ボジョレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランス中央高地の地図。赤い線内がボジョレーの位置

ボジョレー: Beaujolais)は、フランス南東部・リヨンの北に位置する土地で、特にワインの産地として知られる。ローヌ県の北、ソーヌ=エ=ロワール県の南となる。フランス革命以前、ボジョレーは単独のであった。

"Beaujolais" という地名は、かつてのこの地方の中心地であった "Beaujeu"(ボジュー)に由来する。現在の中心地はヴィルフランシュ=シュル=ソーヌである。

名称[編集]

フランス語発音の国際音声記号[boʒɔlε][1]であり「ボジョレ」と発音するのが基本であるが、フランス語では長母音短母音を区別しないため[2]、前後に来る単語との関係から「ボジョレー」「ボージョレ」「ボージョレー」とも発音する。イギリス英語では[ˈbəʊʒəleɪ]ウジョレイ)、アメリカ英語では[ˌboʊʒəˈleɪ](ボウジョイ)と発音する[3]

日本語では、ボジョレボジョレーボージョレボージョレーとの表記がみられる[4][5]。ただしマスメディアにおいては、商品名を紹介する場合はその表記を優先するものの、それ以外では新聞各紙が「ボージョレ」、テレビ各局が「ボジョレー」に統一しているようである[4]

地理[編集]

ボジョレーの代表的コミューン
サン・リゴー山

ボジョレーは中央高地の北東部、丘陵地域である。東部がソーヌ川谷に接し、西がロワール川谷に接する。ボジョレーの標高最高地点は、1009mのサン・リゴー山である。

歴史[編集]

1898年、ボジョレー出身の教師、クローディウス・サヴォワイエが先史時代のボジョレーに関する本を執筆した。

ボジョレーは、9世紀にはリヨネーおよびフォレ伯爵ギヨーム(900年没)が治める男爵領であった。彼が死ぬと男爵領は息子のベラールが継承し、ベラールは初めてのボージュー卿 (sire de Beaujeu) となった。この家系はギシャール5世の死んだ1265年に断絶した。

ギシャール5世の女子相続人イザボーは、フォレ伯爵ルノーと結婚し、彼らの子孫が第2期のボージュー卿家となった。ボージュー男爵領は1400年、エドゥアール2世・ド・ボージューと甥ルイ2世・ド・ブルボンの取り決めによってブルボン家のものとなった。ルイ2世の子孫ピエール2世はフランス王女アンヌ・ド・フランスと結婚し、彼女はボージューの貴婦人 (Dame de Beaujou) と呼ばれた。

1522年、ボジョレーはシャルル3世・ド・ブルボンから没収され、フランソワ1世の母ルイーズ・ド・サヴォワに与えられた。1531年に王領とされ、1560年にフランソワ2世によってモンパンシエ公ルイ3世・ド・ブルボン=ヴァンドーム に与えられた。後にルイ3世の曾孫でモンパンシエ公家の女子相続人であったマリールイ13世の弟ガストン・ドルレアンのもとへ1626年に嫁ぐ際、ボジョレーは彼女の持参金の一部となった。マリーは一女アンヌ・マリー(別名のグランド・マドモワゼルの名で知られる)を遺して急逝した。子のなかったアンヌ・マリーは、ルイ14世の弟フィリップ1世にボジョレーを遺贈した。

ボジョレーはのちにオルレアン家の持つ儀礼称号(ボジョレー伯)に取り立てられた。ボジョレー伯の称号を持っていた最後の王族は、フランス王ルイ・フィリップの実弟で1808年に独身のまま死んだルイ・シャルル・ドルレアン (fr) である。

経済[編集]

コニファーを中心とした林業、テキスタイル産業が上げられるが、真っ先にワイン生産地域であることが上げられる。
この地方特産のワインについては、ボジョレーワインを参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]