殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
殺シノ調べ
This is NOT Greatest Hits
BUCK-TICKカバー・アルバム
リリース 1992年3月21日
録音 1991年12月 -
1992年1月
VICTOR AOYAMA STUDIO
ジャンル ロック
時間 7109
レーベル ビクター音楽産業Invitation
プロデュース BUCK-TICK
チャート最高順位
BUCK-TICK 年表
狂った太陽
1991年
殺シノ調ベ This is NOT Greatest Hits
1992年
darker than darkness -style 93-
1993年
テンプレートを表示

殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits』(ころシノしらべ ディス・イズ・ノット・グレイテスト・ヒッツ)は、日本ロックバンドであるBUCK-TICKセルフカバー・アルバム

1992年3月21日ビクター音楽産業Invitationレーベルよりリリースされた。

解説[編集]

  • 1987年から1991年までに発売されたシングル・アルバムの中からメジャー曲からマイナー曲までバランス良く選曲されており、また全ての曲が再録音されている。
  • 制作時のコンセプトは「『狂った太陽』を経て劇的に向上したバンドスキルによる初期の楽曲の再生(リメイク)」であり、その意向に沿って、ビート・ロックオルタナティヴ・ポップゴシック・ロックという前作以前の楽曲を新たにデジタル・ロックエレクトロニカの要素を交えて再構築したアルバムである。当初メンバーは『狂った太陽』に収録されている楽曲を収録するつもりはなかったが、レコード会社側の強い要望でいわゆる「ベストアルバム」としての商品価値を持たせるため、『狂った太陽』収録のシングル3曲も収録せざるをえなくなってしまった。そのため、既に作品として完成されているこの3曲の再アレンジにあたり、メンバーはかなり苦心したようである。特に「M・A・D」はまったく原形を留めておらず、歌詞以外に共通項は無く、最早別の楽曲となっており、リリース時のインタビューでメンバーの今井寿は「(「M・A・D」は)原曲が完璧なのでああするしかなかった」と語った。また、星野英彦も「JUPITER」冒頭のコーラスをインタビュアーに「苦肉の策」と指摘された[1]。「This is NOT Greatest Hits」という内容と相反するサブタイトルにはこういった経緯に対するメンバーの自虐的なメッセージが込められている。
  • シングル「M・A・D」のカップリングとして「ANGELIC CONVERSATION」を再録音し、その完成度にメンバーが予想以上の手応えを感じたことが本作制作の切っ掛けとなった[1]
  • タイトルの「殺シノ調ベ」とはインディーズ時代のアルバム『HURRY UP MODE』のサブタイトルでもある。
  • 本作リリース以降のライブでは本作収録曲が演奏される場合、いわゆる「殺シノ調ベVer.」であることが殆どだが、「LOVE ME」は旧バージョンでも演奏されている。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1992年3月21日 ビクター音楽産業Invitation CD
CT
VICL-288 (CD)
VITL-105 (CT)
1位
2 2002年9月19日 ビクターエンタテインメント/HAPPY HOUSE CD VICL-60987(初回盤)
VICL-60967(通常盤)
- デジタルリマスター盤(監修:比留間整)
初回盤のみボーナストラック1曲収録、オリジナルステッカー封入
3 2007年9月5日 ビクターエンタテインメント/Invitation CD VICL-62547 - デジタルリマスター盤、紙ジャケット仕様

収録曲[編集]

全編曲:BUCK-TICK

A面[編集]

  1. ICONOCLASM [3:52]
    囁き声で歌われていた原曲と異なり、こちらはほぼシャウトで歌われている。また際立ったノイズも挿入されている。
  2. 惡の華 [4:34]
  3. DO THE "I LOVE YOU" [4:19]
    • 作詞・作曲:今井寿
    原曲のタテノリのビートからダンサブルなリズムへ転換を図っている。
  4. VICTIMS OF LOVE [7:19]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    原曲よりテンポを落としている。また新たに長い間奏も追加されており、収録時間も大幅に伸びている。
  5. M・A・D [4:05]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    原曲のイメージを全く残さない程に破壊されている。
  6. ORIENTAL LOVE STORY [5:49]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    本作制作にあたり、今井が真っ先に挙げた曲。「旧ヴァージョンはコード進行が複雑過ぎたので、単純なコード進行のロックナンバーにしたかった」とのこと[1]
  7. スピード [4:54]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿

B面[編集]

  1. LOVE ME [5:13]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    原曲に比べて極端にテンポを落としている。
  2. JUPITER [6:01]
  3. ...IN HEAVEN... [4:12]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    イントロが原曲よりも長い。また、サビの一部のキーが低くなっている。
  4. MOON LIGHT [4:23]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
  5. JUST ONE MORE KISS [4:25]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
  6. TABOO (Interlude melody taken from "TABOO" by Lecuona Margarita) [5:53]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
  7. HYPER LOVE [5:12]
    • 作詞・作曲:今井寿

ボーナストラック(2002年初回盤)[編集]

  1. MAD (Another Climax Together Live) [4:54]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿

参加ミュージシャン[編集]

サポートミュージシャン[編集]

参考文献・出典[編集]