クレレット・ブランシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クレレット・ブランシュ
ブドウ (Vitis)
Clairette.jpg
クレレット (Viala & Vermorel画)
Vitis vinifera
別名 クレレット (Clairette) その他
原産地 フランス
主な産地 プロヴァンスローヌ
クレレットのブドウの葉

クレレット・ブランシュ (Clairette blanche)は、フランスプロヴァンスローヌラングドックワイン地域で最も広く栽培されている白ワインブドウ品種である。1990年代の終わりに、量は減少しているものの、フランスで栽培されたクレレット・ブランシュは3,000 ha (7,400エーカー)であった[1]

クレレット・ブランシュは、しばしばベルモットを作るために使用された。アルコール度が高く酸度が低いワインを生産するのに適しており、収穫されたワインが時には「ゆるんだ」と記述されるような、容易に酸化する傾向があるワインを産出する。これらの問題はピクプール・ブラン英語版のような高酸性品種と混合することによって時々部分的に克服された。南ローヌ、プロヴァンス、ラングドックの多くのAOC名称に使用できる。クレレット・ド・ベルガルド英語版クレレット・デュ・ラングドッグ英語版の白ワインはクレレット・ブランシュから作られ、クレレット・ドゥ・ディ英語版スパークリングワインミュスカ・ブラン・ア・プティ・グラン英語版も含んでいる。クレレット・ブランシュは、ラングドックのブレンドされた白のヴァン・ド・ペイで頻繁に使用される[1]

クレレット・ブランシュはシャトーヌフ・デュ・パプのアペラシオンで認められた13種類のブドウ品種のうちの1つである。2004年にはアペラシオンのブドウ畑の2.5%にクレレット・ブランシュが栽培され、シャトーヌフ・デュ・パプで最も一般的な白の品種で、グルナッシュ・ブランよりもやや上である[2]

フランス外では、南アフリカでスパークリングワインが作られ、オーストラリアサルデーニャでも栽培されている。

別名[編集]

クレレット・ブランシュは以下に示す別名でも呼ばれている。

AG Cleret, AG Kleret, Blanc Laffite, Blanket, Blanquette, Blanquette De Limoux, Blanquette du Midi, Blanquette Velue, Bon Afrara, Bou Afrara, Branquete, Cibade, Clairette, Clairette d'Aspiran, Clairette De Limoux, Clairette De Trans, Clairette Pointue, Clairette Pounchoudo, Clairette verte, Clarette, Clerette, Colle Musquette, Cotticour, Feher Clairette, Feher Kleret, Gaillard blanc, Granolata, Klaretto bianko, Kleret, Kleret Belyi, Kleret de Limu, Muscade, Osianka, Ousianka, Ovsyaika, Ovsyanka, Petit blanc, Petit Kleret, Petite Clairette, Poupe De Gate, Pti Blan d'Obena, Seidentraube, Shalos Zolotistyi, Uva Gijona, Vivsianka, Vivsyanca, Vivsyanka.[3]

クレレットはまた、ブールブランユニ・ブランを含む他のブドウ品種の別名と同名で呼ばれることがある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Jancis Robinson, ed (2006). “Clairette”. Oxford Companion to Wine (Third ed.). Oxford: Oxford University Press. pp. 172. ISBN 0-19-860990-6. 
  2. ^ www.chateauneuf.dk: Grapes, accessed on June 19, 2008
  3. ^ Clarette blanche, Vitis International Variety Catalogue, accessed on June 20, 2008