GAU-8 (機関砲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GAU-8 アヴェンジャー
GAU-8 Avenger contrast.jpg
GAU-8 アヴェンジャー
概要
種類 ガトリング砲
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 ゼネラル・エレクトリック
性能
口径 30mm
銃身長 2,299m
使用弾薬 30x173mm
装弾数 1,350発
作動方式 電気モーター・油圧回転方式×2
全長 6.40m
重量

281kg(銃本体)

1,830kg(システム重量)
発射速度 毎分3,900発
銃口初速 1,067m/s
有効射程 1,220m

GAU-8 Avenger(アヴェンジャー)は、ゼネラル・エレクトリック製の30mmガトリング砲である。アメリカ空軍A-10 サンダーボルトIIなどに搭載され、アメリカ軍航空機搭載機関砲のなかで最大、最重そして攻撃力の点で最強を誇る。主に対戦車攻撃に利用され、強力な30mm弾を高初速、高サイクルで発射する。なお、Avengerとは復讐者を意味する。

歴史[編集]

GAU-8は、A-X(次期攻撃機計画)と平行して開発が進められた。1970年に計画段階の諸元がゼネラル・エレクトリックとフィルコ・フォードによって計画された。

A-10YA-9は、当機関砲とセットで開発されたが初期段階では搭載することができず、M61 バルカンがその間暫定的に使用された。この機関砲はA-10の機体の1/3ほどの大きさ・空虚重量の1/4もの重量があり、専用のドリー(台車)が作られている。本機関砲は、機体中心線から少しだけずらして設置されているが、これにより弾丸を発射する位置の砲身が中心線に位置する配置になっている。前部降着装置(ランディング・ギア)はその機関砲の右側にずらして取り付けられた。A-10とGAU-8は1977年に就役した。

この機関砲は現在では生産されておらず、生産したゼネラル・エレクトリックに代わってマーティン・マリエッタによって保守整備されている。

デザイン[編集]

A-10に搭載されたGAU-8

GAU-8単体の重量は281kgであるが、給弾システムやPGU-14(焼夷徹甲弾)を満載したドラムマガジンなどを含めた全備重量は1,830kgにもなる。また、銃口から機関部までの長さは5.81mであり、ドラムマガジン単体では長さが1.82m、直径が86cmある。このマガジンには最大で1,350発の30mm機関砲弾を搭載できるが、1,174発がごく一般的な搭載量となっている。焼夷徹甲弾(API)の初速は990m/sであり、GAU-8の小型版ともいえるM61 バルカンの20mm機関砲弾とほぼ同一の初速を得る。

通常のミッションにおいては対装甲用焼夷徹甲弾PGU-14/B(弾頭重量425g)と焼夷榴弾PGU-13B(弾頭重量360g)が4:1の割合で使用される。PGU-14/B弾の弾頭は劣化ウラン合金製である。この焼夷徹甲弾は対戦車戦において非常に強力な武器となる。なお、劣化ウラン弾については、攻撃を受けた生存者、弾丸の装填要員に放射線の影響を与えるとし、使用反対を訴える団体などが、「湾岸戦争の直後、イラクの様々な場所での出産障害が急増した原因は、作戦中に放たれ土中に残留した劣化ウランである」と主張する一方、出産障害と劣化ウラン弾の関連性を示す根拠が薄弱(統計学的な有意差が出ていない)であることから、WHOなどは健康被害との因果関係を否定する見解を発表している。

GAU-8の発射速度は毎分1,800発と4,200発の選択式であったが、後に改修されて最高発射速度が毎分4,200発から3,900発になった。後に最低発射速度である毎分1,800発の発射レートも取り消された。これは敵発見時に、できるだけ高サイクルで砲弾を発射することで敵を瞬時に殲滅し(低サイクルなら敵に十分なダメージを与えられず再び射撃地点に旋回して敵上空を飛行しなければいけない可能性があるので)、作戦機の生存性を上げる狙いがあった。実際にGAU-8を使用する際は銃身の過熱や砲弾の無駄遣いを防ぐために1-2秒のバースト射撃をするようになっている。また、砲身の寿命も重要な要素である。アメリカ空軍では各砲身において21,000発の発射回数をもって、砲身の交換をすることとしている。また、この射撃時間の制限は、射撃による飛行速度のわずかな低下に対処するためであるとも言われている。

各砲身は非常にシンプルな構造であり、砲身と砲尾そして遊底からなっている。このGAU-8の元祖であるガトリング砲のように、砲身の回転によるカムの動きで発射速度が変化する(つまり、砲身の回転が速いほど発射レートも早くなり、遅いほど遅くなる)。砲身は油圧モーターで駆動する。

GAU-8はリンクレス給弾方式である。これはリンクがない分携行弾薬を軽量化でき、リンクとの分離不良による弾詰まりの可能性を減らすためである。また、発射前後での機体バランスの悪化を防止する目的もあり、空薬莢は機外に放出せず、弾倉に回収する。

派生機種[編集]

GAU-8の技術は、AV-8Bなどに搭載される25mm口径GAU-12 イコライザーの開発にも生かされている。このGAU-12/Uは、サイズ的にはGEのM61 バルカンと同程度だが破壊力が格段に高い。また、GEはGAU-8の部品を使用してGAU-13という4砲身の30mm機関砲を作り出したが、この機関砲は現在アメリカ軍では使用されていない。

この機関砲をガンポッドミサイルパイロンに取り付けられるようミサイル型のケースに機関砲を収納したもの)にしてF-16 ファイティング・ファルコンに搭載する構想があったが、現在ではこのポッドを使用しているのはタイ王国空軍F-5 タイガーIIだけである。

また、GAU-8のシステムを利用したオランダ製のCIWS(近接防御火器)ゴールキーパーが開発されている。

GAU-8に関する伝説[編集]

GAU-8に関する都市伝説として「飛行速度の低下」が挙げられる。の反動が機体の推進力に匹敵し、飛行速度が機関砲の発射によって落ち、撃ち続けると機体が失速して墜落してしまうというものである。中には機体が後方に進みだすといった滑稽な伝説もある。もちろん、これらの話はあくまで冗談の域に過ぎないが、GAU-8の反動がすさまじいものであることは事実である。

毎分4,200発で弾丸が発射される場合、毎秒70発が発射される。425gの砲弾は1/7秒で1,067m/sにまで加速され、これによる反動はおおよそ30kNである。GAU-8/Aのホームページでは砲の反動が45kNとされている(上記計算値(30kN)との違いは砲身からの発射ガスの力が加味されているからと推測できる)。それに対してA-10の両エンジンからの最大出力は80kNである。よって発射反動はエンジンの片方よりわずかに強い程度であるといえる。言い方を変えれば、機関砲を発射することは前方に向けて搭載されたジェットエンジンを全出力で駆動させることと同じであり、この反動で飛行機を止めることはできないが、わずかな速度低下を引き起こすことができる驚くべき力を持っているという事である。実際にアメリカ空軍はGAU-8の砲身先端にマズルブレーキをつけて反動を低減する仕様が試されたが、試験の結果、保有する機体にこの種の改造をする必要はないと結論付けられたという。また、発射反動は砲の取り付け位置にも影響を与えている。機関砲弾はGAU-8を正面から見て凡そ九時の方向(向かって左側)に砲身が到達した際に発射されるので、そのリコイルが丁度機体中心に来るように機関砲全体を少々左側にずらして設置している。これは開発中にGAU-8を機体の中心に据え付けたところ、上記の発射特性のため反動で機体の姿勢が乱れた結果、着弾点がずれてしまったことに起因している。

アリゾナ州ツーソンデビスモンサン空軍基地の335戦術飛行隊隊長によると、GAU-8の反動に起因する問題は無いという。GAU-8には機関砲格納庫と取り付けマウントの間にリコイルアダプターと呼ばれる反動吸収装置が組み込まれており、発射時の反動を軽減する働きがある。 また、A-10のエンジンに銃の発射ガスが入り込むことでエンジンがストップしてしまうのではないかという疑惑もある。これは発射ガスに酸素が含まれていないからで、エンジン内部での燃焼の妨げになるという意見に起因するものであるが、発射ガスは機体下部を通るように設計されており、たとえ機体にマイナスGが掛かる機動中であっても発射ガスが機体上部のエンジンに入り込まないよう考慮されている。

スペック[編集]

  • 砲身数:7
  • 精度:4,000フィート(約1,333m)で射撃して直径20フィート(約6m)の範囲内に80%の弾丸が到達する。
  • 砲弾
    • PGU-14/B 焼夷徹甲弾
    • PGU-13/B 焼夷榴弾
    • PGU-15/B 練習用模擬弾
    • PGU-15A/B
  • 装甲貫徹力
    • 500mで69mm
    • 1,000mで38mm