桔餅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きっぱんから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
桔餅
桔餅の中身

桔餅橘餅[1]、きっぱん)は、沖縄県の菓子の名称。「ちっぱん」ともいう。

クニブ(九年母 クネンボ[2])やカーブチーなどの柑橘類の実を砂糖でじっくりと煮詰め、砂糖の衣で覆っている[1]。実の表面を剝き果汁を搾って皮を細かく刻む。そのあと長時間砂糖で煮詰めて、直径5センチ程度の餅状に丸めて乾燥させる。仕上げに真っ白な砂糖で表面を覆う[3]

琉球王朝期の1731年ごろに中国から伝来したものとされ、闘鶏餃鶏卵糕の材料にも用いられている。王朝期は実の形を残して種と果汁を捨てて砂糖の衣を使用していなかったが、いつしか用いられるようになった。サーターアンダーギーちんすこう、鶏卵糕とおなじ中国の影響の濃い菓子である。

脚注[編集]

  1. ^ a b きっぱん(橘餅) 謝花きっぱん店
  2. ^ クネンボ 沖縄カンキツ・柑橘・かんきつ データベース
  3. ^ 「保存版 沖縄ぬちぐすい事典」監修 尚弘子 p57 2002年11月24日初版第1刷 プロジェクト・シュリ