藤稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤みのり

藤稔(ふじみのり)は、神奈川県藤沢市で生成されたブドウである。 父種は「ピオーネ」、母種は「井川682」である。

概要[編集]

藤沢市の長後地区にすむ青木一直が、「人々に喜ばれる葡萄」をテーマに苦難の末開発した。

当時、青木果樹園では「井川682」を栽培していたが、大粒で栽培が容易で実りやすい長所がある一方、肉質が良くなく貯蔵性も良くないという短所があった。また、「ピオーネ」は旨みがあり貯蔵性も良く、肉質や品質が良好という長所がある一方、栽培が難しく実りにくい短所があった。青木は両品種を交配し、藤稔を誕生させた。1985年昭和60年)7月18日に品種登録された[1][2][注釈 1]。 粒は大粒で、500円玉程の大きさに達する。

巨峰」よりも糖度が高く、味も良好ということで人気が高まり、現在においては青木の指導により日本各地で栽培されている。 中国でもブドウの栽培を指導、1997年金華市栄誉市民の表彰を受けた[2]。 また、栽培面においても、火山灰質の土地でも栽培しやすいなどの利点があり、農家間においても人気を博している。欠点として、実落ち(枝から実が離れる)しやすく、長距離の輸送に向かないという点がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 登録番号 第919号、育成者権は2003年7月19日で消滅している[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 藤稔”. Weblio. 2018年8月14日閲覧。(登録品種データベース〈農林水産省〉を出典とする部分)
  2. ^ a b 藤稔”. 青木果樹園(藤稔育種果樹園公式サイト). 2018年8月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]