茨城県道501号桜川土浦自転車道線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自転車道一般県道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
茨城県道501号標識
茨城県道501号桜川土浦自転車道線
つくばりんりんロード
筑波自転車道
総延長 36.541 km
実延長 36.424 km
制定年 1992年1月23日
起点 茨城県桜川市
終点 茨城県土浦市
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

茨城県道501号桜川土浦自転車道線(いばらきけんどう501ごう さくらがわつちうらじてんしゃどうせん)は、かつて、茨城県桜川市犬田から茨城県土浦市川口を結んでいた県道自転車道)である。 愛称はつくばりんりんロード、旧路線名は岩瀬土浦自転車道線、現地標識では筑波自転車道の表記もみられる。

概要[編集]

以前は筑波鉄道が走っていたが1987年昭和62年)3月31日限りで廃線となり、その跡地を自転車道として整備した。総工事費は80億7千万円。[1]

かつて「筑波鉄道の駅」があった跡地の一部を整地・公園化し、水飲み・トイレ・ベンチなどを整備した休憩所(旧虫掛駅常陸藤沢駅筑波駅真壁駅雨引駅)が設置された。

なお、他の一般の道路と平面交差する地点では自転車道側に「止まれ」の道路標識がかつてあり、一般道路側には、前方に自転車専用道路ありの標識があるのみで、一時停止表示はなかった。しかし、最近になって一般道路側に「止まれ」の道路標識が付くようになり、反対に自転車道側は「交差点注意」の標識のみとなり、「止まれ」の標識はなくなった。尚、交通量の多い交差点では、以前と変わらず自転車道側に「止まれ」の標識が付いている。見通しの悪い真壁付近では、自転車と自動車の衝突事故が発生している。

2016年3月31日に廃止され、翌4月1日茨城県道504号潮来土浦自転車道線と統合されて茨城県道505号桜川土浦潮来自転車道線となった。

路線データ[編集]

通称・愛称[編集]

  • 筑波自転車道
  • つくばりんりんロード
    愛称のつくばりんりんロードは、1993年(平成5年)に沿線市町村から愛称を募集した2,719通の中から当時土浦市内の小学1年生の作品が採用された[5]

歴史[編集]

前述のとおり、筑波鉄道線の廃線跡地利用として、茨城県が土地を買い取り自転車道として整備されることとなり、1992年平成4年)1月23日に新規路線として認定された。以来、積極的に道路整備がすすめられて毎年部分開通を繰り返し、2002年(平成14年)に全区間が開通して道路整備は一旦収束している。 2006年(平成18年)に、平成の大合併での自治体名称の変更に伴い、現在の路線名である県道桜川土浦自転車道線に改称されて現在に至る。 2016年(平成28年)3月31日に路線廃止となり、翌4月1日茨城県道504号潮来土浦自転車道線と統合し茨城県道505号桜川土浦潮来自転車道線となった。

年表[編集]

  • 1992年平成4年)1月23日県道岩瀬土浦自転車道線(整理番号501)として路線認定[3]
  • 1993年(平成5年)4月1日:つくば市北条地内の自転車および歩行者用としての道路区域(延長計2,592m)が決定する[6]
  • 1993年(平成5年)4月8日:つくば市北条地内の区間(2,592m)が供用開始される[7]
  • 1994年(平成6年)3月24日岩瀬町犬田 - 大和村本木 - 大曽根 - 東飯田 - 真壁町上小幡 - 白井 - 桜井 - 古城 - 田 - 羽鳥 - 東山田 - 椎尾 - 酒寄の区間(延長計16,866m)が道路区域に決定する[8]
  • 1994年(平成6年)5月12日:つくば市沼田 - 筑波 - 神郡 - 漆所 - 杉木 - 北条の区間(延長計3,016m)が供用開始される[9]
  • 1994年(平成6年)8月15日:真壁町田 - 羽鳥 - 東山田 - 椎尾 - 酒寄の区間(延長計4,701m)が供用開始される[10]
  • 1996年(平成8年)11月25日:つくば市上大島、つくば市国松、つくば市大形 - 田土部 - 新治村高岡、新治村下坂田、土浦市虫掛の各区間(延長計4,377m)が供用開始される[11]
  • 1997年(平成9年)3月27日:真壁町上小幡 - 下小幡 - 長岡 - 白井 - 桜井 - 古城 - 田の区間(延長計4,280m)が供用開始される[12]
  • 1998年(平成10年)7月21日:つくば市国松、新治村下坂田、新治村藤沢、新治村上坂田、土浦市虫掛の各区間(延長計3,719m)の道路区域が決定し供用開始される[13]
  • 1999年(平成11年)10月25日:つくば市北条 - 小田、つくば市大形、新治村高岡 - 藤沢、土浦市常名 - 真鍋の各区間(延長計3,960m)の道路区域が決定する[14]
  • 1999年(平成11年)11月22日:つくば市北条 - 小田、つくば市大形、新治村高岡 - 藤沢、土浦市常名 - 真鍋の各区間(延長計3,960m)が供用開始される[15]
  • 2000年(平成12年)6月5日:土浦市殿里 - 真鍋2丁目 - 真鍋1丁目の区間(延長計1,577m)が自転車および歩行者用の道路区域に決定される[16]
  • 2000年(平成12年)11月27日:西茨城郡岩瀬町大字犬田地内の区間(延長計2,567m)が供用開始される[17]
  • 2001年(平成13年)4月1日:土浦市殿里 - 真鍋2丁目 - 真鍋1丁目の区間が供用開始される[18]
  • 2001年(平成13年)12月13日:真壁郡大和村本木地先 - 大曽根 - 東飯田 - 真壁町上小幡までの区間の一部(延長計4,022m)が供用開始される[19]
  • 2002年(平成14年)3月31日:岩瀬町大字犬田の岩瀬休憩施設を設置[2]
  • 2002年(平成14年)4月11日:つくば市大字小田地内(延長972m)と土浦市東崎町地先 - 川口1丁目地先の区間(延長673m)が供用開始される[20]
  • 2006年(平成18年)4月1日:現在の路線名である桜川土浦自転車道線に改称[21]
  • 2016年(平成28年)

路線状況[編集]

重複区間[編集]

道路施設[編集]

6か所の休憩施設があり、無料駐車場やトイレなど利用者が安心して利用できる環境が整えられている。

  • 岩瀬休憩施設(桜川市犬田)
  • 雨引休憩施設(桜川市本木)
  • 真壁休憩施設(桜川市真壁町古城)
  • 筑波休憩施設(つくば市北条)
  • 藤沢休憩施設(土浦市藤沢)
  • 虫掛休憩施設(土浦市虫掛)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

出典[編集]

  1. ^ 出典:月刊建設2003年8月号
  2. ^ a b 道路の区域の変更(平成14年3月28日 茨城県告示第352号・道路の供用の開始(同日 茨城県告示第356号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1350号: pp. 54-55, (2002年3月28日) 
  3. ^ a b c d e 県道の路線の認定(平成4年1月23日 茨城県告示第86号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第312号: p. 3, (1992年1月23日) 
  4. ^ a b c d 『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在
  5. ^ サイクリングするには - 岩瀬土浦自転車道線(つくばりんりんロード)茨城県教育委員会ホームページより
  6. ^ 道路の区域の決定・自転車歩行者専用の指定(平成5年4月1日 茨城県告示第433・434号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外47号: pp. 18-20, (1993年4月1日) 
  7. ^ 道路の供用の開始(平成5年4月8日 茨城県告示第485号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第437号: pp. 4-5, (1993年4月8日) 
  8. ^ 道路の区域の決定(平成6年3月24日 茨城県告示第436号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第534号: pp. 8-12, (1994年3月24日) 
  9. ^ 道路の供用の開始・道路の区域の決定(平成6年5月12日 茨城県告示第608・609号)・自転車専用道路等の指定(同日 茨城県告示第610号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第547号: pp. 9-12, (1994年5月12日) 
  10. ^ 道路の供用の開始・自転車専用道路等の指定(平成6年8月15日 茨城県告示第967・968号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第574号: pp. 2-5, (1994年8月15日) 
  11. ^ 道路の区域の決定・道路の供用の開始(平成8年11月25日 茨城県告示1318・1319号)・自転車専用道路等の指定(同日 茨城県告示第1321号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第808号: pp. 24-28, (1996年11月25日) 
  12. ^ 道路の供用の開始・自転車専用道路等の指定(平成9年3月27日 茨城県告示第338・399号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第841号: pp. 31-33, (1997年3月27日) 
  13. ^ 道路の区域の決定・道路の供用の開始(平成10年7月21日 茨城県告示第863・864号)・自転車専用道路等の指定(同日 茨城県告示第866号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第976号: pp. 2-7, (1998年7月21日) 
  14. ^ 道路の区域の決定(平成11年10月25日 茨城県告示第1134号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1104号: pp. 4-5, (1999年10月25日) 
  15. ^ 道路の供用の開始・自転車専用道路等の指定(平成11年11月22日 茨城県告示第1219・1220号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1112号: pp. 1-4, (1999年11月22日) 
  16. ^ 道路の区域の決定・自転車専用道路等の指定(平成12年6月5日 茨城県告示729・730号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1165号: pp. 8-9, (2000年6月5日) 
  17. ^ 道路の供用の開始・自転車専用道路等の指定(平成12年11月27日 茨城県告示第1293・1294号) (PDF)”, 茨城県報 第1215号: pp. 4-5, (2000年11月27日) 
  18. ^ 道路の供用の開始(平成13年3月29日 茨城県告示第350号) (PDF) ,茨城県報 第1249号(2001年(平成13年)3月29日)より
  19. ^ 道路の供用の開始(平成13年12月13日 茨城県告示第1345号) (PDF) ,茨城県報 第1322号(2001年(平成13年)12月13日)より
  20. ^ 道路の区域の決定・道路の供用の開始(平成14年4月11日 茨城県告示447・448号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1354号: pp. 8-9, (2002年4月11日) 
  21. ^ 県道の路線名の変更(平成18年3月23日 茨城県告示第354号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1758号: p. 19, (2006年3月23日) 
  22. ^ 県道路線の廃止(平成28年3月31日 茨城県告示第412号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2780号: p. 92, (2016年3月31日) 
  23. ^ 県道路線の認定・道路の供用の開始・道路の区域の決定・自転車専用道路等の指定(平成28年4月1日 茨城県告示第430・431・432・433号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第46号: pp. 1-23, (2016年4月1日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]