サングリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サングリア

サングリア西: sangría[注 1][注 2])は、スペインポルトガルでよく飲まれているフレーバードワインの一種。

ワインに、一口大またはスライスした果物甘味料を入れ、風味付けとしてブランデーあるいはスパイスシナモンなど)を少量加え、一晩寝かす。

日本では、酒類製造免許がないものが通常のレシピで造ると酒税法違反となる(後述)。

概要[編集]

使用する果物にはレモンリンゴバナナオレンジなどがある。甘味料としては砂糖蜂蜜あるいはオレンジジュースなどの果物ジュースを用い、風味付けとしてはラム酒の場合もある。炭酸水や水で割って飲む場合もある。

清涼感があるため夏場によく飲まれる。冷蔵庫や氷でよく冷やして、フルーツの味を馴染ませるとより一層美味しい。

スペインでは比較的日常的な場面で飲まれ、安いワインで作られることが多い。家庭などで手作りする他、ドン・シモンなど果汁飲料を造るメーカーも既製品を製造販売している。

スペイン語sangríaは「出血」「瀉血」「流出」などの意味も持つ。語源は「」を意味するサングレ(西: sangre)。

類似の飲料[編集]

スペイン北部では、桃やネクタリンを使ったスーラ(西: zurra)と呼ばれるサングリアもある。赤ワインをソーダのみで割ったティント・デ・ベラーノ西: tinto de verano)も同様に非常に好まれている。

赤ワインの代わりに白ワインを使ったものはサングリア・ブランカ(西: sangría blanca、ブランカは白という意味)と呼ばれ[注 3]、主にソーヴィニョン・ブランを用いる。

また日本では、日本酒ドライフルーツテンサイ糖、ハッカ糖で香りと甘味をつけて飲む酒類が「ぽんしゅグリア」という商品名で売られている[1]

酒税法との関係[編集]

日本では混成酒(いわゆる梅酒のような果実酒)を家庭で作る場合でも20度以上の酒に漬けることが前提となっているため、家庭用といえども醸造酒であるワイン(20度未満の酒)で作製した場合は酒税法違反となる(酒類製造免許があれば可能)[2][3]。どうしても飲みたい場合は、もうひとつの例外規定である「消費の直前において酒類と他の物品(酒類を含む。)との混和をする場合[4]」に該当するように一杯ごとに飲む直前に果物を入れる(ただし、これをサングリアといえるかどうかは別途検討が必要である)ことになる。この場合は、飲食店等が客の注文に応じて行う場合も含まれる[5]。法的には酎ハイやカクテルの提供と同じ扱いである。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ スペイン語発音: [sanˈgɾia] サングーア
  2. ^ 英語発音: [ˈsæŋɡriə] ングリア、[sæŋˈɡriːə] サングーア
  3. ^ ブルー・サングリア(: blue sangria)またはサングリア・アスール(西: sangría azul)と呼ばれる青色のアルコール飲料があるが、これはサングリア・ブランカにブルー・キュラソーなどを加えて青くしたものや、独自レシピのカクテルもあり、定型化されていない。

出典[編集]

  1. ^ 【fileいい話】日本酒にフルーツの香り(FARM8)新潟の新名産、10万本出荷日刊工業新聞』2018年11月23日(中小企業・地域経済面)2018年12月27日閲覧。
  2. ^ 自家製サングリアを作ろう!ワインに合うフルーツとは?-サッポロビール”. 2019年8月28日閲覧。
  3. ^ 消費者が自宅で梅酒を作ることに問題はありますか”. 2017年3月30日閲覧。
  4. ^ 酒税法第43条第10項
  5. ^ 酒税法施行令第50条第13項

関連項目[編集]