ナイアガラ (ブドウ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイアガラの果実

ナイアガラは、ニューヨーク州ナイアガラで誕生した白ブドウ品種であり、コンコードキャッサデー(英語)の交雑種である。フォクシー・フレーバーが強いのが特徴である[1]。果皮と果肉との分離が容易であり、果肉は軟塊である。成熟時の果皮色は緑黄色~白黄色であり、糖度は20~21度を超える[2]

日本での栽培状況[編集]

1893年(明治26)に日本に伝わった[3]。日本での2010年のナイアガラの収穫量は785.3トンであり、用途として、生食用 300トン、醸造用 418.5トン、果汁用 59.5トンである。日本の全収穫量の95%が長野県であり、岩手県、北海道でも収穫されている[4]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 品種”. 日本ワインを愛する会. 2013年1月31日閲覧。
  2. ^ ナイアガラ”. 勝沼ネット. 2013年1月31日閲覧。
  3. ^ ぶどうのページ”. 果物ナビ. 2013年1月31日閲覧。
  4. ^ 平成22年産特産果樹生産動態等調査 農林水産省