マンシュウヤマブドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マンシュウヤマブドウ
マンシュウヤマブドウの果実
マンシュウヤマブドウの果実
マンシュウヤマブドウ
マンシュウヤマブドウ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: ブドウ目 Vitales
: ブドウ科 Vitaceae
: ブドウ属 Vitis
: マンシュウヤマブドウ V. amurensis
学名
Vitis amurensis
Rupr.
和名
マンシュウヤマブドウ
英名
Amur grape

マンシュウヤマブドウ (満洲山葡萄、学名Vitis amurensis)はブドウ科ブドウ属の植物。別名はアムールブドウチョウセンヤマブドウ

特徴[編集]

落葉性木本蔓植物。若い枝にはくも毛があり、巻き髭がある。楕円形の大きな葉には3から5ヶ所の切れ込みと、柄元に窪み、表面は滑らかだが裏面には毛が生えている。夏に開花し、雌雄異株、円錐花序。果実は黒色である。また他の多くの葡萄品種とは異なり年間降雨量が700 mm以上の湿潤気候と軽度の酸性土壌を好む。また幾つかの病気やブドウネアブラムシに対しての耐性を持つ。

分布[編集]

ロシアアムール州沿海州北京当局黒龍江省安徽省遼寧省浙江省吉林省山西省山東省河北省 等に自生し、標高200メートルから1,200メートルの地域の、山の斜面や渓谷の林や藪に多く見られる。かつて言われていた北海道での自生は誤認だとわかり、ヤマブドウの1系統かタケシマヤマブドウVitis coignetiae var. glabrescensだと考えられている。

マンシュウヤマブドウには4つの変種がある。

  • V. amurensis var. amurensis
  • V. amurensis var. dissecta(深裂山葡萄)
  • V. amurensis var. yanshanensis(燕山葡萄)
  • V. amurensis var. funiushanensis(伏牛山葡萄)

利用[編集]

マンシュウヤマブドウは栽培品種として広く利用されており、一般的にはサンクトペテルブルクを限界とするヨーロッパロシア北部まで栽培されている。旧ソ連の研究機関において耐寒性や病気への耐性賦与のため、他の多くの葡萄品種(主にヨーロッパブドウ)との交雑品種が生み出され、ワインや生食用として生産されており、葉も食用として利用される[1]ほか、黄色の染料用途でも使用される。西欧でも栽培されている交雑種としてはザーリャ・セヴェラ英語版セヴェルヌィ英語版ロンド英語版等がある。

初の商業栽培は満洲国通化省においてワインの醸造用に行われた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Vitis amurensis". Plants for a Future. 2013年8月25日閲覧

参考文献[編集]

  • 昆明植物研究所. “山葡萄(原変種)”. 《中国高等植物数据庫全庫》. 中国科学院微生物研究所. 2009年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、マンシュウヤマブドウに関するカテゴリがあります。
  • 山葡萄、Shanputao 薬用植物画像データベース(香港バプテスト大学中国医科薬科大学) (繁体字中国語)(英語)