ハールシュレヴェリュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハールシュレヴェリュー
ブドウ (Vitis)
Harslevelű grape cluster.jpg
ハールシュレヴェリューのブドウ
Vitis vinifera
別名 別名の項を参照
原産地 ハンガリー
主な産地 トカイ丘陵
テンプレートを表示

ハールシュレヴェリュー (Hárslevelű) (ハンガリー)は、リボヴィナ (スロバキア)、フルンザ・デ・テイ (ルーマニア)、リンデンブラットリガー (ドイツ)およびフェイユ・ド・ティヨル (フランス)とも呼ばれるブドウ品種で、Vitis vinifera種の亜種のPontian Balcanicaに属する。

ハールシュレヴェリューの名はこれらの各言語で "ライムの葉"を意味している。このブドウはカルパチア盆地の原産で、いくつかのハンガリーワイン生産地域で栽培されているが、最も顕著に栽培されているショムロー英語版の小生産地域や、特にトカイ丘陵では、フルミントとブレンドされ、トカイ・アスー英語版や他のデザートワインが作られている。また、スロバキアの生産地域のトカイ地域(トカイはハンガリーとスロバキアにまたがっている)でも同様のワインが生産されている。単一品種のドライワインとして発酵製造されたハールシュレヴェリューは、スパイス花粉セイヨウニワトコのような強烈な香りを持つ緑から金色を帯びたフルボディで深みのあるワインを生み出す可能性を秘めている。また、ハールシュレヴェリューは南アフリカでも栽培されている。

別名[編集]

ハールシュレベリューは下記に示す別名でも呼ばれている。

Budai Goher, Feuille de Tilleul, Frunza de Tei, Frunze de Tei, Gars Levelyu, Garsh Levelyu, Garsleveliu, Garsz Levelju, Gorsh Levelyu, Hachat Lovelin, Harch Levelu, Harchlevelu, Hars Levelu, Hars Levelü, Hárs Levelű, Hars Levelyu, Harslevele, Hárslevele, Harst Leveliu, Harzevelu, Hosszúnyelű Fehér, Kerekes, Kereklevelű, Lämmerschwanz, Lämmerschwanz, Weisser, Lidenblättriger, Lindenblätrige, Lindenblättrige, Lindenblättriger, Lindenblütrige, Lindener, Lipolist, Lipolist Biyali, Lipovina, Musztafer, Nöthab, Tarpai, Tokai, Tokay, and Vörös.[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]