茨城県道・千葉県道2号水戸鉾田佐原線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svg
茨城県道2号標識
Japanese Route Sign Number 2.svg
千葉県道2号標識
茨城県道2号 水戸鉾田佐原線
千葉県道2号 水戸鉾田佐原線
主要地方道 水戸鉾田佐原線
路線延長 70.5 km
制定年 1954年9月1日
起点 茨城県水戸市地図
終点 千葉県香取市地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0051.svg 国道51号
Japanese National Route Sign 0354.svg 国道354号
Japanese National Route Sign 0355.svg 国道355号
Japanese National Route Sign 0356.svg 国道356号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
茨城県道2号水戸鉾田佐原線
鉾田市安房(2013年5月)
茨城県区間:稲敷市西代(2011年9月)
香取市佐原・終点付近(2007年4月)

茨城県道・千葉県道2号水戸鉾田佐原線(いばらきけんどう・ちばけんどう2ごうみとほこたさわらせん)は、茨城県水戸市から千葉県香取市に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

茨城県水戸市から国道51号に並行(一部重複)する形で南下し、鉾田市行方市を経由して千葉県香取市へ至る長距離主要地方道である。鉾田市中心部付近では、市中心部外郭を一周する環状道路の一部を形成する。 途中、国道51号や国道355号と長距離に渡り重複している区間がある。

路線データ[編集]

歴史[編集]

1954年昭和29年)1月に建設省(当時)で主要地方道を指定する告示が出されたのを受け、1954年(昭和29年)9月1日、茨城県では道路法(昭和27年6月10日法律第180号)第7条の規定に基き主要地方道を一次認定した23路線の内の一つで、起点を水戸市、県内の終点を県界 稲敷郡本新島村、重要な経過地を鹿島郡諏訪村鉾田町行方郡麻生町香澄村とする路線が県道水戸鉾田佐原線である。1995年平成7年)に整理番号2となり現在に至る。

年表[編集]

  • 1954年昭和29年)9月1日:茨城県区間が県道水戸鉾田佐原線(整理番号7)として路線認定[2]
  • 1960年(昭和35年)12月14日:茨城県区間(水戸市柵町2丁目1級国道6号線分岐 - 稲敷郡東村大字西代県界)が供用開始される[3]
  • 1972年(昭和47年)2月10日
    • 鹿島郡鉾田町大字高田 - 行方郡北浦村大字成田(3.28 km)の道路改良バイパス道路を供用開始[4]
    • 行方郡麻生町大字青沼字笹塚 - 大字麻生字一丁窪(1.663 km)の道路改良バイパス道路を供用開始[4]
  • 1975年(昭和50年)12月15日:鹿島郡鉾田町大字串挽 - 同町大字高田の狭隘な現道の拡幅改良およびバイパス道路(2.116 km)を供用開始[5]
  • 1977年(昭和52年)4月20日:利根川に架け替えられた水郷大橋(2代目)を水戸鉾田佐原線の道路区域に指定[6]
  • 1981年(昭和56年)5月6日:東茨城郡大洗町磯浜町内の街路夏海大洗線(5.832 km)を道路区域に編入し、一部区間(大洗駅入口交差点 - めんたいパーク大洗前:約1.5 km)を供用開始[7][注釈 2]
  • 1982年(昭和57年)7月19日:東茨城郡大洗町磯浜町(めんたいパーク大洗前 - 文化センター前)のバイパス道路の一部供用開始[8]
  • 1984年(昭和59年)11月29日:鹿島郡鉾田町大字塔ケ崎(塔ケ崎交差点) - 同町大字串挽(串挽交差点)の鉾田環状道路の一部(1.521 km)を供用開始[9]
  • 1985年(昭和60年)3月14日:東茨城郡大洗町大貫町(大洗海浜公園前 - 国道51号・夏海I.C入口交差点)にバイパス(1.098 km)を新設する道路区域決定[10]
  • 1985年(昭和60年)3月15日:東茨城郡大洗町大貫町(マリンタワー南交差点 - 大洗海浜公園前)にバイパス(0.3 km)が開通[11]
  • 1990年平成2年)4月9日:バイパス完成を受けて、東茨城郡大洗町大字磯浜(大洗駅入口交差点) - 大字大貫(夏海I.C入口交差点)の旧道(2.796 km)が指定解除され町道に降格する[12]
  • 1993年(平成5年)5月11日 - 建設省から、県道水戸鉾田佐原線が水戸鉾田佐原線として主要地方道に再指定される[13]
  • 1994年(平成6年)4月13日鹿島郡鉾田町大字鉾田(中根交差点) - 大字塔ケ崎(塔ケ崎交差点)の鉾田環状道路の一部が開通[14]
  • 1995年(平成7年)3月30日:茨城県区間の整理番号が、整理番号9から現在の番号(整理番号2)に変更される[15]
  • 2000年(平成12年)4月1日:水戸市塩崎町 - 東茨城郡大洗町大字磯浜の区間を、通行する車両の最大重量限度25トンの道路に指定[16]
  • 2001年(平成13年)3月1日:茨城県鹿島郡旭村大字滝浜 - 行方郡麻生町大字麻生の区間を、通行する車両の最大重量限度25トンの道路に指定[17]
  • 2002年(平成14年)4月18日:行方郡北浦町大字内宿字小舟津 - 大字山田にバイパスを新設する道路区域(1.20 km)が決定する[18]
  • 2004年(平成16年)3月22日:水戸市塩崎町 - 東茨城郡大洗町磯浜町の区間を、通行する車両の高さの最高限度4.1 mの道路に指定[19]
  • 2007年(平成19年)4月1日:東茨城郡大洗町大貫 - 同町磯浜町間を通行する車両の高さの最高限度4.1 mの道路に指定[20]
  • 2008年(平成20年)4月1日:鉾田市滝浜 - 行方市麻生の区間を、通行する車両の高さの最高限度4.1 mの道路に指定[21]

路線状況[編集]

鉾田市鉾田地内の水田地帯を通る現道の「三の橋」(昭和39年、橋長6.0m)は、道路管理者の点検結果、橋台に著しいひび割れが発見されたことにより交通安全確保ができないとして、2015年(平成27年)8月13日より全面通行止めとなり、復旧予定のめどは立っていなかったが[22]、同年11月4日より迂回路となる仮設橋による仮復旧にて中型車・大型車交通規制とした交互交通可能となっており、平成28年7月より本橋架替え工事のため、全面通行止めとしていたが平成29年3月15日より供用開始され、これまでの通行規制はすべて解除された[23]

重複区間[編集]

道路施設[編集]

  • 涸沼橋(涸沼川、水戸市 - 大洗町境・1942年(昭和17年3月)竣功)
  • 高野跨線橋(鹿島臨海鉄道大洗鹿島線、鉾田市安房)
  • 飯名橋(鉾田川、鉾田市安房 - 飯名)※鉾田環状道路
  • 塔ケ崎跨線橋(旧鹿島鉄道線、鉾田市塔ケ崎)
  • 新巴川橋(巴川、鉾田市野友)※鉾田環状道路
  • 旭橋(鉾田川、鉾田市鉾田)
  • 北浦橋(巴川、鉾田市串挽)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。
  2. ^ 街路夏海大洗線を県道とするための区域変更。この区域変更に伴い、県道那珂湊大洗線が一部短縮された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在
  2. ^ 道路法にもとづく県道路線の認定(昭和二十九年九月一日 茨城県告示第八百六十二号) (PDF) ,茨城県報 三千六百四十八号(1954年(昭和29年)9月1日)より
  3. ^ 道路の供用の開始(昭和35年12月14日 茨城県告示第969号の2) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第4622号: pp. 4–6, (1960年12月14日) 
  4. ^ a b 道路の区域変更・道路の供用開始(昭和47年2月10日 茨城県告示第120・121号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第5988号: pp. 4–5, (1972年2月10日) 
  5. ^ 道路区域の変更・道路の供用開始(昭和50年12月15日 茨城県告示第1272・1273号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6384号: pp. 5,6, (1975年12月15日) 
  6. ^ 道路区域の変更(昭和52年4月20日 茨城県告示第473号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外: p. 1, (1977年4月20日) 
  7. ^ 道路区域の変更・道路の供用開始(昭和56年5月6日 茨城県告示第711・712号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6933号: pp.5–6, (1981年5月6日) 
  8. ^ 道路の供用開始(昭和57年7月19日 茨城県告示第1082号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7058号: p. 4, (1982年7月19日) 
  9. ^ 道路の区域変更・道路の供用開始(昭和59年11月29日 茨城県告示第1440号・第1444号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7301号: p. 5, (1984年11月29日) 
  10. ^ 道路の区域変更(昭和60年3月14日 茨城県告示413号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7329号: p. 12, (1985年3月14日) 
  11. ^ 道路の供用開始(昭和60年3月14日 茨城県告示420号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7329号: p. 15, (1985年3月14日) 
  12. ^ 道路の区域の変更(平成2年4月9日 茨城県告示第554号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第65号: pp. 10–11, (1990年4月9日) 
  13. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  14. ^ 道路の供用の開始(平成6年4月11日 茨城県告示第528号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第539号: p. 4, (1994年4月11日) 
  15. ^ 県道の路線名および整理番号の変更(平成7年3月30日 茨城県告示第436号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第637号: pp. 8–12, (1995年3月30日) 
  16. ^ 車両制限令の規定に基づく道路の指定(平成12年3月2日 茨城県告示第237号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1139号: pp. 6–11, (2000年3月2日) 
  17. ^ 車両制限令の規定に基づく道路の指定(平成13年3月1日 茨城県告示第198号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1241号: pp. 10–14, (2001年3月1日) 
  18. ^ 道路の区域の変更(平成14年4月18日 茨城県告示第490号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1356号: p. 8, (2002年4月18日) 
  19. ^ 車両制限令の規定の基づく道路の指定(平成16年3月15日 茨城県告示第371号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1551号: pp. 9–14, (2004年3月15日) 
  20. ^ 車両制限令に基づく道路の指定及び車両の通行方法の指定(平成19年3月29日 茨城県告示第416号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1862号: pp. 22–23, (2007年3月29日) 
  21. ^ 車両制限令の規定の基づく道路の指定(平成20年2月28日 茨城県告示第246号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1955号: pp. 16–17, (2008年2月28日) 
  22. ^ 土木部鉾田工事事務所 (2015年8月12日). “主要地方道水戸鉾田佐原線「三の橋」全面通行止めについて”. 茨城県ホームページ. 茨城県. 2015年8月15日閲覧。
  23. ^ 鉾田工事事務所 (2015年10月21日). “主要地方道水戸鉾田佐原線「三の橋」仮橋の供用開始について”. 茨城県ホームページ. 茨城県. 2016年1月4日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]