シラー (ブドウ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シラー

シラー(Syrah)は、フランスコート・デュ・ローヌ地方を原産地とする赤ワインブドウ品種である。

特徴[編集]

ローヌ地方は、ボルドーブルゴーニュと並び、フランスワインの御三家の一つである。ローヌ地方の中でも高級なワインを多く生産している北部地方で主として栽培されているのが、シラー種である。

南フランスの焼け付くような強い日差しを浴びて作られるワインは、チョコレートのような、あるいはゴムが少し焦げたような甘く香ばしい香りを持つ。色は濃赤色で、アルコール度数の高い、男性的な力強さとこくのあるワインになる。

産地[編集]

フランス国内では、ほかに、ローヌ地方と気候が似ているラングドック=ルシヨン地域圏セパージュワインが生産されている。

フランス以外のヨーロッパ、アルゼンチンアルゼンチンワイン)、チリチリワイン)、ウルグアイアメリカ合衆国などでも栽培されているが、特にオーストラリアオーストラリアワイン)でこの品種が多く栽培されている。オーストラリアでは、Shiraz(シラーズ)と呼ばれる。シラーズ種のセパージュワインもあるが、カベルネ・ソーヴィニョン種とブレンドされ、日本では「シラカベ」と通称されるワインとして作られることが多い。

イランシーラーズという町でもこの種のワインが生産されており、元々イラン原産で後にローヌに持ち込まれたという説があるが、詳細には諸説ある。

関連項目[編集]