンでさえあれば、「例えばバスケットボールで試合時間を引き延ばすために、わざとファウルするのと同じ」であるとして、ルール上まったくなんの問題もないという独自の見解を示している。しかしその一方で、「ベンチプレスの重量を体重の2~3倍にする程度のことならば、アナボリックステロイドは不要」とも語っている[2]

ボディビルダーとしては、日本人で数少ないヘビー級で戦える選手。試合にそれほど強いタイプではないが、それでも海外の大会で優勝を収めた。

戦歴[編集]

  • 1994年 東京都ボディビル選手権 優勝
  • 1995年 IFBBミスターアジア(ライトヘビー級)3位
  • 1998年 NPC アイアンマン・アイアンメイデン(ライトヘビー級)優勝
  • 2000年 NPC アイアンマン・アイアンメイデン(ヘビー級)4位
  • 2001年 NPC アイアンマン・チャンピオンシップス(ヘビー級)6位
  • 2003年 NPC トーナメント・オブ・チャンピオンズ(ヘビー級)4位
  • 2005年 NPC トーナメント・オブ・チャンピオンズ(ヘビー級)優勝

トレーナー[編集]

トップアスリート・格闘家から一般人まで幅広いクライアントを指導する。これまでにニコラス・ペタスフランシスコ・フィリォ神取忍池ノ上貴裕鹿島建設などを指導してきた。 最近では、清水崇行多村仁CIMA石森太二横須賀享ダルビッシュ有松坂大輔 をはじめ多くのクライアントを指導する。 リアルライフのサイトでメールによる個別プログラム作成(トレーニング編、栄養・サプリメント編)を行なっている。知識を活かして同サイトのメンバー掲示板でトレーニングや栄養の質問に答える活動をしている。「サプリメントでは<日本一詳しい>との呼び声の高いパーソナルトレーナー」と紹介している記事もある[3]

その他[編集]

  • 好きな食べ物は肉、お菓子など。嫌いな食べ物は根菜類。
  • 意外にもクラシック音楽に造詣が深く、その曲の感想を自身のブログで発表することがある。尊敬する作曲家はモーツァルト

テレビ[編集]

DVD[編集]

  • 月刊 Workout with Yamamoto(Vol.1、Vol.2)
  • ゴルフ筋肉
  • 野球筋肉
  • 山本義徳のパーソナルトレーニングビデオ
  • 体を変える7つの栄養素
  • 山本義徳 セミナー in ミッドブレス
  • プロテインを飲む前に見るDVD
  • Y-Method 101

著書[編集]

  • 体脂肪を減らして筋肉をつけるトレーニング
  • かっこいいカラダ origin
  • かっこいいカラダ NEXT STAGE
  • かっこいいカラダ the best

脚注[編集]

  1. ^ 1999年11月18日放送TBSZONE」において本人談
  2. ^ 尚厳密に言えば、この発言は「安倍」という登場人物がインタビューに対して答えた内容であるが、Facebookなどで暗に安倍が自分であることを認める発言をしている
  3. ^ にっぽんの成功者

関連項目[編集]

外部リンク[編集]