茨城県道176号中根平磯磯崎線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
茨城県道176号標識
茨城県道176号中根平磯磯崎線
総延長 3.344 km
実延長 3.344 km
制定年 1959年10月14日
起点 茨城県ひたちなか市
終点 茨城県ひたちなか市
接続する
主な道路
記法
茨城県道63号水戸勝田那珂湊線
Japanese National Route Sign 0245.svg国道245号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
ひたちなか市平磯町(2013年2月)

茨城県道176号中根平磯磯崎線(いばらきけんどう176ごう なかねひらいそいそざきせん)は、茨城県ひたちなか市内の一般県道である。

概要[編集]

ひたちなか市中根の茨城県道351号馬渡水戸線より分岐して東方向へ向かい、同市平磯町を経て磯崎港へ至る路線。経路の途中、部田野交差点では国道245号と交差する。起点付近と終点付近の大部分の区間は、他路線との重複区間となっており、単独区間は同市十三奉行 - 同市平磯町の区間(延長約3.4km)にとどまる。

路線データ[編集]

歴史[編集]

1959年昭和34年)10月14日、新たな県道として勝田市大字中根を起点とし、那珂湊市磯崎町を終点とする区間を本路線とする県道中根平磯磯崎線として茨城県が県道路線認定した。 1995年平成7年)に整理番号176となり現在に至る。

年表[編集]

  • 1959年昭和34年)10月14日
    • 路線認定(図面対照番号176)[4]
    • 道路の区域は、勝田市大字中根の県道馬渡水戸線分岐から那珂湊市磯崎町の県道磯崎港線交点までと決定された[1]
  • 1989年平成元年)12月4日:那珂湊市部田野(現・山崎) - 十三奉行交差点間を4車線化する道路区域決定[5]
  • 1990年(平成2年)3月8日:勝田市大字中根 - 那珂湊市大字部田野の区間を改良して供用開始[2]
  • 1995年(平成7年)3月30日:整理番号236から現在の番号(整理番号176)に変更される[6]

路線状況[編集]

道路法の規定に基づき、ひたちなか市西十三奉行(一般県道那珂湊大洗線交差) - 同市平磯町(主要地方道水戸那珂湊線交差)間は、緊急輸送道路として機能を維持するため、災害発生時の被害拡大防止を目的に道路用地内に電柱を建てることが制限されている[7]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • ひたちなか市

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。

出典[編集]

  1. ^ a b c 道路の区域決定(昭和三十四年十月十四日 茨城県告示第九百三号) (PDF) ,茨城県報 号外(1959年(昭和34年)10月14日)より
  2. ^ a b c 道路の供用の開始(平成2年3月8日 茨城県告示第279号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第121号: p. 8, (1990年3月8日) 
  3. ^ a b c d e 『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在
  4. ^ 県道路線認定(昭和三十四年十月十四日 茨城県告示第九百一号) (PDF) ,茨城県報 号外(1959年(昭和34年)10月14日)より
  5. ^ a b 道路の区域変更(平成元年12月4日 茨城県告示第1329号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第95号: p. 3, (1989年12月4日) 
  6. ^ 県道の路線名および整理番号の変更(平成7年3月30日 茨城県告示第436号) (PDF) ,茨城県報 第637号(1995年(平成7年)3月30日)より
  7. ^ 道路の占用を制限する区域の指定(平成30年3月19日 茨城県告示第299号) (PDF)”, 茨城県報 第2980号: pp. 18–28, (2018年3月19日) 
  8. ^ 道路の区域変更(平成元年12月4日 茨城県告示第1328号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第95号: pp. 2-3, (1989年12月4日) 

参考文献[編集]

  • 茨城県土木部『『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在』(レポート)、茨城県、9頁。

関連項目[編集]