ネオマスカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ネオマスカットは、日本で開発された黄緑色のブドウである。甲州三尺とマスカット・オブ・アレキサンドリアを交配してつくられた。

岡山県上道郡浮田村(現在の岡山市東区草ケ部)の広田盛正によって開発され、1932年に命名された。粒の大きさは10グラム前後、マスカット・オブ・アレキサンドリアに似た風味と香りが特徴で、1950年ごろから山梨県を中心に栽培が広まった[1]

温室栽培が必須のマスカット・オブ・アレキサンドリアと異なり、露地栽培できる。2010年での日本の生産面積は73.1ヘクタールであり、うち、山梨県36.0ヘクタール、岡山県16.0ヘクタール、新潟県9.0ヘクタールであった[2]

広田の出身地では、功績を讃えた顕彰碑が1971年昭和46年)に建立された[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本くだもの農協
  2. ^ 平成22年産特産果樹生産動態等調査 農林水産省
  3. ^ くさかべ大池公園だより&ふるさと再発見 20101001台27号 おおいけ くさかべ大池公園愛護委員会