LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LCAC
LCAC.JPG
アメリカ海軍のLCAC。甲板中央の四角い構造が人員輸送用モジュール
種類 揚陸艇
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1986年-現在
開発史
製造業者 テキストロン・マリン&ランド
エイボンデール
諸元
全長 26.4m
全幅 14.3m

主兵装 機関銃用架台×2基
エンジン ハネウェルTF-40 ガスタービン×4基
12,280bhp
搭載容量 標準:60t

速度を落とした場合:75t (54/68 メートル法によるtの場合)

行動距離 いずれも積載時
  • 200海里/40ノット(370km/75km/h)
  • 300海里/35ノット(550km/65km/h)
速度 最大積載時40+ノット(46+mph; 74km/h)、最大速度70+ノット

LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇(エルシーエーシーいちきゅう エア・クッションがたようりくてい)は、アメリカ海軍海上自衛隊で使用されているエア・クッション型揚陸艇上陸用舟艇)。Landing Craft Air Cushionの頭文字からLCAC(エルキャック)と通称されている。海上自衛隊では「エアクッション艇1号型」として配備している。

概要[編集]

1970年代から本格的な開発が開始され、就役は1984年から行われた。水陸両用のホバークラフトであるため、揚陸艦から直接海上に出て水上を航行し、目的の海浜から陸地に上がった後は、そのまま陸上を走行して移動することも可能。兵員や物資を揚陸する場合、従来は上陸用舟艇や揚陸艇を用いて海岸へ輸送していたが、ホバークラフト型ではこれらの舟艇より移動速度が向上し、条件の厳しい海浜にも上陸可能となった。

US Navy 050906-N-1467R-066 U.S. Navy Landing Craft, Air Cushion (LCAC), assigned to Assault Craft Unit Four (ACU-4) assigned to the amphibious assault ship USS Bataan (LHD 5) offload trucks loaded with basic life sustaining sup.jpg

1970年代初頭にJEFF AとJEFF Bの実物大の試験機が2隻建造された。JEFF Aは、カリフォルニア州のエアロジェット・ゼネラル社で建造され、4基のダクテッドファンを搭載していた。JEFF Bは、ルイジアナ州ニューオーリンズのベル・エアロスペース社で建造された。JEFF Bは、後部に2基のダクテッドファンを備え、以前にベトナムで試験されたSK-5/SR.N5から派生したSK-10 ホバークラフトに似ていた。これら2隻は、技術的な有効性と運用能力を確認し、成果は生産型へ反映された。JEFF Bの設計が選択され、現在のLCACの基になっている[2]

最初の33隻が1982年-1986年の予算で購入され、15隻が1989年、12隻が909192年で7隻が93年に購入された。最初のLCACは1984年海軍に納入され、1986年に初期作戦能力を獲得した。1987年に量産が承認された。

2012年より、後継としてSSC(Ship-to-Shore Connector)英語版の開発が始まったが、納入は2017年、初期作戦能力(IOC)獲得は2020年の予定のため、延命改修工事を実施して2028年まで運用される予定。

日本向けには1994年平成6年)4月8日にアメリカ政府から輸出が承認され、ルイジアナ州ニューオーリンズのテキストロン・マリン&ランドシステムズで建造された。93年度予算で1隻目が購入され、95年に2隻目、99年に3隻目、5と6隻目が2000年度予算で購入された。

構造[編集]

艇の中央部は全通式の車両甲板となっており、艇の前後に傾斜路がある。機関は艇の左右に分けて搭載されており、右側前部に操縦席、左側前部には見張所がある。見張所の下層には人員を収容できる船室があり、高速走行による合成風とガスタービンエンジンの排気と騒音、それに、高速走行中に艇が巻き上げる激しい波飛沫を避けるため、後述の人員輸送用モジュール(PTM)を搭載しない場合には、人員はこの船室内にのみ収容して輸送する。艇の後部には4翅の推進用シュラウド付大型プロペラが装備されている。

約70tの積載能力があり、M1エイブラムス90式戦車といった主力戦車を1両輸送できる。人員輸送用モジュールを搭載した場合には180名(搭載最大限界は240名)を輸送可能である。

配備数と搭載隻数[編集]

 アメリカ海軍(91隻)

海兵隊LAV-25HMMWVを上陸させているところ

アメリカ海軍は74隻を運用している。


 海上自衛隊(6隻)

エセックス」のウェルドックに進入する海上自衛隊のLCAC

海上自衛隊は6隻を取得し、当初はおおすみ型輸送艦各艦の搭載艇扱いとされ、LA-01からLA-06までの艇番号が付されていたが、2004年より自衛艦に種別変更し、LCAC-2101からLCAC-2106までの艇番号とエアクッション艇1号からエアクッション艇6号までの艇名称が付与された。また、新たに第1輸送隊隷下に第1エアクッション艇隊を編成し、状況に応じ母艦搭載を変更できる弾力的な運用が可能になった。

平成23年度と24年度予算で2隻分の艦齢延伸のための部品調達予算が、25年度予算で2隻分の艦齢延伸のための改修工事予算が計上された。

上陸訓練を行う陸上自衛官
航行中の海上自衛隊のLCAC


派生型[編集]

  • ソルゲ(솔개=鳶)型エアクッション揚陸艇
大韓民国の韓進重工が、独島級揚陸艦搭載用に開発した揚陸艇

登場作品[編集]

映画
漫画
 Depth030-Depth035の間において実施されたイ401奪還作戦において陸軍が使用した。
ゲーム
クライマックスの脱出シーケンスに使用し、搭載機関銃でラストバトルを行う。
第11話にて、メイガスクラフト社が戦闘用オートマタを輸送するために使用していた。
キャンペーン中盤の上陸戦にて、M1エイブラムスを揚陸する。

出典[編集]

外部リンク[編集]