ブライアン・マイヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カート・ホーキンスから転送)
移動先: 案内検索
カート・ホーキンス
Brian Myers with Alpha-1 title.jpg
プロフィール
リングネーム カート・ホーキンス
ブライアン・マイヤーズ
ブライアン・メジャー
本名 ブライアン・マイヤーズ
ニックネーム プリンス・オブ・クイーンズ
身長 185cm
体重 100kg
誕生日 (1985-04-15) 1985年4月15日(31歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州グレンコーヴ
所属 WWE
トレーナー マイキー・ウィップレック
ノーマン・スマイリー
デビュー 2004年
テンプレートを表示

ブライアン・マイヤーズBrian Myers1985年4月15日 - )はアメリカ合衆国プロレスラーニューヨーク州グレンコーヴ出身[1]

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

ECWで活躍した事で知られるマイキー・ウィップレックニューヨーク州にて主宰するインディー団体であるNYWC(New York Wrestling Connection)が運営するNYWCトレーニングセンターにてトレーニングを積む。

WWE[編集]

2006年WWEと契約を交わし入団。傘下団体であるDSWに所属し、2007年OVWに移籍。

5月1日、WWEECWにてブレット・メジャーメジャー・ブラザーズを結成し、ブライアン・メジャーBrian Major)のリングネームでデビュー。マット・ストライカー & マーキス・コー・ヴァンとタッグマッチを行い勝利。6月、追加ドラフトでブレット・メジャーと共にSmackDown!に移籍。11月7日、MVP & マット・ハーディーが保持するWWEタッグ王座に挑戦するも敗戦。12月16日、Armageddonにてエッジの変装をして乱入する形で勝利をアシストしヒールターン。同月21日、SmackDown!にてリングネームをカート・ホーキンスCurt Hawkins)に改名。タッグネームもジ・エッジヘッズに変更してエッジの手下として活動。

2008年

2008年7月20日、Great American Bashでのフェイタル4ウェイ形式のWWEタッグ王座戦に勝利し、WWEタッグ王座を獲得する。しかし、一度も防衛することなく9月26日のSmackdown!でカリート & プリモに敗れ王座を失う。WrestleMania XXVで行われたWWEタッグ王座統一戦にランバージャック要員として登場したのがジ・エッジヘッズとしての最後の出番になった。

2009年4月、ドラフトでパートナーのザック・ライダーはECWへ移籍。自身はSmackdown!に残留となったが直後にFCWでの再調整となる。FCWではデュード・バスターズケイレン・クロフト & トレント・バレッタ)に加入。3人でFCWフロリダタッグチーム王座を獲得。デュード・バスターズ離脱後はヴァンス・アーチャー & ジャクソン・アンドリュースとユニットを結成した。

2010年5月13日、WWEに再昇格を果たし、Superstarsにてヴァンス・アーチャーとタッグを組んで出場。ジェームズ・ホワイト & マシュー・ブッシュを相手に圧勝。6月、タッグネームをゲート・クラッシャーズとしてSmackDown!で活動を開始し、クリスチャン & MVPとの抗争が組まれるが短期間で終了。Superstarsではデュード・バスターズと短期抗争を展開。9月24日、SmackDown!にてビッグ・ショーとハンディキャップマッチを行い、アーチャーのアシストをせずに敗戦した事から亀裂が生じ始める。10月7日、アーチャー vs クリス・マスターズとの試合でアシストしようとするがアーチャーにクローズラインを誤爆した事により仲間割れを起こしタッグは解消となった。10月14日、Superstarsにてシングルへと転向。入場曲をジ・エッジヘッズ時代の "In the Middle of it Now" に戻してトレント・バレッタと抗争を展開するが未消化のまま終了。

2011年

2011年4月、追加ドラフトにてRAWに移籍。5月12日、Superstarsにてザック・ライダー vs ウラジミール・コズロフにて試合途中に窮地に陥ったライダーの救出に登場し、コズロフの足を掴んで油断させてライダーの勝利をアシストした。同月19日、Superstarsにてライダーとのタッグを組んで、サンティーノ・マレラ & コズロフと対戦するが敗戦した。ライダーとのタッグチームを再結成するかと思われたがライダーがベビーフェイスに転向したために叶わなかった。9月、タイラー・レックスとタッグを結成。同月よりNXTを主戦場にするようになり、ウーソズと抗争を開始。10月11日、ウーソズとの対戦中にレックスの攻撃を誤って受けてしまいリング下に転落した際にフェンスに脚を強打してしまい負傷。同月18日、脚を骨折をしたというアングルで杖を持ち歩くようになり、レックスのセコンドをする際には指示するためやレフェリーの隙を突いて相手を襲撃するために使用して自身のトレードマークへと昇華させる。

2012年2月、NXTを仕切るマット・ストライカーウィリアム・リーガルに因縁をつけるようになり、ストライカーを拉致した事でリーガルの逆鱗に触れ、4月18日にレックスとの敗者追放マッチを組まれ敗戦し、追放されるものの裏工作をして当時RAWのGMであったジョン・ロウリネイティスから指示を得て復帰した。ロウリネイティス失脚後、ロウリネイティスの復帰を信じているアングルを組まれ、コスチュームをジョニー・エースに模したタイツを着用。8月、レックスとともに男性ストリップダンサーギミックに転向するがレックスの退団によりギミックチェンジは中止となり、さらに膝十字靭帯を損傷した事により長期欠場となる。

2013年1月、コスチュームとヘアスタイルを変更して復帰。

2014年6月、WWEから解雇された[2]

インディー団体[編集]

WWE解雇後、2014年6月13日、ニュージャージー州を拠点とするJCW(Jersey Championship Wrestling)に参戦。バル・ビーナスと組んでダニー・デマント & エリック・アンドレッティとタッグマッチを行い勝利。同月22日、Beyond WrestlingにてARフォックスとシングルマッチを行うが敗戦。9月20日、PWS(Pro Wrestling Syndicate)の All Fired Upに参戦。元WWE所属のケビン・マシューズと対戦して敗戦。試合後にはマシューズとWWEから解雇された思い出を語り合い椅子を使って交互に叩きつけるが、マシューズが油断していたところをレスラーとしての活動に終止符を打ったはずの元相棒であるレックスが襲撃した[3]。これをきっかけに抗争へと展開。10月31日、PWS 10/31にてレックスとのヒートシーカーズThe Heatseekers)を復活。マシューズは元WWE所属のランス・ホイットを助っ人として呼び寄せて対戦するが勝利した[4]

GFW / TNA[編集]

2015年7月24日、ジェフ・ジャレットが主宰するGFW・Ampedに参戦。初代GFWグローバル王座争奪トーナメントに出場し、1回戦でクリス・モルデツキーと対戦するが敗戦した[5]。8月12日、TNAiMPACT WrestlingにてTNA vs GFWの団体抗争戦でジャレット率いるGFWの一員として登場。トレバー・リーと組んでTNA世界タッグ王者チームであるジ・ウルブズエディ・エドワーズ & デイビー・リチャーズ)と対戦するが最後にリーがジ・ウルブズの合体技であるフォース・オブ・ネイチャーを喰らい敗戦[6]。9月2日のiMPACT Wrestlingにて、GFWによるキャッシュケースを使用したいつでも王座を挑戦できる権利を使いジ・ウルブズに挑戦。GFW全メンバー揃ってリングを取り囲んだ中で試合を行い勝利してTNA世界タッグ王座を奪取した[7]

WWE[編集]

2016年8月16日、WWE・SmackDown Liveにて復帰を予告するプロモーションが公開された[8][9]

得意技[編集]

アップサイド・ダウン・フロウン
フィニッシャー。ダイビング・エルボー・ドロップ
ハングマンズ・フェイスバスター。スウィンギング・ネックブリーカーの体勢から自らの体と相手の体を元の方向に回転させて相手を顔面からマットに叩きつける。
インプラントDDT
エッジが使用するエッジキューションと同型技。
ツイスト・スクープスラム。抱え上げた後に反動をつけて投げ下ろす独特のフォームが特徴。みちのくドライバーのようにシットダウン式で繰り出す場合もある。
ノーマン・スマイリースマイリースラムと同型技。
変型バックドロップ
変型スープレックス。相手の腕を捻ってロックし、相手の左足を自分の首に引っ掛けて後ろへ投げ飛ばす勢いで一回転させて顔面からマットに叩き付ける。
  • ヒート・ストローク
サモアン・ドロップからダイビング・ネックブリーカーへと繋げる。
DSWとOVW時代にはロングアイランド・エクスプレスの技名で使用。

獲得タイトル[編集]

TNA
w / トレバー・リー
WWE
w / ザック・ライダー
FCW
w / ケイレン・クロフト & トレント・バレッタ
DSW
  • DSWタッグ王座 : 1回
w / ブレット・メジャー
A1W
  • A1アルファ男子部門王座 : 1回
FBW
  • FBWヘビー級王座 : 1回
GTS
  • GTSユーチューブレスリング・フィギアヘビー級王座 : 1回
OVW
  • OVW南部タッグ王座 : 1回
w / ブレット・メジャー
NYWC
  • NYWCタッグ王座 : 2回
w / ブレット・マシューズ
PWS
  • PWS・TV王座 : 2回

入場曲[編集]

  • Up All Night
  • In the Middle of it Now
  • Outcome(FCWで使用)
  • Black Fury(ゲート・クラッシャーズ時代に使用)
  • What I Want
  • Gasoline Upcharge
  • Face the Facts - 現在使用中

その他[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]