ツヴァイゲルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツヴァイゲルト
ブドウ (Vitis)
Traubenwelke Zweigelt.JPG
萎縮の兆しを見せるツヴァイゲルト
Vitis vinifera
別名 ツヴァイゲルトレーベ、ブラウアー・ツヴァイゲルト、ロートブルガー
原産地 オーストリア クロスターノイブルク
元の系統 サン・ローラン & ブラウフレンキッシュ
主な産地 オーストリア
ハンガリーのツヴァイゲルトのワイン

ツヴァイゲルト1922年オーストリアクロスターノイブルクブドウ栽培学および果実学連邦工科大学において、フリッツ・ツヴァイゲルト英語版によって、赤ワイン用のブドウ品種として開発された。この品種は、サン・ローラン & ブラウフレンキッシュ交配によって生まれた。現在では、オーストリアで最も広く栽培されている赤ブドウ品種であり、カナダ葡萄園でも時折見られる。2008年、オーストリアのブドウ農場は6,512ヘクタール (16,090エーカー)に達し、オーストリアの代表的な赤ワインの品種の一つとして2000年代に拡大した[1]

栽培地域[編集]

オーストリアで広く栽培されているツヴァイゲルトのブドウは、ハンガリーで限定的に栽培されたものがカナダのワイン生産地域であるオンタリオ州ナイアガラ半島やブリティッシュコロンビア州に進出している。チェコにおいては、"ツヴァイゲルトレーベ"として知られており、3番目に広く栽培されている赤ブドウ品種で、総ブドウ農場面積の約4.7%を占める[2]スロバキアではほとんどの生産地域で栽培されている。2010年現在、新たに設立されたベルギーポーランドの葡萄園でもまたツヴァイゲルトの栽培を始めた。2014年現在、アメリカワシントン州では、Wilridge WineryおよびPerennial Vintnersを含むいくつかの小規模な作付け(数エーカー程度)が行われている。

日本での栽培地域[編集]

日本では2016年 (平成28年)の国税庁統計で243tのツヴァイゲルトが収穫されており、全ワイン用ブドウ品種生産量の1.1%を占め、赤ワイン用の全赤ブドウ品種の中で第10位の生産量。そのうち201tが北海道での生産で、北海道での赤ブドウ品種では第2位の生産量である[3]

別名[編集]

ツヴァイゲルトは、ロートブルガー "Rotburger" (ロートベルグ "Rotberger" と混同しないよう注意)、ツヴァイゲルトレーベ、ブラウアー・ツヴァイゲルトとも呼ばれている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Österreich Wein: Dokumentation 2009 - Aufbau Weinland Österreich - Teil 1[リンク切れ], p. 40, accessed on November 9, 2009 (ドイツ語)
  2. ^ Wine of Czech Republic [1]; see chart at Archived copy”. 2008年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月1日閲覧。
  3. ^ 国内製造ワインの概況(平成28年度調査分)