バブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バブとは花王から発売されている入浴剤。及び、入浴剤を含めたインバスヘルスケア製品のブランド名である。入浴剤は花王の看板商品ともいえるロングセラーとなっており、1983年の発売開始から30年以上に渡って幅広い世代に愛好されている。

特徴[編集]

バブの特徴としてまず挙げられるのが、お湯に漬けると炭酸ガスが発生するという点である。炭酸ガスは血行を促し、疲れ・肩こりに効く効果を持っているがそのほかに湯船に投入したときに湯の中でソーダのような泡を上げて溶けていく様が消費者に好まれている。炭酸ガスは、湯中に溶け出したフマル酸炭酸水素ナトリウムの化学反応によって発生する[1]。バブの発売以降、炭酸ガスが発生する発泡タイプと呼ばれる入浴剤がメジャーになり、バブの他には後発の株式会社バスクリンのきき湯(2003年発売、発売当初はツムラ)、白元アースのHERSバスラボ(2015年に旧キング化学時代から発売され、白元アースへ継承後も継続発売されていた「バスキング」に替わって発売されたブランド)などがある。

次に上げられる特徴は錠剤状の固形で1回分ずつ個別包装されているということである。現在家庭用入浴剤は粉状、または液状のものがほとんどであり、1回分ずつ個別包装されているかまたはビン、缶状の入れ物に数十回分まとめて入れられている。これに対してバブは1回分が約5cm角の四角い固形状をしており、湯船への投入時に分量をいちいち量るといった手間無しにそのままパッケージを開けて投入することが出来る。また分封されている事により、品質の劣化を防ぐ、保存がしやすい、携帯が容易といった効果がある。

3つ目の特徴は香りの種類が多いということである。定番として通年売られているのは「ゆず」、「」、「ひのき」、「ラベンダー」といった誰にでも好まれる香りであるがその他に季節ごとに果物、花、ケーキ、リゾート、カフェといったテーマに合わせて新規開発された期間限定のバブをつめたアソートパックが発売される。そのため、他の入浴剤には見られない「入浴剤を収集する」という行為をする消費者は珍しくない。個別包装で固形であるという形状も収集のしやすさにつながっている。

また、パナソニック三菱電機日立アプライアンスデンソーコロナではエコキュート(自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯器)に使用できる推奨の入浴剤として指定を受けている[2]。なお、エコキュートに使用する場合、「バブ うるおいプラス」などのにごりタイプには使用不可となるので注意が必要である。

歴史[編集]

太字は現在も発売されている製品。

  • 1983年 - 発売開始。当初は「ゆずの香り」と「森の香り」の2種類で、容量は5錠入り。
  • 1984年 - 現在の主流である20錠入りを追加発売。
  • 1985年 - 「ミントの香り」を追加発売(後の「バブクール」の源流である)。
  • 1986年 - 「無色無香料バブ」発売。
  • 1989年 - 「生薬配合バブ」・「モイスチャーミルクバブ」発売。
  • 1990年 - 「ももの葉エキスバブ」発売。
  • 1994年 - 「イチョウ緑葉エキスバブ」発売。
  • 1995年 - 錠剤の形状に凹型を加えた「パワフル発泡」に改良。
  • 1996年 - 「ハーブの香り」を追加発売。
  • 1997年
    • 「バブ」に「ローズの香り」を追加発売。
    • 「爽快バブシャワー」販売開始(当初は「クール」と「スーパークール」の2タイプ)。
  • 1998年
    • 「バブ」に「ひのきの香り」を追加発売。
    • 「爽快バブシャワー」に「エクストラクール」を追加発売。
  • 1999年 - 「カモミールの香り」を追加発売。「香りつぶ」の完成により「ラベンダーの香り」と「ローズの香り」も改良する。
  • 2001年
    • 「バブ」に「さくらの香り」を追加発売。
    • 「爽快バブシャワー」の「クール」が販売終了し、既存の2アイテム(スーパークール・エクストラクール)が新デザインに。
  • 2002年 - 「バブクール 緑茶の香り」を発売。同時に「ミントの香り」が「バブクール」に移行。また、「かりんの香り」を追加発売。
  • 2003年 - 「バブクール」に「ジャスミンティーの香り」を追加発売。保湿成分を配合した「バブミルキー ホワイトローズの香り」を発売。オクチルフタリドを配合した「バブEX」を発売。
  • 2004年
    • 「バブクール」に「ライムスカッシュの香り」を追加発売。同時に「ミントの香り」を改良。
    • 「爽快バブシャワー」の販売を一時終了。
    • 「バブ」に「カトレアブーケの香り」を追加発売。
  • 2005年
    • 愛用者の声に応え、「爽快バブシャワー」が復活。
    • 「バブ」にコンセプチュアルアソート品が登場。「古都の散策」と「ミルキーセレクション」を追加発売。
  • 2006年
    • 4月 - 「バブクール」にコンセプチュアルアソート品「アジアンリゾート」を追加発売。
    • 「万葉風流記」と「ミルキーカフェ」を追加発売。「古都の散策」と「ミルキーセレクション」は3つの香りパック仕様(「古都の散策S」、「ミルキーセレクションS」)にリニューアル発売。一旦発売を休止していた「ひのきの香り」が復活。
  • 2007年
    • 4月
      • 「バブクール」に「アロハパラダイス」を追加発売。「アジアンリゾート」は3つの香りパック仕様(「アジアンリゾートS」)に転換。
      • 「爽快バブシャワー」がリニューアル発売。従来の「スーパークール」は「ひんやりハッカの香り」となり、新たにマイルドタイプの「さわやかライムの香り」を追加。「エクストラクール」は数量限定品となる。
    • 8月 - 「ふるさと花日記」と「ローズガーデン」を追加発売。前年に発売した「万葉風流記」もアロマビーズを新配合してリニューアルされた。
    • 10月 - 「バブ 濃厚炭酸湯(陳皮の芳香浴、山桜の芳香浴)」発売。
  • 2008年
    • 4月 - 「バブクール」に「浜風のささやき」を追加発売。「濃厚炭酸湯」に初の数量限定品「ローズマリーの香り」を発売。通常品のハーフサイズ(4錠)である。
    • 9月 - 発売25周年。温泉成分の一つである炭酸カルシウムが配合され、ブランドロゴを変更。既存品[3]のリニューアルに合わせ、「胡蝶蘭の香り」を追加発売。
    • 10月 - 「濃厚炭酸湯」に「芍薬の芳香浴」を追加発売し、既存2アイテム(陳皮の芳香浴・山桜の芳香浴)もブランドロゴを変更したパッケージデザインにリニューアル。
    • 11月 - 発売25周年記念商品「香りしたたる旬どり果実」を限定発売。
  • 2009年
    • 2月 - 「さくらの香り」が数量限定品として復活。「濃厚炭酸湯」にも数量限定品2アイテム「カミツレの芳香浴」と「レモングラスの芳香浴」を発売。4錠入りのハーフサイズ形態である。
    • 4月 -
      • 「バブクール」を全面刷新。清涼成分に肌さっぱり成分を加えた処方となり、ラインナップに「新緑こだちの香り」と「避暑地の午後」を追加。また、「アロハパラダイス」も3つの香りパック仕様「アロハパラダイスS」に転換。
      • 「爽快バブシャワー」をリニューアル。香調名が変更(「さわやかライムの香り」→「マイルドクール ライムの香り」、「ひんやりハッカの香り」→「クール ハッカの香り」)され、数量限定品として発売していた「エクストラクール」が再びレギュラー品になる。
    • 5月 - 「バブクール」に数量限定品「トロピカルジャーニー」を発売。
    • 9月 - コンセプチュアルアソート品を「香り詰め合わせシリーズ」として刷新すると共に、「濃厚炭酸湯」をリニューアル発売。
      • 「香り詰め合わせシリーズ」はより気軽に試せるように従来の「コンセプチュアルアソート品」の20錠(4種類各5錠)から12錠(4種類各3錠)に減らしパッケージの奥行も薄くなった。「ローズガーデン」は新デザインとなり、新たに「摘みたてハーブ日和」と「いにしえ趣(おもむき)めぐり」を追加。また、従来の「コンセプチュアルアソート品」にラインナップされていた「万葉風流記」は3つの香りパック仕様「万葉風流記S」にリニューアルされた。
      • 「濃厚炭酸湯」も容量を8錠から6錠に減らし、温泉成分の一つである炭酸カルシウムを配合。ラインナップには従来の「バブEX」の香りであった「和漢植物の芳香浴」を追加。
    • 11月 - 数量限定品「完熟果実とれたて便」を発売。
  • 2010年
    • 1月 - 数量限定品「ひだまり散歩道」を発売。
    • 3月 - 「香りの詰め合わせシリーズ」に「スローフォレスト」を追加。
    • 4月 - 「バブクール」に香りの詰め合わせシリーズとして「海辺のくつろぎ」と「オリエンタルスパ」を追加。
    • 5月 - 「バブクール」数量限定品「Happy&Juicy(ハッピー&ジューシー)」を発売。
    • 9月 - 「香りの詰め合わせシリーズ」に「エキゾチックスパ」を追加。
    • 10月 - 粉末タイプ「マイクロバブ」を発売。
    • 11月 - 数量限定品「FRUITS WONDERLAND」を発売。
  • 2011年
    • 3月 - 「香りの詰め合わせシリーズ」に「フルーティサロン」を追加。
    • 4月 - 「バブクール」に香りの詰め合わせシリーズとして「ビューティフルブリーズ」を追加発売。あわせて、「ミントの香り」と「新緑こだちの香り」はパッケージデザインをリニューアルし、内容量を12錠に減らした。
    • 6月 - シャワーで流すマッサージジェル「シャワータイムバブ らくらくジェル」を発売。
    • 9月 - 「香りの詰め合わせシリーズ」に「ピースフルハーブ」と「こころ和むほのぼの湯」を追加。火で焚かないお湯アロマ「シャワータイムバブ リラックスアロマ」を発売。
    • 10月 - 粉末タイプ「マイクロバブ」のパッケージをリニューアルし、新たに「ローズ&ネロリの香り」を追加。
  • 2012年
    • 3月 - 「香りの詰め合わせシリーズ」に「森のこもれび -ナチュラルオアシス-」を追加。「バブクール」に香りの詰め合わせシリーズとして「オリエンタルスパ -プライベートリゾート-」を追加発売。
    • 4月 - 「シャワータイムバブ」の新ラインナップとして、「らくらくジェル」とセットで使用するマッサージ器具「らくもみマッサージャー」とシャワーで流すボディローション「さらっと素肌ローション」を発売。
    • 9月 - 「香りの詰め合わせシリーズ」に「ナイトアロマ」と「エキゾチックスパ 魅惑のバスタイム」を追加。
    • 10月 - 「ゆずの香り」の香りに比べて炭酸を高濃度配合した「バブ メディケイティッド(柑橘の香り、森林の香り)」を発売。
  • 2013年
    • 3月 - 「バブクール」に「エンジェルライムの香り」を追加発売。
    • 4月 - 夏向けの入浴料「バブ 夏肌さらり湯」を発売。
    • 9月 - 「ピースフルハーブ」・「ナイトアロマ」をリニューアル発売、「バブ メディケイティッド」に「花果実の香り」を追加発売。
    • 10月 - カプチーノのようなクリーミー泡が湯面に広がる粉末タイプの炭酸入浴剤「バブチーノ」を発売。
    • 11月 - 発売30周年を記念した数量限定品「Sweet Flower Party(スイートフラワーパーティー)」、「Juicy Fruits Party(ジューシーフルーツパーティー)」を発売。
  • 2014年
    • 1月 - 「香りの詰め合わせシリーズ」に「森のおもてなし 大人の贅沢時間」を追加。
    • 4月
      • 詰め合わせの香りを一新した「バブクール オリエンタルスパ アイランドタイム」をリニューアル発売。
      • 「爽快バブシャワー」を「バブ爽快シャワー」に刷新し、新たに「スーパーエクストラクールジェル アイスミントの香り」を発売。
    • 6月 - 「バブ爽快シャワー」に数量限定品「エクストラクール ミントオレンジの香り」と「スーパーエクストラクールジェル ミントオレンジの香り」を発売。
    • 9月 - 「香り詰め合わせシリーズ」に「ヨーロピアンスパ」を追加。さらに「こころ和むほのぼの湯」の詰め合わせの香りを一新した「のんびり、ゆったり ほのぼの湯」をリニューアル発売。
    • 10月 - 「バブメディケイティッド」・「バブチーノ」をリニューアル発売(共にパッケージデザインの変更のみ)。
  • 2015年
    • 3月 - 「香り詰め合わせシリーズ」の「ローズガーデン」を「アロマティックローズ」に改名しリニューアル(パッケージデザイン変更のみ)。
    • 4月 - 「バブメディケイティッド」にシリーズ初のクールタイプ「冷涼クール」を発売。同時に、「バブクール ビューティフルブリーズ」を「バブクール フラワースプラッシュ」に改名しリニューアル。
    • 9月 - 「バブ 和漢ごこち」を発売。併せて、「香り詰め合わせシリーズ」の「ナイトアロマ」と「ピースフルハーブ やすらぎのひととき」をリニューアル。
    • 10月 - 「バブメディケイティッド」の「柑橘の香り」・「森林の香り」・「花果実の香り」を黒基調のパッケージにリニューアル。
  • 2016年
    • 3月 - 「香り詰め合わせシリーズ」に「花めぐりの湯」を追加。
    • 4月 - 「バブクール」に「涼やかマリンフラワーの香り」を追加発売し、「ミントの香り」は「涼やかミントの香り」に改名してパッケージリニューアル。「バブメディケイテッド」の「冷涼クール」を紺基調のパッケージにリニューアル。
    • 9月 - 「香り詰め合わせシリーズ」に「温もり和果」を追加、「バブうるおいプラス」を発売。
    • 10月
      • 「バブ 和漢ごこち」をリニューアル。
      • 粉末タイプの「バブ エピュール」を発売。
  • 2017年
    • 3月 - 「香り詰め合わせシリーズ」に「グリーンオアシス」を追加、同時に「ピースフルハーブ」をリニューアル。
    • 8月 - 20錠入り(ゆずの香り・森の香り・ひのきの香り・ラベンダーの香り)を全面リニューアルし、新たに「ベルガモットジンジャーの香り」を発売。
    • 10月
      • 「バブ エピュール」に「レモングラス&ゼラニウムの香り」 と「ジャスミン&フランキンセンスの香り」の2種を追加発売。
      • 「バブメディケイテッド」の「柑橘の香り」・「森林の香り」・「花果実の香り」をパッケージリニューアル。
  • 2018年
    • 3月 - 「バブ 温&涼 2種セット」を発売、「バブ メディケイティッド 冷涼クール」をパッケージリニューアル。
    • 9月(一部店舗は8月最終週より) - 「香り詰め合わせシリーズ」を「アソートシリーズ」に改め、全面刷新。既存のラインナップを「ナイトアロマ」と「ピースフルハーブ」に集約してリニューアルすると同時に、「至福のめぐり浴至福の柑橘めぐり浴至福の森めぐり浴)」と「The AromaPleasure FeelingLuxury Feeling)」を発売。同時に、「うるおいプラス」はパッケージデザインを変更するリニューアルが行われた。
    • 10月(バブ メディキュアとバブ エピュール バスエッセンスは9月より一部ECサイトで先行発売されていた)
      • バブ メディキュア」シリーズ5種(柑橘の香り森林の香り花果実の香りほぐ軽スッキリ温もりナイト)を発売。
      • 「バブ エピュール」に「オレンジフラワー&パチュリの香り」を追加発売(本製品の発売に伴い、「ジンジャー&シナモンの香り」は2018年9月製造終了)。
      • 「バブ エピュール」に液体タイプの「バスエッセンス」2種(イランイラン&サンダルウッドの香りラベンダー&マージョラムの香り)を追加発売。
  • 2019年
    • 3月 - 「バブ エクストラクール エクストラクールミントの香り」、「バブ メディキュア 冷涼クール」を発売し、「バブクール 涼やかミントの香り」と「バブ 爽快シャワー」はリニューアルされ、パッケージデザインが変更された。

製品ラインナップ[編集]

現行製品[編集]

入浴剤[編集]

バブ【医薬部外品】
スーパーやドラッグストアなどの店頭で見かけるもっともメジャーな入浴剤である。これまでに発売された香りの種類は2008年9月現在で約70種類以上[4]。形は5×5×1.5cmの角型で中央に円形にくぼみがつけられている。有効成分は炭酸水素ナトリウム炭酸ナトリウム。2008年9月のリニューアル時に炭酸カルシウムが配合された。1錠40g[5]。現行品は大きく2つに分類される。
2017年8月に20錠入りが全面リニューアルされ、炭酸カルシウムを省く代わりに、硫酸マグネシウム硫酸ナトリウム(無水)を配合して処方変更され、錠剤の形状は中央からを巻いたようなデザインに変更され、中央のくぼみが目立たなくなった。
  • 和の香りシリーズ/アロマシリーズ - 「バブ」の定番部類。20錠入り。
    • ゆずの香り - 湯の色はナチュラルイエロー(黄色)
    • 森の香り - 湯の色はナチュラルグリーン(緑色)
    • ひのきの香り - 湯の色はウッディイエロー(朱色)。一時期ギフト専用の香りとしていたが、2007年9月から再び通常品(20錠)の販売を開始した。
    • ラベンダーの香り - 湯の色はナチュラルパープル(紫色)
    • ベルガモットジンジャーの香り - 湯の色はクリアイエロー(黄色)
  • アソートシリーズ - 4種類の香りを詰め合わせた部類。2009年9月のリニューアル時に12錠入りとなる。数量限定品を除く複数の香りが入った製品としては6錠入りの「3つの香りのパック」が以前から発売され、本シリーズ発売後も併売されていたが、最後まで発売されていた「バブクール アロハパラダイスS」が2011年3月で製造を終了したため、「香り詰め合わせシリーズ」へ完全移行し、2018年9月に「アソートシリーズ」となった。「アソートシリーズ」への改名と同時に、硫酸マグネシウムと硫酸ナトリウム(無水)を追加配合する処方変更がなされ、錠剤の形状が20錠入り同様に変更された。
    • ナイトアロマ - ロマンティックジャスミンの香り・スイートカモミールの香り・ローズハーモニーの香り・ラベンダーの香りと花系の香りの詰め合わせ。2013年9月のリニューアルではビーナスハーブの香りをスイートカモミールの香りに入れ替え、2015年9月のリニューアルではムーンシトラスの香りをロマンティックジャスミンに入れ替え、花系の香りの詰め合わせとなった。2018年9月のリニューアルではフェアリーラベンダーの香りを20錠入りにもラインナップされているラベンダーの香りに入れ替えた。
    • ピースフルハーブ - ベルガモットジンジャーの香り・ナチュラルラベンダーの香り・ユーカリの香り・サンダルウッドの香りとハーブ系の香りの詰め合わせ。2011年9月で製造を終了した「摘みたてハーブ日和」の実質的な代替製品ともいえる。2013年9月のリニューアルではカモミールの香りをユーカリの香りに、2015年9月のリニューアルではジャスミンの香りをサンダルウッドの香りに、2017年3月のリニューアルではラベンダーの香りをナチュラルラベンダーの香りに、2018年9月のリニューアルではベルガモットリーフの香りを20錠入りにもラインナップされているベルガモットジンジャーの香りにそれぞれ入れ替えた。
    • 至福の柑橘めぐり浴 - ほっと、なごむゆずの香り・完熟きんかんの香り・甘蜜みかんの香り・さわやかなすだちの香りと柑橘系の香りの詰め合わせ。ほっと、なごむゆずの香りは20錠入りにラインナップしているゆずの香りと同一である。
    • 至福の森めぐり浴 - 奥深い豊かな森の香り・すがすがしい高原の森の香り・みずみずしい清流の森の香り・おだやかな湖畔の森の香りと森系の香りの詰め合わせ。奥深い豊か森の香りは20錠入りにラインナップされている森の香りと同一である。
    • The Aroma Pleasure Feeling - プロヴァンスローズの香り・イングリッシュローズの香り・ブルガリアローズの香り・モロッカンローズの香りとローズ系統の香りの詰め合わせ。香りのラインナップや処方は異なるものの、2018年8月で製造を終了した「アロマティックローズ」の実質的な後継製品となる。
    • The Aroma Luxury Feeling - プレシャスバニラの香り・ヴィーナスブーケの香り・オリエンタルウッドの香り・センシュアルブルームの香りと甘美系の香りの詰め合わせ。
バブうるおいプラス【医薬部外品】
ヒアルロン酸とうるおいオイル(トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル)を配合した乳白色の湯(にごりタイプ)の保湿タイプ。以前発売されていた「バブ ミルキー」の後継製品で、入数を20錠から12錠に変更した。2017年秋に20錠入りと同じように錠剤の形状が変更された。
  • ホワイトローズの香り
  • ホワイトカモミールの香り
バブクール【医薬部外品】
清涼成分と肌さっぱり成分を配合。形状は同じであるが、炭酸カルシウムは配合されておらず、1錠40g[6]である。「フラワースプラッシュ」のリニューアルに合わせて、他の製品も2015年春にパッケージリニューアルした。
  • 涼やかミントの香り
  • オリエンタルスパ - フランジパニの香り・マンゴスチンの香り・ブルーウォーターリリーの香り・ピンクオーキッドの香りの4つの香りの詰め合わせ。海に囲まれた東洋の楽園をイメージした香りがそろう。発売当初は3代目製品として「オリエンタルスパ アイランドタイム」として発売されていたが、前述のパッケージリニューアルに伴い、商品名を発売当初の名称に戻した。
  • フラワースプラッシュ - エーデルワイスの香り・アルペンローズの香り・ゴールデンリリーの香り・アザレアハーモニーの香りと渓谷に咲く花々をイメージした花系の香りの詰め合わせ。2015年4月に「ビューティフルブリーズ」から改名すると同時に、ワイルドハーブの香りに替わり、アザレアハーモニーの香りを新たに詰め合わせた。
バブエクストラクール【医薬部外品】
  • エクストラクールミントの香り
バブ 温&涼 2種セット【医薬部外品】
「バブ」と「バブ クール」のタイプの異なる2種類を1つに封入した製品。ベルガモットジンジャーの香りとクール 涼やかミントの香りが封入されており、12錠(各6錠ずつ)入りである。
バブ メディキュア【医薬部外品】
「バブ ゆずの香り」に比べ、炭酸濃度を10倍とし、1錠70gのビッグサイズとしている。柑橘の香り・森林の香り・花果実の香り・冷涼クールは「バブ メディケイティッド」の後継製品である。
  • 柑橘の香り
  • 森林の香り
  • 花果実の香り
  • 冷涼クール - 「バブクール 涼やかミントの香り」に比べてメントールを高配合し、ミョウバン硫酸アルミニウムカリウム)を追加配合したクールタイプ。レモングラスの香り。
  • ほぐ軽スッキリ - 湿潤剤の高麗ニンジンエキスを追加配合。すっきりハーブの香り
  • 温もりナイト - 湿潤剤の高麗ニンジンエキスだけでなく、保湿ベール成分の芒硝(硫酸ナトリウム(無水))も追加配合。ラベンダー&シダーウッドの香り、にごりタイプ。
バブ エピュール【医薬部外品】
「バブ」で初めてとなる「エプソムソルト(有効成分:硫酸マグネシウム)」を配合した粉末タイプ。8回分の400gボトルと、1回使いきりの50g袋の2容量が設定される。
バブ エピュール アロマエッセンス
液体タイプ。8回分の280mlボトルと、1回使いきりの35ml袋の2容量が設定されている。なお、他の「バブ」のシリーズ製品とは異なり、有効成分は配合されておらず、浴用化粧料に分類されている。

シャワーケア[編集]

以下の製品は湯船に投入する入浴剤ではないので注意が必要である。

バブ爽快シャワー
風呂上がりの直前に塗り、シャワーで流す製品。1997年に「爽快バブシャワー」として発売、2004年に一旦販売終了となったが、同年夏は猛暑となり、ユーザーからの再発売の要望が多数あった[7]ため、翌年の2005年より再発売された。ちなみに販売終了された商品が再発売されるのは日用品業界では異例のことである。2014年4月に製品名が変更となった。また、フィルムをはがすとシンプルなデザインとなる。なお、いずれの製品もメントールが高配合されており、目や鼻にツンとくる場合があるほか、メントールの冷感刺激に弱い方・日焼け後・除毛直後は使用不可となる。
  • エクストラクール スプラッシュミントの香り - 発売当初は通常品として発売され、再発売以降は数量限定品として発売していたが、2009年のリニューアルをもって再び通常品となった「爽快バブシャワー エクストラクール」から改名。超冷感タイプのシャワーで流すボディローション。
  • スーパーエクストラクールジェル アイスミントの香り - 凄冷感タイプのシャワーで流すボディジェル。

販売店限定品[編集]

以下は大容量の48錠入りとなっており、ホームセンターECサイトなどの一部販売店限定となっている。花王の製品情報サイトには掲載されていない。

6種類の香りお楽しみBOX うるおいプラス入り【医薬部外品】
「うるおいプラス」2種(ホワイトローズの香り、ホワイトカモミールの香り)を含む計6種類の香りを詰め合わせたもの(6種各8錠ずつ封入)。発売当初は「ゆずの香り」、「森の香り」、「グレイスゼラニウムの香り」、「ロイヤルカシスベリーの香り」が封入されていたが、2017年秋のリニューアルで4種類が総入れ替えとなり、「温もり和果」に封入されている「はちみつゆずの香り」と「かりん生姜の香り」、「ピースフルハーブ」に封入されている「ユーカリの香り」、「ナイトアロマ」に封入されている「ロマンティックジャスミンの香り」に変更された。
厳選4種類の香りセレクトBOX【医薬部外品】
和の香りシリーズの「ゆずの香り」と「森の香り」、アロマシリーズの「ラベンダーの香り」と「ベルガモット&ジンジャーの香り」の計4種類を詰め合わせたもの(4種各12錠ずつ封入)。

数量限定品[編集]

バブには、その季節ごとに限定発売される数量限定品が存在する。香りはその限定品のために作られた特別なものが多く、限定品の販売終了と共になくなる香りが数多い。以下はほんの一例である。

毎日楽しい6つの香り
2000年3月発売。通常品6種類(ローズ・カモミール・ラベンダー・ゆず・森・ヒノキ)を2錠ずつ詰め合わせたアソートパック。
リゾート気分を楽しむ3つの香りパック
2001年4月発売。3つの香りの詰め合わせ。
春のめざめを楽しむ3つの香りパック
2002年2月発売。日本の春の花の香りをそろえた詰め合わせ。当時の通常品であった「さくらの香り」に「すみれの香り」と「ももの香り」を追加。
果実のささやき3つの香りパック
2002年11月発売。果実の香りの詰め合わせ。当時の通常品であった「かりんの香り」に「みかんの香り」と「りんごの香り」を追加。
春、咲いた3つの香りパック
2003年2月発売。
ふわふわ春舞う3つの香りパック
2004年2月発売。
香りのフルーツバスケット
2004年11月発売。フルーツの香り4種類の詰め合わせ。プラスチック容器入り。
竹林茶屋
2005年2月発売。3つの香りの詰め合わせ。竹筒をイメージしたパッケージ。
クール 温度計付きお試しパック
2005年4月発売。通常品4種類各1錠とシートタイプの温度計がセットになったセット。
クール 炭酸水パーラー
2005年5月発売。3つの香りの詰め合わせ。グラスをモチーフとしたパッケージ。
香り・もぎたてボックス
2005年11月発売。昨年に引き続き、フルーツの香り4種類の詰め合わせ。
花の香りリース
2006年2月発売。ラベンダー・ローズ・カモミールガーデン・ローズマリーの4種類の詰め合わせ。
クール フラッペパーティ
2006年5月発売。フラッペをイメージした3つの香りとパッケージ。
フルーツケーキ
2006年11月発売。フルーツの香り4種類の詰め合わせ。ショートケーキの形をしたパッケージ。
花御膳
2007年2月発売。
クール 南風薫るレイ
2007年4月発売。
香りしたたる旬どり果実
2008年11月発売。発売25周年記念限定品。グレープフルーツ・りんご・メロンラズベリーの4種類の香りの詰め合わせで、数量限定品では初めて、通常品のコンセプチュアルアソート品と同じ20錠入り(4種類各5錠)となった。
トロピカルジャーニー
2009年5月発売。「香りしたたる旬どり果実」と同様、20錠入り(4種類各5錠)の限定コンセプチュアルアソート品。スターフルーツ・グァバ・ジンジャーフラワー・ジャスミンティーの4種類の香りの詰め合わせ。
完熟果実とれたて便
2009年11月発売。構成は2008年に発売された「香りしたたる旬どり果実」と同じ。違うのは容量で、2009年9月に刷新された「香り詰め合わせシリーズ」と同じ12錠入り(4種類各3錠)である。
ひだまり散歩道
2010年1月発売。ミモザ[要曖昧さ回避]すみれしろつめ草・紅梅(4種類各3錠)。
クール Happy&Juicy
2010年5月発売。グァバ・スターフルーツ・パイナップル・ライチ(4種類各3錠)。
FRUITS WONDERLAND
2010年11月発売。りんご・ピーチ・アプリコット・マスカット(4種類各3錠)。
flower season
2012年1月発売。スイートピーフリージア・ライラック・さくら(4種類各3錠)。
香りしたたる旬どり果実
2012年12月発売。ピーチ・マスカット・グレープフルーツ・ストロベリー(4種類各3錠)。2008年に発売された香りしたたる旬どり果実のりんごがストロベリー、メロンがマスカットに変わった商品。
Sweet Flower Party
2013年11月発売。既存の香り詰め合わせシリーズの中から「甘くて、やさしい花々な香り」をテーマに4種類をピックアップし、ジャスミン(ピースフルハーブに封入)・スイートローズ(ローズガーデンに封入)・ドリーミーフラワー(エキゾチックスパ 魅惑のバスタイムに封入)・フェアリーラベンダー(ナイトアロマに封入)を詰め合わせたもの(18錠入り)。
Juicy Fruits Party
2013年11月発売。「さわやかでみずみずしいフルーツの香り」をテーマに、ムーンシトラス・ワイルドストロベリー・ゆずはちみつ・マスカットを詰め合わせたもの。ムーンシトラスはナイトアロマ、ゆずはちみつはこころ和むほのぼの湯にそれぞれ封入されているが、ワイルドストロベリーとマスカットは限定品のみに登場する程度の貴重な香りである(18錠入り)。
向井理 香りのセレクト
2015年3月発売。当時のCMキャラクターに起用されていた向井理が詰め合わせ内容の選定に携わった製品。ピュアローズの香り(アロマティックローズに封入)、ドリーミーフラワーの香り、ジャスミンの香り(ピースフルハーブ やすらぎのひとときに封入)、フェアリーラベンダーの香り(ナイトアロマに封入)を詰め合わせた「リラックスセレクション」とスイートカモミールの香り(ナイトアロマに封入)、ユーカリの香り(ピースフルハーブ やすらぎのひとときに封入)、ムーンシトラスの香り(ナイトアロマに封入)、ライラックの香りを詰め合わせた「リフレッシュセレクション」の2種。
匠のこだわり
2016年9月に、第2弾として清々しいくすのきの香り・かろやかな菩提樹の香り・奥深い白檀の香り・豊かなもみじの香りを詰め合わせた「恵みの森」、朝摘み薔薇の香り・可憐な藤の香り・甘美な椿の香り・可憐な牡丹の香りと花系の香りを詰め合わせた「摘みたて生花」を発売した。
ハーモニーシトラスの香り/ハピネスフローラルの香り
2016年10月発売。ディズニーとのコラボデザインで、「ハーモニーシトラスの香り」はミッキーマウスのイラストが、「ハピネスフローラルの香りはミニーマウスのイラストが描かれており、個包装にも複数のデザインが封入されている。

ギフト製品[編集]

バブ 健康入浴ギフト
仕様は通常の「バブ」と同様だが、1箱8錠入りとしている。中身はゆずの香り・森の香り・さくらの香り・撫子の香り。K・B-30以上のセット品には追加でひのきの香りと紅梅の香りもセットされる。2008年9月にバブがリニューアルされたことに伴い、パッケージも中身も一新された。
バブ 夏の健康入浴ギフト
お中元シーズンのみに発売する「バブ健康入浴ギフト」の夏仕様。中身はクール 涼やかミントの香り・クール 新緑こだちの香り・ゆずの香り・森の香り・ラベンダーの香り・朝顔の香りの6種類。6種類すべて1箱ずつ封入したK・BC-30と、6種類のうちの4種類を2箱に増量したK・BC-50の2種類が設定されている。また、デパート向けは同一パッケージながら、K・BC-30(DP)、K・BC-50(DP)となる。
バブ バラエティーギフト
個包装で封入されており、ゆずの香り・森の香り・さくらの香り・朝顔の香り・撫子の香り・紅梅の香りの6種類・16錠入りのギフト。
バブ プレミアムアロマギフト
本ギフト限定の花系の香りの詰め合わせ。中身はクラシックジャスミンの香り、スイートコスモスの香り、フレッシュデイジーの香り、ピーチブロッサムの香りの4種類だが、K・BPA-30ではマグノリアブーケの香りとマンダリンバニラの香りの6種類となる。また、K・BPA-30と同じ6種類の香りを「バブ バラエティーギフト」と同じ個包装化した16錠入りのK・BPA-10も設定されている。

販売終了品[編集]

バブ 無色無香料【医薬部外品】
その名の通り、無色・無香料タイプ。
生薬配合バブ【医薬部外品】
炭酸ガスと2種類の生薬(センキュウトウキ)を配合した高機能タイプ。
モイスチャーバブ
特に肌の保湿効果がある製品で、最初は1種類のみであったが、後に「モイスチャーミルクバブ」「ミルキーフレッシュバブ」の商品名でももアロエの2種類が発売された。
ももの葉エキスバブ【医薬部外品】
独自に開発したももの葉エキスを配合。夏向けの製品であった。
イチョウ緑葉エキスバブ【医薬部外品】
独自に開発したイチョウ緑葉エキスを配合。
バブ ハーブス【医薬部外品】
「ハーブの香り」の前身。同社ボディウォッシュ「花王ハーブス」とのコラボ製品。
湯上り爽快バブ
清涼感の強い入浴剤で粉状。清涼タイプ、スキンケアタイプの2種類があった。炭酸ガスは発生しない。バブとの混用は双方の効果を弱める。
オクチルバブ【医薬部外品】
生薬研究から生まれた有効成分・オクチルフタリドを配合した薬用入浴液。炭酸ガスは発生しない。オクチルフタリドに引火性がある為、「火気注意」の表示がある(製品は原液、希釈液ともに消防法上非危険物である)。
バブEX【医薬部外品】
生薬研究から生まれた有効成分・オクチルフタリドを配合。通常のバブの約1.5倍ほどの大きさ。種類は1種類で和漢植物の香り。通常のバブは角型だがEXは直径6cm、厚み2cmのドーナツ型をしているのが特徴。これはサイズが大きいため溶けやすい形にしたためと考えられる。1錠75g。「濃厚炭酸湯」に移行のため、2009年9月で製造終了。
バブ 濃厚炭酸湯【医薬部外品】
バブと同系統の入浴剤で通常のバブよりも炭酸ガス成分を高配合。直径6cm、厚み2cmで、溶けやすくするため形状はドーナツ状であったが、リニューアル後は中央に凹みがついた正八角形に変更となった。重量は70g[8]で、主な成分はバブと同じ。2009年9月のリニューアルに伴い「和漢植物の芳香浴」を追加発売した。「バブ メディケイティッド」発売に伴い、2012年9月で製造終了。
マイクロバブ【医薬部外品】
粉末タイプの入浴剤。なお、「バブ」に比べて非常に細かい泡なので、大きな泡がたたず雲のようにもくもくと広がるが、指で肌になでると細かい泡が発生する。香りは「ベルガモットジンジャーの香り」、「ゼラニウムグリーンの香り」、「ローズ&ネロリの香り」の3種類が発売されていた。2015年9月製造終了。
バブ ミルキー ホワイトローズの香り【医薬部外品】
錠剤タイプの入浴剤。乳白色の湯(にごり湯)で、保湿成分(ヒアルロン酸[9]アロエエキス)を配合している。「バブ うるおいプラス」の発売に伴い、2016年8月製造終了。
バブチーノ【医薬部外品】
粉末・にごりタイプの入浴剤。香りは「ホワイトローズの香り」と「ミルキーラベンダーの香り」の2種類。2016年9月製造終了。
バブ メディケイティッド【医薬部外品】
炭酸が高濃度配合された70gのビッグサイズの錠剤。2012年9月で製造を終了した「バブ 濃厚炭酸湯」の後継製品であった。種類は「柑橘の香り」、「森林の香り」、「花果実の香り」、メントールも高配合された「冷涼クール」の4種類があった。「バブ メディキュア」発売に伴い、2018年9月製造終了。
バブ 和漢ごこち【医薬部外品】
芒硝(硫酸ナトリウム)や、うるおい成分として、和漢成分のジンジャーエキス、オウバクエキス、米胚芽油と「モイストオイル(トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、イソステアリン酸イソステアリル、パルミチン酸イソプロピル)」を配合したもの。香りは「月桂樹の香り」と「月見草の香り」の2種類。2018年9月製造終了。
バブ爽快シャワー マイルドクール アクアミントの香り
「爽快バブシャワー クール ハッカの香り」から改名。冷感タイプのシャワーで流すボディローション。2017年3月製造終了。
バブ 6種類の香りお楽しみBOX【医薬部外品】
20錠入りにラインナップされている「ゆずの香り」・「森の香り」・「ラベンダーの香り」に加え、「ナイトアロマ」に封入されている「ローズハーモニーの香り」と「ロマンティックジャスミンの香り」、「ピースフルハーブ」に封入されている「ユーカリの香り」の6種類を詰め合わせ、「バブ」で初めてとなる大容量の48錠入り(6種類各8錠)としている。ホームセンターやECサイトなどの一部販売店限定で、花王の製品情報サイトには掲載されていなかった。20錠入りのリニューアルに伴い、「厳選4種類の香りセレクトBOX」へ継承。
シャワータイムバブ リラックスアロマ
バスルーム用 カップに入れる香りのタブレット(芳香剤)。専用カップに約40℃のシャワーの湯と香りのタブレットを入れて使用する。香りは約30分持続。香りは「贅沢なローズの香り」と「くつろぎハーブの香り」の2種類があり、それぞれに香りのタブレット3錠+専用カップつきと香りのタブレット5錠の2タイプをラインナップしていたが、香りのタブレット5錠は専用カップがある方に向けた補充用であるため、初めて使う場合は香りのタブレット3錠+専用カップつきを購入する必要があった。本製品は前述の「シャワータイムバブ らくらくジェル」同様、当初は2011年5月を予定していたが、諸般の都合により約4ヶ月遅れの発売となった。また、入浴剤の「バブ」と混同しやすいことから、パッケージ正面下に「入浴剤ではありません」の注意書きが記されていた。2014年3月製造終了。
シャワータイムバブ さらっと素肌ローション
シャワーで流すボディローション。風呂上がりの直前によく振ってから使用する。高持続性さらさらパウダー配合。香りは「フルーティローズの香り」と「マンダリンシトラスの香り」の2種類。「爽快バブシャワー(現在の「バブ爽快シャワー」)」とは異なり、香りとサラサラ感を重視した製品であった。2014年3月製造終了。
シャワータイムバブ らくらくジェル
マッサージジェル。体を洗浄後、濡れた状態で使用する。ローズの香りの「肌感すっきりタイプ」とシトラスハーブの香りの「肌感とてもすっきりタイプ」の2種類があった。なお、当初は2011年5月を予定していたが、諸般の都合により約1ヶ月遅れの発売となった。2015年3月製造終了。
シャワータイムバブ らくらくマッサージャー
お風呂で使用するマッサージ器具。しなやかに形を変える柔らかい素材に6mmのイボイボ突起を配している。前述の「らくらくジェル」とセットで使用する。カラーはピンクとグリーンの2色。2015年3月製造終了。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 花王 製品Q&A「バブ」シリーズの入浴剤から炭酸ガスがでるしくみは?
  2. ^ 花王 バブ よくあるご質問(2016年3月12日閲覧)
  3. ^ 20錠入り8アイテム(ゆずの香り・森の香り・ひのきの香り・ラベンダーの香り・ミルキー ホワイトローズの香り・万葉風土記・ふるさと花日記・ローズガーデン)と6錠入り2アイテム(古都の散策S・ミルキーセレクションS)の全10アイテム
  4. ^ 「バブミルキー」、「バブクール」を含む
  5. ^ 2008年9月のリニューアルに伴い、45gから40gに変更
  6. ^ 2009年4月のリニューアルに伴い、45gから40gに変更
  7. ^ 消費者とのつながり CSRレポート2006|花王株式会社 (PDF)
  8. ^ 2009年9月のリニューアルに伴い、75gから70gに変更
  9. ^ 2008年9月のリニューアルで発売当初から配合されていたスクワランに替わって配合

外部リンク[編集]