シロツメクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シロツメクサ
シロツメクサ.jpg
シロツメクサ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: シャジクソウ属 Trifolium
亜属 : Trifolium
: Trifoliastrum
: シロツメクサ T. repens
学名
Trifolium repens L.
英名
White clover

シロツメクサ(白詰草、学名:Trifolium repens)はマメ科シャジクソウ属多年草。別名、シロクローバー[1]

特徴[編集]

原産地はヨーロッパ[2]。現在、日本各地に帰化して自生する。人里・田畑から市街地まで幅広い環境に適応しているが、特に空き地や田畑まわり、芝生やグラウンドに多く生える[3]

匍匐茎および種子で殖える。茎は地面近くを這い、節から根を出して繁茂する[4]。葉は柔らかいが、踏みつけや刈り取りには強く、すみやかに再生してくる[5]。この性質により、雑草防止、土壌浸食防止[6]等に利用されることもある(後述)。

葉は長い柄を備え、立ち上がる。その先端に卵形または心臓形の3枚の小葉が付く(複葉)。小葉の両面に毛はなく[7]、上面には斑紋がある。時に4枚以上の小葉が付くことがある(「小葉の数は2 - 18枚」とする文献もある[8])。特に4小葉のものは「四つ葉のクローバー」として珍重される[5]。昼間は小葉を開き、夜間はV字状に閉じる(就眠運動)[9][10]

花は白色、またはわずかに桃色を帯びる。花茎(葉の柄よりやや長い)の途中に葉はない。萼裂片はそれぞれ長さが異なるが、いずれも萼筒と同程度かやや短い[4]。花期は春から夏[7]。10個から80個の花が集まって花茎の先端で球状をなす[1]

近縁種にモモイロシロツメクサ(モモイロツメクサ Trifolium repens f. roseum)、ムラサキツメクサ(アカツメクサ Trifolium pratense)、ベニバナツメクサ (Trifolium incarnatum)、タチオランダゲンゲ (Trifolium hybridum)、ツメクサダマシ (Trifolium fragiferum) などがある[11]

三つ葉以上のクローバー[編集]

ごく稀に五つ葉以上のクローバーも見つかる

前述のように、四つ葉のものが見つかることがある。さらに五葉、六つ葉、七つ葉[12]、八つ葉[13]なども例は少ないながら確認されている。

小原繁男[編集]

小原繁男(1925年頃 - 2010年5月)は、岩手県花巻市矢沢在住の農業兼クローバー研究者。2009年5月10日、56枚葉のクローバーを発見し、ギネス世界記録に認定された[14]

2002年5月25日、鉢植え中に18枚葉のクローバーを発見、ギネスブックに登録される[15]

2008年には小原とその家族によって21枚葉や27枚葉のものが発見される。が、より多くの小葉を持つものがあると予測し、ギネスブックへの記録申請を見送った。小原は2009年5月3日に33枚葉のクローバーを発見し、ギネス認定に向け更新申請の準備を行っていたところ、1週間後の5月10日には56枚葉のクローバーを発見した[16]

2010年5月、がんにより死去。

人との関わり[編集]

漢字表記は「白詰草」。幕末、オランダから長崎に輸入されたガラス器を衝撃から守るため、乾燥したクローバーを緩衝材として使用していた。そこでクローバー全体を指す名称として「詰草」という日本語が生まれた。本種は白い花をつけることから白詰草と呼ばれる[17][18]

明治以降、あらためて牧草として導入されたが、繁殖力が旺盛なため全国各地に分布を広げた[19]。1938年の文献で、「日本國中至る處」繁殖しているという記述を確認できる[20]。地上部はタンパク質やミネラルに富み、イネ科牧草と混播の上利用される。葉の大きさによってラジノ型(大葉型)、コモン型(中葉型)、ワイルド型(小葉型)の3群に大別される[21]

根粒菌の作用により窒素を固定することから、地力が向上する植物として緑化資材にも用いられている[22]。ただし、芝生を台無しにするので一部園芸家は嫌悪する[4]

芝草や果樹園の下草、法面などの保護(法面緑化工)にも利用される[1]。その他、花の首飾りや花冠など、草遊びの材料として利用される[19]

濃厚な蜂蜜が得られる[3]。また、若葉は食用になる。橋本郁三によると、塩茹でして葉柄が柔らかくなったら冷水で手早く冷まし、胡麻和え・辛子和え・甘酢などでいただくのが良い。花はフライ・てんぷらにする[23]

聖パトリックが3枚の小葉を「信・望・愛」[24]にたとえ、4枚目の小葉を幸福と説いたと言われている。本種の花言葉は「幸福」であるが、それはこの言い伝えに由来する[25]。五つ葉のものは金運、六つ葉のものは地位や名声を手に入れる幸運、七つ葉のものは九死に一生を得る幸運を表す[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『世界大百科事典』14、平凡社、2014年12月1日、204頁。
  2. ^ 久志博信『「山野草の名前」1000がよくわかる図鑑』主婦と生活社、2010年、20頁。ISBN 978-4-391-13849-8
  3. ^ a b 高村忠彦『色・大きさ・開花順で引ける季節の野草・山草図鑑』日本文芸社、2005年、87頁。ISBN 4-537-20367-6
  4. ^ a b c 森昭彦 (2020年9月10日) (日本語). 帰化&外来植物見分け方マニュアル950種 (電子書籍). 秀和システム.  p.234
  5. ^ a b シロツメクサ”. had0.big.ous.ac.jp. 岡山理科大学生物地球学部旧植物生態研究室. 2021年4月11日閲覧。
  6. ^ 亀田龍吉『雑草の呼び名事典』世界文化社、2012年2月20日、10頁。ISBN 978-4-418-12400-8
  7. ^ a b 牧野富太郎『原色牧野植物大圖鑑』北隆館、1986年10月30日、242頁。ISBN 4-8326-0001-X
  8. ^ 岩槻秀明『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本』秀和システム、2006年11月5日、353頁。ISBN 4-7980-1485-0
  9. ^ カタバミなどは逆V字状に閉じる
  10. ^ 鈴木昌友、丸山友一、長岡勝典「葉の開閉運動の教材化」『茨城大学教育実践研究』第13号、茨城大学教育学部附属教育実践研究指導センター、1994年、 18-19頁、 ISSN 1348-5792
  11. ^ a b 『世界大百科事典』8、平凡社、2014年12月1日、改訂新版第6刷、343頁。
  12. ^ ラッキーセブンだ、大喜び 七つ葉クローバー!”. kyoto-np.co.jp (2008年4月25日). 2008年6月1日閲覧。
  13. ^ 幸せも2倍 八つ葉のクローバー発見” (2008年4月23日). 2008年4月25日閲覧。
  14. ^ 56枚葉のクローバー、ギネス認定”. yomiuri.co.jp (2010年9月20日). 2010年9月20日閲覧。
  15. ^ Clover - Most Leaves”. guinnessworldrecords.com. 2006年10月24日閲覧。
  16. ^ 研究家も「たまげた!」岩手で56枚葉のクローバー発見”. yomiuri.co.jp (2009年5月10日). 2009年5月13日閲覧。
  17. ^ 吉本由美『みちくさの名前。 雑草図鑑』NHK出版、2011年4月15日、88-89頁。ISBN 978-4-14-040252-8
  18. ^ 山下景子『花の日本語』幻冬舎、2007年3月25日、19頁。ISBN 978-4-344-01297-4
  19. ^ a b 伊藤松雄 (2003年) (日本語). 里の植物観察記 (電子書籍). 春風社.. ISBN 9784921146764  p.59-60
  20. ^ 『保土ケ谷区郷土史』下巻、保土ケ谷区郷土史刊行委員部、保土ケ谷区郷土史刊行委員部、1938年、1887-1888頁。doi:10.11501/1258049
  21. ^ 飼料作物の主な草種と特徴”. nlbc.go.jp. 独立行政法人家畜改良センター (2017年5月25日). 2021年4月11日閲覧。
  22. ^ 遠藤明、加藤千尋、佐々木長市、伊藤大雄「施肥 ・無施肥リンゴ園土壌の無機態窒素の浸透流出挙動」『農業農村工学会論文集』第82巻第6号、2014年、 423-431頁、 doi:10.11408/jsidre.82.423
  23. ^ 橋本郁三『食べられる野生植物大事典―草本・木本・シダ』柏書房、2003年7月15日、201頁。ISBN 4-7601-2389-X
  24. ^ 「コリント人への手紙 第一」『聖書 新改訳』日本聖書刊行会、1994年4月20日、308頁。ISBN 4-264-01118-3。「(13:13)いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。」
  25. ^ 稲垣栄洋 (2017-07-28). 怖くて眠れなくなる植物学. PHPエディターズ・グループ. p. 142. ISBN 978-4-569-83664-5 

関連項目[編集]