千葉県道121号成東鳴浜線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
千葉県道121号標識

千葉県道121号成東鳴浜線(ちばけんどう121ごう なるとうなるはません)は、千葉県山武市津辺の国道126号との交差点を起点とし、同市本須賀(本須賀海岸)の千葉県道30号飯岡一宮線との交差点を終点とする県道である。

起点・終点[編集]

  • 起点:千葉県山武市津辺(津辺交差点、国道126号交点・千葉県道76号成東酒々井線起点)
  • 終点:千葉県山武市本須賀(本須賀海岸交差点、千葉県道30号飯岡一宮線交点)

路線状況[編集]

平成22年2010年)度時点での成東鳴浜線の交通量について、観測地点の山武市殿台での自動車類交通量はそれぞれ、

昼間12時間自動車類交通量 24時間自動車類交通量
小型車 大型車 合計 小型車 大型車 合計
6885台 236台 7121台 8829台 784台 9613台

また道路部幅員・車道部幅員6.75m、車道幅員5.75m。車線数は2車線であるが歩道幅員は存在しない。昼夜率は1.35%、昼間12時間ピーク比率11.0%、24時間大型車混入率3.3%である[1]

通過する自治体[編集]

接続するおもな道路[編集]

白幡交差点で千葉県道124号緑海東金線(右方)と接続する千葉県道121号成東鳴浜線(左方)。(2016年1月)

注釈[編集]

  1. ^ 道路交通センサス一般交通量調査箇所別基本表(PDF).千葉県. 平成22年度. 39、40ページ参照。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度34分50秒 東経140度26分8.5秒 / 北緯35.58056度 東経140.435694度 / 35.58056; 140.435694