茨城県道359号茨城空港線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
茨城県道359号標識
茨城県道359号茨城空港線
総延長 2.827 km
実延長 2.827 km
制定年 2001年12月13日
開通年 2010年2月16日
起点 茨城県小美玉市
終点 茨城県小美玉市
接続する
主な道路
記法
本項参照
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
茨城県道359号茨城空港線
(2010年6月
正面に茨城空港ターミナルビルが見える
小美玉市外之内(2014年5月)

茨城県道359号茨城空港線(いばらきけんどう359ごう いばらきくうこうせん)は、茨城県小美玉市茨城空港に接続する一般県道である。

概要[編集]

茨城空港ターミナルビル前から小美玉市野田を通る茨城県道144号紅葉石岡線まで南北に結ぶ延長約2.8kmの一般県道で、茨城空港のエントランス道路である。

路線データ[編集]

歴史[編集]

2001年(平成13年)12月13日百里飛行場を起点とし、東茨城郡小川町を終点とする一般県道百里飛行場線(整理番号359)として路線認定され、茨城空港(百里飛行場)への連絡道路として2004年着工により建設された。茨城空港開港に先駆けて2010年(平成22年)2月16日に暫定2車線にて開通。同年3月11日に茨城空港開港と同時に、路線名称を茨城空港線へ改称した。

年表[編集]

路線状況[編集]

道路法の規定に基づき、小美玉市与沢(茨城空港) - 同市野田(川戸西交差点)間は、緊急輸送道路として機能を維持するため、災害発生時の被害拡大防止を目的に道路用地内に電柱を建てることが制限されている[7]

道路施設[編集]

  • 北山橋(北山池、小美玉市与沢)
  • 川戸橋(梶無川、小美玉市川戸)

地理[編集]

地形は平坦な台地で、周辺はニラ畑と農家が点在するのどかな風景が広がる。線形は終点付近のみ緩やかなカーブを描くが、その他はほぼ直線で見通しは良い。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在
  2. ^ 県道路線の認定(平成13年12月13日 茨城県告示第1340号) (PDF) ,茨城県報第1322号(2001年12月13日)より
  3. ^ 道路の区域の決定(平成15年6月30日 茨城県告示第1033号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1479号: p. 6, (2003年6月30日) 
  4. ^ 道路の区域の変更(平成22年2月12日 茨城県告示第123号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2154号: p. 19, (2010年2月12日) 
  5. ^ 道路の供用の開始(平成22年2月12日 茨城県告示第127号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2154号: p. 20, (2010年2月12日) 
  6. ^ 県道の路線名の変更(平成22年3月11日 茨城県告示第242号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2162号: p. 10, (2010年3月11日) 
  7. ^ 道路の占用を制限する区域の指定(平成30年3月19日 茨城県告示第299号) (PDF)”, 茨城県報 第2980号: pp. 18–28, (2018年3月19日) 

参考文献[編集]

  • 茨城県土木部『『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在』(レポート)、茨城県、15頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]