ヴェルメンティーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴェルメンティーノ
ブドウ (Vitis)
Rolle (Vermentino).jpg
ヴェルメンティーノの果房
ヨーロッパブドウ
別名 別名節を参照
原産地 イタリアの旗 イタリア
主なワイン

DOCG ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ

パトリモニオ AOC
VIVC番号 12989

ヴェルメンティーノ (Vermentino) は果皮の色の薄いワイン用ブドウ品種であり、おもにイタリアワインでみられる。サルデーニャ島およびリグーリア州で広汎に栽培されており、ピガート (Pigato) の名はおもにリグーリアとコルシカ島の一部で用いられているほか、ピエモンテ州ではファヴォリタ (Favorita) の名称で知られ、ラングドック=ルシヨンでも生産が増加している[1]。葉は深緑色の五角形である。果実は琥珀のような黄色で錐状の果房を成す。このブドウの樹は、より強い反射光の恩恵を受けることができる海に面した傾斜地でよく栽培されている。ブドウ国際品種目録英語版 (VIVC) では現在、この品種の原産地はイタリアとされている[2]

ヴェルメンティーノで作られるワインでもっとも有名なものは、おそらくサルデーニャ島北部のオルビア=テンピオ県で生産されているDOCG ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ (Vermentino di Gallura) とヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ・スペリオーレ (Vermentino di Gallura Speriore) だろう。ガッルーラのこの地区では、ヴェルメンティーノは14世紀からしばしばアラテラウ (Arratelau) の名で栽培されてきたという[3]。同島の他地域では、このブドウは甘口やスパークリングなど、さまざまな種類のワインに使用されている。

発祥[編集]

ヴェルメンティーノの発祥については諸説あり、ようやく近年になってからDNA型鑑定によってそれまでの仮説を覆しヴェルメンティーノがリグーリア州のピガート (Pigato) およびピエモンテ州ファヴォリタ英語版 (Favorita) と同一種であることが確認された。プロヴァンス地方東部、ニース周辺の品種であるロッロイタリア語版 (Rollo) とも同一種であるかは明らかになっていない。同地域ではこの品種とヴェルメンティーノは両方ともロール (Rolle) という別名で通っている[1][2][4]

生産地域およびワイン[編集]

コッリ・ディ・ルーニDOCのヴェルメンティーノのワイン

イタリアのD.O.C.認定ワインとなっているものは以下の通りである:

フランスのAOCワインとなっているものは以下の通りである:

  • パトリモニオ (Patrimonio) :コルシカ島北部のサン=フロラン湾に位置し、島内で初のAOCを獲得した (1968年) 。白ワインはヴェルメンティーノ100%である。
  • コート・デュ・ルシヨン (Côtes du Roussillon) など、ラングドック=ルシヨンにおいては、近年ヴェルメンティーノの使用が許可されたAOCワインが数多くある[1]
  • ベレ (Bellet) :プロヴァンスのニース近辺では白ワインにこのブドウが使用される。

このブドウはスペインでもアンダルシア州ウエルバ県[5]グラナダ県[6]アルメリア県[7]で少量ながら栽培されている。

アメリカ合衆国では、カリフォルニア州、バージニア州、ノースカロライナ州での栽培がみられる:

  • カリフォルニア州においてヴェルメンティーノを栽培・醸造しているのは、アデレーダ・ディストリクトAVA (Adelaida District AVA) のタブラス・クリーク・ヴィンヤード[8]およびサンタイネス・バレーAVA (Santa Ynez Valley AVA) のブリック・バーン・ワイン・エステート [9]、 ロス・カーネロスAVA (Los Carneros AVA) のマホニー・ヴィンヤード[10]などである。
  • ノースカロライナ州で栽培・醸造しているのは、スワン・クリークAVA (Swan Creek AVA)のラッファルディーニ・ヴィンヤード[11]などである。

オーストラリアでは、ヴェルメンティーノはヨーロッパの産地と同じく海岸に面した南オーストラリア州のマクラーレン・ヴァレー[12][13]や、イタリア系農場主がタバコに代わる産業として1970年代からブドウ栽培を始めた[14]ビクトリア州のキング・ヴァレーで生産が盛んである[15]

別名および他品種との混同[編集]

ヴェルメンティーノは以下の別名でも知られている[2]

アゴステンガ (Agostenga) 、アゴステンガ・ブラン (Agostenga blanc) 、ブルスティアーノ (Brustiano) 、ブルスティアーノ・ディ・コルシカ (Brustiano di Corsica) 、カルブ (Carbes) 、カルベッソ (Carbesso) 、ファヴォリタ (Favorita) 、ファヴォリタ・ビアンカ (Favorita bianca) 、ファヴォリタ・ビアンカ・ディ・コネリアーノ (Favorita Bianca di Conegliano) 、ファヴォリタ・ダルバ (Favorita d'Alba) 、ファヴォリタ・ディ・アルバ (Favorita di Alba) 、ファヴォリタ・ディ・コネリアーノ (Favorita di Conegliano) 、フォルメンティーノ (Formentino) 、フォルマンタン (Fourmentin) 、ガルベッソ (Garbesso) 、グロス・クラレット (Grosse Clarette) 、マルヴァジア・ア・ボニファシオ (Malvasia a Bonifacio) 、マルヴァジア・グロッサ (Malvasia Grossa) 、マルヴァジエ (Malvasie) 、マルヴォワジー (Malvoisie) 、マルヴォワジー・ア・グロ・グラン (Malvoisie à Gros Grains) 、マルヴォワジー・コルス (Malvoisie Corse) 、マルヴォワジー・ド・コルス (Malvoisie de Corse) 、マルヴォワジー・プレコス・デスパーニュ (Malvoisie Précoce d'Espagne) 、ピッカボン (Piccabon) 、ピガ (Piga) 、ピガート (Pigato) 、ロール (Rolle) 、ロッセーゼ (Rossese) 、シビルコウスキ (Sibirkovski) 、ウヴァ・サパイオラ (Uva Sapaiola) 、ウヴァ・ヴェルメンティーノ (Uva Vermentino) 、ヴァランタン (Valentin) 、ヴァルレンティン (Varlentin) 、ヴァレザーナ・ビアンカ (Varresana bianca) 、ヴェネンティノ (Vennentino) 、ヴェルランタン (Verlantin) 、ヴェルメンティーニ (Vermentini) 、ヴェルメンティーノ・ビアンコ (Vermentino bianco) 、ヴェルメンティーノ・ピガート (Vermentino Pigato) 、ヴェルマンチヌ (Vermentinu)

ヴェルメンティーノと共通の別名をいくつか有するものの、コルシカのワイン用品種ブルスティアーノ・ビアンコ英語版はヴェルメンティーノとの類縁関係が認められていない。トスカーナ州のブドウ品種ヴェルメンティーノ・ネロ英語版は、果皮色変異体である可能性があるものの、厳密な類縁関係は未確認である[16]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Jancis Robinson, ed (2006). “Vermentino”. Oxford Companion to Wine (Third ed.). Oxford: Oxford University Press. pp. 732. ISBN 0-19-860990-6. 
  2. ^ a b c Vermentino”. Vitis International Variety Catalogue. 2018年12月25日閲覧。
  3. ^ www.comunas.it :: Comune di Monti (イタリア語)
  4. ^ Rollo”. Vitis International Variety Catalogue. 2010年1月31日閲覧。
  5. ^ Dani Gómez. “Caldos de autor con acento suizo en el corazón de un vergel citrícola y freser”. Huelva Información. 2018年12月29日閲覧。
  6. ^ Jesús Barquín y Francisco Rivas. “El otro sureste: así son los renacidos vinos de Granada”. El Mundo. 2018年12月29日閲覧。
  7. ^ Un vino blanco de la Alpujarra de Almería que mantiene la variedad Vermentino”. El Nostre Periodic. 2018年12月29日閲覧。
  8. ^ Tablas Creek Vineyard”. 2018年12月26日閲覧。
  9. ^ Brick Barn Wine Estate - Home”. 2018年12月26日閲覧。
  10. ^ 40 Years of Estate Wines”. Mahoney Vineyards. 2018年12月26日閲覧。
  11. ^ Estate Grapes”. Raffaldini Vineyards. 2018年12月29日閲覧。
  12. ^ Our Wine Region”. McLaren Vale Grape Wine Tourism Association. 2018年12月29日閲覧。
  13. ^ Q: What is Vermentino? A: Your new favourite white wine”. Wine Selectors. 2018年12月29日閲覧。
  14. ^ King Valley Wine Region”. Halliday Wine Companion. 2018年12月29日閲覧。
  15. ^ Alternative Australian varieties”. Wine Australia. 2018年12月29日閲覧。
  16. ^ J. Robinson, J. Harding and J. Vouillamoz Wine Grapes - A complete guide to 1,368 vine varieties, including their origins and flavours pgs 140-141, 1129, 1076 Allen Lane 2012 978-1-846-14446-2

外部リンク[編集]