ルビーロマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルビーロマンは、ブドウ栽培品種の一つ。果皮が赤く、果粒は短楕円形で大粒の早生種である。生産地は石川県

概要[編集]

石川県が開発し2007年(平成19年)に品種登録された[1]。石川県が戦略作物として地域ブランド化に取り組んでいるが出荷量が少ないことが課題とされている[2]

新品種の開発と実用化[編集]

ルビーロマンを開発した砂丘地農業試験場がある内灘砂丘

石川県は能登地方南部から加賀地方にかけて日本海に沿って長い砂浜海岸が発達している。このため砂丘特産の農産物であるスイカダイコンカキ、ブドウなどの生産が盛んである[3]。ブドウ栽培ではデラウェアなどの小粒品種が2004年(平成16年)で73%を占めており、巨峰などの大粒品種は少ない。これは石川県の夏季の温暖な気候により大粒品種では果粒の破裂や色付き不良などを起こしやすいためであるとされる。しかし、消費者は食べやすく、より高級感のある大粒なブドウを好む傾向が強まっているとして、ブドウ栽培農家から要望を受けた石川県が品質と栽培性ともに優れた赤色大粒品種の開発に取り組むこととなった[4]

開発に当たった石川県農業総合研究センターの砂丘地農業試験場かほく市)では、1995年(平成7年)に黒色大粒品種の「藤みのり」の自然交雑種子約400粒を播種し、このうち40個の苗を圃場に定植。1997年(平成9年)から生育状態や果実の品質をもとに選抜を開始し、2002年(平成14年)に果皮が赤色で食味が有望な1個体(ブドウ石川1号)が選ばれた[4][1]。ブドウ石川1号は、その後の試験で、短楕円形の果粒の重さは平均21.6gと「藤みのり」や「安芸クイーン」の約1.5倍になること、果皮は鮮やかな赤色で、はがれやすく、果肉は白色で軟らかであること、果汁の糖度は20%前後で「藤みのり」より高く、酸味は少ないこと、収穫は雨よけ施設栽培で8月下旬から9月中旬、密閉施設栽培で8月の旧盆前後に可能であることなどが分かった[4]。これらの結果を踏まえ、2005年(平成17年)3月に種苗法に基づく品種登録の申請がされ、2007年(平成19年)3月に新たな品種として登録された[1][4]2005年(平成17年)からは石川県内5地域で現地実証試験が始められ[5]、砂丘地農業試験場では人工授粉、摘粒・摘房、土壌改良、水分管理など安定栽培技術を確立するための研究が行われた[6]

地域ブランド化の取組[編集]

ブドウ石川1号は品種登録に先立ち2004年(平成16年)に公募でルビーロマンと命名された。石川県はルビーロマンの地域ブランド化を目指して2005年(平成17年)に戦略作物に選定し[1]、栽培農家との間で有償無償を問わず第三者に苗を譲渡しないとの誓約書を交わすなど苗木の流出を防ぐ[7]とともに、2007年(平成19年)には首都圏での販売戦略を総括するブランド食材プロデューサーを民間から起用した[8]

ルビーロマンは、房の重さ(出荷初年度の2008年(平成20年)は一房450g以上、2年目からは一房350g以上)、一粒当たりの重さ(20g以上)、糖度(18度以上)、色などの出荷基準が定められており、規格外品は販売することができない[9][10]。規格は、秀、秀G、特秀、特秀G、プレミアムの5段階で、最上級のプレミアムは一房が約700g以上、一粒当たりの重さが約30g以上とされている。「G」は秀と特秀の房のうち一粒当たりの重さがプレミアムと同じ約30g以上のものに付される[11]

また品質保証の取組として、出荷箱に生産地と生産者が記入されたシールが貼られるほか、房には基準に合格したことを示す認証シールが貼られ、品質検査を行ったJAの検査員名の印が押された認証タグが取り付けられることとされている[12]。ブランドイメージを表すロゴ商標登録されている[10]

2008年(平成20年)に金沢市中央卸売市場で行われた初競りでは最高値が一房10万円となった[13]。以後各年の初競りでの最高値(一房)は、2009年(平成21年)21万円[14]2010年(平成22年)20万円[15]2011年(平成23年)50万円[16]であり、平均落札価格は2011年(平成23年)で一房6,110円と総じて高値で取引されている[2]

一方、出荷量は2011年(平成23年)で8,522房と少なく、栽培技術の向上や作付面積の拡大が求められている[2]。また規格外品の有効活用が課題とされる。2010年(平成22年)からはブランドイメージを損なわない有効活用策として加工品認証制度が設けられ、2011年(平成23年)に洋菓子など5商品が選定されている[17]

生産地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「ルビーロマンの概要」石川県
  2. ^ a b c 「ルビーロマン4年目 ブランド定着へ一歩ずつ」『北國新聞』2011年10月20日
  3. ^ 「いしかわの食と農業・農村ビジョン(2006年)」石川県 (PDF)
  4. ^ a b c d 嶋雅康、田村茂之、稲部善博、野畠重典、高山典雄『ブドウ新品種'ルビーロマン'』2006年 石川県農業総合研究センター研究報告 (PDF)
  5. ^ 嶋雅康『'ルビーロマン'の品種特性』(石川県農業総合研究センター) (PDF)
  6. ^ 本多梨紗、嶋雅康、玉村壮太『「ルビーロマン」の安定栽培技術』(石川県農業総合研究センター砂丘地農業試験場) (PDF)
  7. ^ 「ルビーロマン ブランド守れ 苗木流出阻止へ農家と誓約書」『北國新聞』2007年7月3日
  8. ^ 「食材プロデューサー配置 「日本一」大粒ブドウ・ルビーロマン 首都圏に照準」『北國新聞』2007年2月14日
  9. ^ 「新品種ブドウ「ルビーロマン」初出荷 小松の集出荷場」『北國新聞』2008年8月21日
  10. ^ a b 「来月中旬に初出荷 ルビーロマン生産者が大会」『北國新聞』2009年6月26日
  11. ^ 「ルビーロマンに新規格、大粒はGマーク 生産量、昨年の3倍に」『北國新聞』2010年6月24日
  12. ^ 「品質」ルビーロマン倶楽部
  13. ^ 「最高値、1房10万円 金沢市で初競り 「ルビーロマン」デビュー」『北國新聞』2008年8月8日
  14. ^ 「ルビーロマン、21万円 金沢市中央卸売市場で初競り 流通2年目、好発進」『北國新聞』2009年7月14日
  15. ^ 「ルビーロマン初競り 金沢産いい出来 20万円の輝き」『北國新聞』2010年7月29日
  16. ^ 「ルビーロマン1房50万円 金沢市で初競り、1粒2万円」『北國新聞』2011年7月29日
  17. ^ 「5商品に初の認証 ルビーロマン加工品」『北國新聞』2011年11月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]