ピエール2世 (ブルボン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール2世
Pierre II
ブルボン公
Meister von Moulins 005.jpg
ピエール2世(ジャン・エイ作, ムーラン大聖堂)
出生 (1438-12-01) 1438年12月1日
死去 (1503-10-10) 1503年10月10日(64歳没)
配偶者 アンヌ・ド・ボージュー
子女 シャルル
シュザンヌ
父親 ブルボン公シャルル1世
母親 アニェス・ド・ブルゴーニュ
テンプレートを表示

ピエール2世(Pierre II, 1438年12月1日 - 1503年10月10日)は、ブルボン公1488年 - 1503年)。ヴァロワ朝期のブルボン家の人物で、父はブルボン公シャルル1世、母はブルゴーニュジャン無畏公の娘アニェス

生涯[編集]

1473年フランスルイ11世の12歳の娘アンヌと結婚した。1483年にルイ11世が死去し、アンヌの弟シャルル8世が13歳で即位すると、妻と共に摂政を務めた。

1488年に長兄ジャン2世が子供なしに死去し、リヨン大司教であった三兄シャルル2世が後を継いだものの同年に死去したため、ピエール2世がブルボン公となり所領を相続した。

アンヌとの間に1男1女をもうけた。

唯一の男子シャルルが早世したため、1503年にピエール2世が死去すると娘シュザンヌが相続人となった。2年後の1505年にシュザンヌはブルボン家傍系のシャルル・ド・ブルボン=モンパンシエと結婚し、公位が継承された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
シャルル2世
ブルボン公
1488年 - 1503年
次代:
シュザンヌ
シャルル3世