ペドロ・ストロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ペドロ・ストロープから転送)
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ペドロ・ストロープ
ペドロ・ストロップ
Pedro Strop
シカゴ・カブス #46
Pedro Strop in 2017.jpg
2017年7月15日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・クリストバル州サン・クリストバル
生年月日 (1985-06-13) 1985年6月13日(32歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手投手
プロ入り 2002年 アマチュアFAでコロラド・ロッキーズと契約
初出場 2009年8月28日トロント・ブルージェイズ
年俸 $4,400,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国代表
WBC 2013年
獲得メダル
男子 野球
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球

ペドロ・アンヘル・ストロップPedro Ángel Strop, 1985年6月13日 - )は、ドミニカ共和国サン・クリストバル出身の野球選手投手)。右投右打。現在はMLBシカゴ・カブスに所属している。愛称はストロッピー[2]

経歴[編集]

プロ入りとロッキーズ傘下時代[編集]

2002年遊撃手としてコロラド・ロッキーズと契約。マイナー4シーズンで通算打率.208と芽が出ず、2006年から投手に転向した。

2008年は肘の故障でシーズンの大半を欠場した。

2008年9月19日に解雇された。

レンジャース時代[編集]

2008年11月7日テキサス・レンジャーズと契約を結んだ。[3]

2009年8月28日ミネソタ・ツインズ戦でメジャーデビュー。最初に対戦した打者はジョー・マウアーだった。

オリオールズ時代[編集]

2011年9月1日マイク・ゴンザレスの交換要員としてボルチモア・オリオールズに移籍した[3]。移籍後は12試合で防御率0.73と好成績を残した。

2012年は年間を通してセットアップマンに定着。70試合の登板で防御率2.44と好成績を挙げたが、一方で66イニングで37の与四球を与え、WHIPは1.34と制球面に課題を残した。

2013年開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ドミニカ共和国代表に選出された[4]。同大会では6試合にリリーフで登板し、大会最多の3勝を挙げた。

カブス時代[編集]

2013年7月2日に、ジェイク・アリエータと共にスコット・フェルドマンスティーブ・クレベンジャーとの2対2のトレードでシカゴ・カブスに移籍した。移籍前は29試合の登板で防御率7点台、OPS1.70と不振に陥っていたものの、移籍後は37試合の登板で防御率2.83、WHIP0.94。与四球数を大幅に減らし、別人のような投球を披露した。

2014年11月27日に、母国ドミニカ共和国のサン・クリストバル州で交通事故を起こした事が判明した[5]。シーズンでは65試合の登板で21ホールド、防御率2.21を記録。メジャー定着後の数字としてはキャリア最高の成績だった。

2015年はブルペンの中心的存在となり、リーグ5位タイの76試合に登板。防御率2.91・2勝6敗3セーブ・WHIP1.00という成績のほか、右打者に対しても左打者に対しても.100台の被打率にまとめ上げる[6]活躍ぶりだった。

2016年は、終盤の故障の影響で54試合の登板となり、5年連続となる60試合登板とはならなかったが、防御率2.85・2勝2敗・WHIP0.89と、前年よりも成績が向上。奪三振率でも自身初の11.0台となる11.4をマークしたほか、与四球率も下げて (2.9) 制球面でも成長の証を示した。

2017年は2年ぶりの60試合登板となる69試合に投げ、防御率2.83・5勝4敗・WHIP1.18を記録。防御率は前年と同程度であったが、以前の制球難がやや見られ、与四球率が3.9に上昇した。

プレースタイル[編集]

テイクバックの少ないオーバースローが特徴。

球種は、平均95mph(約153km/h)の二種類の速球フォーシームツーシーム)と、決め球である平均83mph(約134km/h)スライダーが大半を占め、その他に平均88mph(約142km/h)のチェンジアップも使用する[7]。速球の球速は、2012年では最速99.1mph(約159.5km/h)・平均97mph(約156km/h)を記録している。

2012年の与四球率は5.0と制球力が課題であったが、2016年の与四球率は2.9と改善された。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 TEX 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 30 7.0 6 0 4 0 0 9 0 0 6 6 7.71 1.43
2010 15 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 46 10.2 17 2 11 0 1 11 5 1 12 12 10.13 2.63
2011 11 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 44 9.2 7 0 7 0 1 9 2 2 4 4 3.72 1.45
BAL 12 0 0 0 0 2 0 0 4 1.000 46 12.1 8 0 3 0 0 12 0 0 1 1 0.73 0.89
'11計 23 0 0 0 0 2 1 0 4 .667 90 22.0 15 0 10 0 1 21 2 2 5 5 2.05 1.14
2012 70 0 0 0 0 5 2 3 24 .714 283 66.1 52 2 37 2 4 58 5 0 18 18 2.44 1.34
2013 29 0 0 0 0 0 3 0 3 .000 111 22.1 23 4 15 2 2 24 5 1 19 18 7.25 1.70
CHC 37 0 0 0 0 2 2 1 14 .500 143 35.0 22 1 11 0 4 42 3 0 11 11 2.83 0.94
'13計 66 0 0 0 0 2 5 1 17 .286 254 57.1 45 5 26 2 6 66 8 1 30 29 4.55 1.24
2014 65 0 0 0 0 2 4 2 21 .333 244 61.0 40 2 25 3 4 71 6 1 19 15 2.21 1.07
2015 76 0 0 0 0 2 6 3 28 .250 270 68.0 39 5 29 6 4 81 6 0 24 22 2.91 1.00
2016 54 0 0 0 0 2 2 0 21 .500 187 47.1 27 4 15 1 4 60 7 0 16 15 2.85 0.89
2017 69 0 0 0 0 5 4 0 21 .556 250 60.1 45 4 26 1 3 65 7 1 22 19 2.83 1.18
MLB:9年 445 0 0 0 0 20 24 9 137 .455 1668 400.0 286 24 183 15 27 442 46 6 152 141 3.17 1.17
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 64 (2009年、2011年 - 同年終了)
  • 46 (2010年 - 2011年途中、2013年途中 - )
  • 47 (2012年 - 2013年途中)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pedro Strop Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年7月1日閲覧。
  2. ^ Explaining Cubs Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月29日閲覧
  3. ^ a b Connolly, Dan(2011-08-31). Pedro Strop is player to be named. The Baltimore Sun(英語). 2012年1月25日閲覧
  4. ^ 2013 Tournament Roster[リンク切れ] The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月7日閲覧 [リンク切れ]
  5. ^ Strop 'doing fine' after car accident in Dominican Republic
  6. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2016』 廣済堂出版、2016年、367頁。ISBN 978-4-331-52002-4
  7. ^ Pedro Strop » Statistics » Pitching . FanGraphs Baseball(英語). 2016年2月7日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]