ネクタリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネクタリン
Nectarines summer 2006.jpg
ネクタリン
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : サクラ亜科 Prunoideae
: モモ属 Amygdalus
: モモ A. persica
変種 : ズバイモモ var. nectarina
学名
Amygdalus persica var. nectarina
和名
ズバイモモ
英名
Nectarine

ネクタリン(Nectarine、学名:Amygdalus persica var. nectarina)は、バラ科の果樹。モモの変種。和名はズバイモモ。別名でツバキモモ(椿桃)、ヒカリモモ(光桃)、アブラモモ(油桃)などとも呼ばれる。

特徴[編集]

落葉高木。果皮は紅赤色に着色し、モモのような毛がない。果皮の地色は品種により白色、黄色ともあるが、現在、日本で栽培されている品種は黄色の品種が多い。果実はモモよりも小さく、果肉は赤紅色~黄色や白色。肉質は締まっており、強い甘みと適度な酸味をもつ。果実の形態に違いはあるがモモと同種である。

日本での生産地は長野県が全体の約70%を占める。他に山梨県福島県などのモモの産地で栽培している。