栃木県道・茨城県道119号真岡岩瀬線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
栃木県道119号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
茨城県道119号標識
栃木県道119号真岡岩瀬線
茨城県道119号真岡岩瀬線
総延長 9.602 km
制定年 1959年10月14日茨城県認定
1961年4月1日栃木県認定
起点 栃木県真岡市
終点 茨城県桜川市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0294.svg国道294号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
栃木県道119号真岡岩瀬線・
真岡市東大島(2016年4月)
栃木・茨城県境付近(2011年5月)

栃木県道・茨城県道119号真岡岩瀬線(とちぎけんどう・いばらきけんどう119ごう もおかいわせせん)は、栃木県真岡市から茨城県桜川市に至る一般県道である。

概要[編集]

歴史[編集]

  • 1959年昭和34年)10月14日:茨城県が県道路線認定(図面対象番号234)[2]。茨城県内の道路の区域は、県界西茨城郡岩瀬町大字大泉から西茨城郡岩瀬町大字大泉の県道岩瀬益子線(現在の県道つくば益子線にあたる)交点までと決定された[3]
  • 1961年昭和36年)4月1日:栃木県が県道路線認定。
  • 1995年平成7年)3月30日:茨城県区間における整理番号を、整理番号290から現在の番号(整理番号119)に変更される[4]

路線状況[編集]

栃木・茨城県境から終点までの0.9kmの区間は、連続雨量200mm以上で通行止め規制となる。この「大手坂」と呼ばれる県境付近は道幅も狭く、急坂であるため通過には注意が必要である。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 栃木県
    • 真岡市
  • 茨城県
    • 桜川市

交差する主な道路[編集]

沿線施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 茨城県土木部『『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在』(レポート)、茨城県、7頁。

関連項目[編集]