サン・ローラン (ブドウ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サン・ローラン
ブドウ (Vitis)
Pinot Saint Laurent.jpg
サン・ローラン (Viala & Vermorel画)
Vitis vinifera
別名 記事参照
原産地 オーストリア

サン・ローラン (St. Laurent) (時折、フランス語のSaint Laurentあるいはドイツ語のSankt Laurentで表記される)は非常に芳香の強い暗い果色のワインブドウ 品種である。サン・ローランの起源には謎が多く、ピノ・ノワールと未知の第二の親品種の交配から生まれたと信じられている[1]

サン・ローランはチェコの赤ブドウ品種の中で最も広く栽培されており、モラヴィアボヘミアに含まれる全てのワイン生産地域で栽培されている。これは全葡萄園の約9%を占めており、1,730haにもなる[2]

オーストリアでは、サン・ローランは3番目に主要な赤ブドウで、ニーダーエスターライヒ州ブルゲンラント州で栽培されている。2008年、オーストリアのブドウ農園は794ヘクタール(1,960エーカー)に達し、1990年代に若干減少した後、オーストリアの一般的な赤ワインのトレンドの一部として2000年代に拡大した[3][4]

交配の子孫品種[編集]

別名[編集]

サン・ローランには以下に示すような別名が知られている[6]

Blauer Saint Laurent, Chvartser, Laourentstraoube, Laurenzitraube, Laurenztraube, Lorentstraube, Lorenztraube, Lovrenac Crni, Lovrijenac, Lovrijenac Crni, Saint Laurent noir, Saint Lorentz, Sankt Laurent, Sankt Lorenztraube, Sant Lorentz, Schwarzer, Schwarzer Lorenztraube, Sent Laourent, Sent Lovrenka, Sentlovrenka, Shentlovrenka, Shvartser, St. Laurent, Svati Vavrinetz, Svatovavřinecké, Svatovavrinetske, Svatovavrinetzke, Svätovavrinecké, Svaty Vavrinec, Szent Lőrinc, Szent Lőrinczi, Szent Loerine, Szentlőrinc, Vavrinak

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ St. Laurent, Austria’s Rare, Red, Wine Grape Treasure”. The Wine Cellar Insider (2011年10月5日). 2017年12月17日閲覧。
  2. ^ Wine of Czech Republic: Statistics and Charts, accessed on June 30, 2011
  3. ^ Österreich Wein: St. Laurent, accessed on November 9, 2009 (ドイツ語)
  4. ^ Österreich Wein: Dokumentation 2009 - Aufbau Weinland Österreich - Teil 1, p. 40, accessed on November 9, 2009 (ドイツ語)
  5. ^ Wine of Czech Republic: Wine Varieties, accessed on June 30, 2011
  6. ^ Vitis International Variety Catalogue: Saint Laurent, accessed on November 9, 2009

参考文献[編集]