ジャグワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栓の空いたカルロロッシのジャグワイン。瓶の中に見える黄色い物体はストロー

ジャグワインとは、アメリカ合衆国において、ガラス瓶またはジョッキに瓶詰めされた安価なテーブルワインを指す用語である。

歴史的には、ジャグワインに半一般的なラベルが貼られ、第三者に売却してラベルを貼り直すこともあれば、ワイナリーのテイスティングルームから直接、マイボトルを持参した客に販売することもあった。 [1] 禁酒法施行後の一時期、ほとんどのアメリカ人にとって、米国産ワインはジャグワインしかなかった。[2] 1960年代に入り、アメリカ人がプレミアムワインをより多く消費するようになると、ジャグワインは「エクストリーム・バリュー」(お買い得なプレミアムワイン)という評価を受けるようになった。 [3] 1980年代後半からは、消費者の要望に応えるために、ジャグワインにラベル名を表示することが多くなった。

よく知られた銘柄[編集]

カルロ・ロッシ

よく知られた銘柄としては、ガロ英語版やカルロ・ロッシ(Carlo Rossi)、アルマデン・ヴァインヤーズ英語版イングルヌックなどがある。典型的な包装形態は、750mlと1リットルのガラス瓶、ないしは3リットルと5リットルの水差しである。より最新の包装形態には、裏地付きの箱や、段ボール箱の中にプラスチックの袋を入れた「バッグ・イン・ボックス」法などがあげられる。 [1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Tara Duggan (2008年7月4日). “A jug full of tradition:Wine Country vintners serve up wines straight from the barrel”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2008/07/03/WIUK11F2OD.DTL# 
  2. ^ Bill Daley (2007年11月7日). “Jug-heads:Retro charm of big bottles still appeal to some”. Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/entertainment/dining/chi-uncork_jug_7nov07,0,7929197.column 
  3. ^ Julia Flynn Siler: The House of Mondavi: The Rise and Fall of an American Wine Dynasty, page 310. Gotham Books, 2007.