アイガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
合鴨から転送)
移動先: 案内検索
アイガモ
アイガモ Aigamo.jpg
アイガモ Anas platyrhynchos var. domesticus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: マガモ属 Anas
: マガモ Anas platyrhynchos
品種 : アイガモ
学名
Anas platyrhynchos var.domesticus
和名
アイガモ
英名
Domestic Duck
日本で行われる水稲作の合鴨農法

アイガモ(合鴨)は、野生マガモアヒルとの交雑交配種。ただし、アヒルはマガモを品種改良した家禽品種で生物学的にはマガモの1種であり、その交配であるアイガモもまたマガモであり、「マガモ」、「アヒル」、「アイガモ」という呼び変えは生物学的なものではなく、歴史的・伝統な慣例や認識、または商業的な理由によるものである。

特徴[編集]

マガモアヒルの交雑個体では、羽色や(大きさは大きく異なるが)外観は野生のマガモと類似する。特に欧米では頻繁に、また日本でもしばしば狩猟用のおとりに用いられる。愛玩鳥として飼養する場合もある。すなわちこれらは、日本ではなきアヒルなき鴨、英名でDecoyと呼ばれる品種や個体の意味である。なおこの英名は鳥類の彩色木彫を意味するデコイの語と由来(どちらも狩猟用のおとりに使われた)を共にする。

食肉として[編集]

日本ではアイガモの名は食肉用としてよく耳にするが、上記の定義に基づいた本来のアイガモは交雑種であるため、家禽であるアヒルに比較すると体が小さくなり肉量が少ない。他にも繁殖力が劣っており、かつ成長に時間がかかるといった欠点を抱えているため、実際に食肉用に飼養されるケースはほとんどない[1]。合鴨肉は鴨肉に比べると一般に脂身が多く、赤身は癖がなく柔らかいが味はやや薄い。

合鴨農法[編集]

日本では1990年代ごろから、合鴨を水田に放して雑草を食べさせ除草剤の使用を減らす合鴨農法が行われている。人間によって作られた野生に存在しない雑種のために、放鳥などは固く禁じられており、合鴨農法のシーズン終了後は食用とされる。マガモアヒルの交配種のほか、カルガモアヒルとの交配種も利用されるが、それらも合鴨農法と纏めて呼ばれている。

駆除[編集]

野生化したアイガモが増加しており、他の野生のカモの生態への影響が懸念されている。野生化したアイガモは、狩猟の対象として駆除が行われている。

参考文献[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]