FRIENDS (B'zのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B'z > 作品リスト > FRIENDS (B'zのアルバム)
FRIENDS
B'zEP
リリース 1992年12月9日
ジャンル ロック
J-POP
時間 26分47秒
レーベル BMGルームス
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1993年度年間6位(オリコン)
ゴールド等認定
B'z 年表
RUN
1992年
FRIENDS
1992年
The 7th Blues
1994年
テンプレートを表示

FRIENDS』(フレンズ)は、日本音楽ユニットB'z1992年12月9日BMGルームスからリリースした4作目のミニアルバムである。また1996年11月25日にはこのアルバムの続編である『FRIENDS II』が発売された。

作品解説[編集]

ジャケット中央に小さく映っている「B'z」のロゴマーク以外はジャケットや歌詞カードにメンバーの写真はない。初回盤のみCDケースを入れる紙製のスリーブケースが付属している。9thシングル「ALONE」からの「B'z」ロゴマークが使用された最後のアルバム(シングルでは13thシングル「裸足の女神」まで)。

本作は全楽曲で1つのストーリー性を持たせたコンセプトアルバムとなっており、他のB'zのアルバムに比べると作風は大きく異なる。松本孝弘は「映画のサウンドトラックのようなアルバムを作りたかった」とコメントしている。内容は『回想』『再会』『葛藤』『解決』のシーンからなるラブストーリーで、アルバムタイトル『FRIENDS』はストーリーのテーマにあたる。曲順表記は「#1」などではなく、「SCENE 1」など独特の表記になっているのも特徴。作詞について稲葉浩志は、「全ての楽曲の歌詞は飛行機での移動中に4曲同時進行で書いた」と語っている。

収録曲[編集]

Prologue Friends
インストゥルメンタルストリングスによる演奏
SCENE 1. いつかのメリークリスマス 
クリスマスソング。非シングル曲だがファンの人気は高く、クリスマスソングの定番として扱われるようになった。
SCENE 2. 僕の罪
ギターイントロガラスの割れた音から始まる。インストゥルメンタルを除き、本作唯一のライブ未演奏曲。
2-2. Love is…
次の曲「恋じゃなくなる日」のメロディを元に、オルゴールのような雰囲気でキーボードで演奏されているインストゥルメンタル。
SCENE 3. 恋じゃなくなる日
一転して激しいギターによるイントロから始まる。ベストアルバム『B'z The Best "ULTRA Treasure"』のファン投票で10位にランクインし、収録された。
SCENE 4. SEASONS
インストゥルメンタル。松本のアコギのみの演奏。
SCENE 5. どうしても君を失いたくない
テレビ朝日系『ミュージックステーション』のエンディングテーマとして1992年4月10日から2002年2月22日までこの曲のインストゥルメンタル「どうしても君を失いたくない -Instrumental-」が使用されていた。このバージョンは音源化されていない[1]
6. いつかのメリークリスマス(Reprise)
SCENE 1「いつかのメリークリスマス」のメロディを流用したインストゥルメンタル。ピアノ独奏

参加ミュージシャン[編集]

参考[編集]

  1. ^ 歌は入っていないが、曲とコーラスは原曲からそのままインストゥルメンタルへ流用している。また、歌っている部分は歌の代わりにギター音が入っている

関連項目[編集]

外部リンク[編集]