LINDBERG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LINDBERG
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
J-POP
活動期間 1988年 - 2002年
2009年
2014年 -
レーベル Japan Records/徳間ジャパン1988年 - 1991年
PUBLIC IMAGE/徳間ジャパン1992年 - 1995年
246 Records/インペリアル/テイチク(1995年 - 2000年
ポリドール2001年
インディーズ2002年
Meldac(2002年)
エイベックス2009年
共同作業者 月光恵亮(プロデュース)
メンバー
渡瀬マキ (ボーカル
平川達也 (ギター
川添智久 (ベース
小柳"cherry"昌法 (ドラムス
佐藤"darling"達也 (キーボード

LINDBERG(リンドバーグ、1988年 - 2002年)は、日本ロックバンド。1988年結成、1989年デビュー、2002年に解散。デビュー20周年となる2009年に1年間限定で再結成した後、2014年より活動を再開した。

メンバー[編集]

渡瀬マキ
(わたせ まき、1969年2月22日 - )ボーカル
平川達也
(ひらかわ たつや、1962年2月27日 - )ギター
川添智久
(かわぞえ ともひさ、1964年1月30日 - )ベース
小柳"cherry"昌法
(小柳昌法、こやなぎ・チェリー・まさのり、1959年10月23日 - )ドラムス
  • 出身:静岡県浜松市
  • 血液型:A型
  • ニックネーム:Cherry - チェリーの由来は漫画うる星やつら』の登場人物「錯乱坊(通称チェリー)」である。
  • 解散後は、さまざまなセッションに参加。また、GaGaalinGのドラマーとしても活躍中。

主なサポートメンバー[編集]

佐藤"darling"達也
(佐藤達也、さとう・ダーリン・たつや、1964年3月27日 - )キーボード
  • 出身:山形県
  • サポートメンバーとして、かねてよりライブにおいてキーボードとして参加。2009年再結成の最終日である大晦日には一瞬(?)正式メンバーとなった(後述)。
  • ライブアルバム『Lindy Wingding』『FINAL FLIGHT』の演奏にも参加している。また、オリジナルアルバムのレコーディングにおいても一部楽曲の編曲やキーボーディストとして参加している。
  • LINDBERGのメンバーからは「ほぼLINDBERG」と言われ、「ダーリン佐藤」の愛称で呼ばれている。
  • aikoのツアーメンバーとしても活躍中。こちらでは「たつたつ」という愛称がついている。
  • 渡部チェル (PRISM)
    ダーリンがaikoのツアーと重なったため、LINDBERG LIVE TOUR TOUR 2014(7/21~8/22)、a-nation island THE FIRE LEGEND 2014(8/16)、KOYABU SONIC 2014 FINAL(9/13)に参加。

来歴[編集]

アイドルだった渡瀬麻紀(バンドでは渡瀬マキに改める)とそのバックバンドのメンバーのひとりだった平川達也、更に平川の音楽仲間であった川添智久、小柳昌法により結成。

バンド名は、飛行家チャールズ・リンドバーグに由来する(ちなみに、メンバーのほとんどが高所恐怖症である[1])。1989年シングルROUTE 246』でデビューした。

結成当初はプロデューサーの井上龍仁や、多方面から楽曲提供のスタイルが多かったが、次第に作詞は渡瀬、作曲は平川、川添、小柳が手がけるようになる。楽曲にも偏りがなく平等に制作され、三人それぞれの楽曲はシングルとしてヒットしている。

「今すぐKISS ME」「胸さわぎのAfter School」(平川)
「BELIEVE IN LOVE」「だってそうじゃない!?」(川添)
「想い出のWater Moon」「GAMBAらなくっちゃね」(小柳) など

2ndシングル『今すぐKiss Me』(最大のヒット曲1990年オリコン年間シングルセールス3位)が、フジテレビテレビドラマ世界で一番君が好き!』の主題歌に、『BELIEVE IN LOVE』がフジテレビのバラエティー番組夢で逢えたら』のオープニング曲にそれぞれ起用され、一躍注目を浴びる。

1993年に『だってそうじゃない!?』が大ヒットするなど安定した人気をほこっていたものの94年から95年頃にかけては売り上げ枚数が10万枚前後で落ち着いていた。1995年にテイチクレコードに移籍したのを機に大幅なイメージチェンジを図った『もっと愛しあいましょう』をリリース。37万枚を超えるヒットを記録する。その後もリリースした曲が立て続けに数十万枚前後の売り上げ枚数を記録し第二の全盛期を迎えた。

1997年10月16日、渡瀬マキと平川達也と結婚。1999年の産休の際に、一部メディアで「解散」と報じられたが、産休による活動休止と改めて発表している。

2002年に、“FINAL FLIGHTツアー”を最後に解散することを発表。同年8月24日渋谷公会堂で行われたライブにて、また、その4日後の8月28日には、ファンクラブ限定ライブをリンドバーグの出発の地、渋谷Take Off 7”で行い、14年間のバンド活動に終止符を打った。

2009年再結成[編集]

2009年2月22日に行われた渡瀬マキソロライブ「Present」にて、同年12月31日まで期間限定の再活動が発表され、4月22日に新録音ベストアルバム「LINDBERG XX」をリリースした。

春には、「LINDBERG 20th Anniversary LIVE」が行われ、4月25日に「HOP」と冠してShibuya O-WESTで7年ぶりにメンバー全員がステージに揃ったライブが行われた。その後、5月9日にはSHIBUYA-AXで「STEP」、5月30日には渋谷C.C.Lemonホールで「JUMP」と冠したライブがそれぞれ行われた。

夏には、解散前にはあまり参加の機会がなかったSUMMER SONICa-nationなどの野外イベントやロックフェスに相次いで参加した。9月28日には、約12年ぶりとなる日本武道館での単独公演を開催。11月5日には、10-FEETのライブにゲスト参加した。

冬には、「LINDBERG 二十周年ドキドキときどき 途中下車の旅 2009 〜そうだ仙台と東京と名古屋と大阪と広島と福岡でおりよう!!!!〜」というツアータイトル通り、全国6カ所でライブを行い、最終公演である12月31日中野サンプラザにて、再び休息についた。

2014年再始動[編集]

2014年1月14日、結成25周年を迎えるのに伴い4年ぶりに再始動することが明らかとなった。所属事務所によると「今回の復活は期間限定ではなく継続した形をとる」とコメントしている[2]。『Re:LINDBERG』(リンドバーグ、再び)と題し、期限を設けずに活動していくこととし、「人生折り返し(笑)、あと半分の音楽人生はLINDBERGの音楽と共に生きよう!と決心しました。この気持ちを"音返し"(おんがえし)という形で、今後はファンの皆様に私たちなりのペースでお届けしたいと思っています」と2度目の再結成を報告している。

春からは渡瀬単体でのテレビでの活動も開始。4月25日には復活ライブ、また7月から8月にかけて5年ぶりのライブツアーを行い、夏の大型ライブイベントなどへも参加した。

エピソード[編集]

  • 所属レーベルが複数に渡り、また活動後期にはインディーズレーベルからのリリースもあったことなどから、全ての活動時期の楽曲を網羅したベストアルバムはリリースされていない(2009年時点)。
  • every little thing every precious thing」(1996年にリリース)が、当時阪神タイガース藤川球児投手(現シカゴ・カブス)の入場曲として反響を呼んだため、2007年8月1日インペリアルレコードより、当時の音源のまま「球児の歌」として11年ぶりに同タイトルのシングルが再発売された[3]。その際、CDジャケットが藤川投手の写真に、サイズも8cmから12cm(Maxi)へと一新された。同シングルの初回出荷数(約4,000枚)が、発売から3日で完売し品薄状態となり、また、そのこと自体がニュースに取り上げられる[4]など、今までLINDBERGを知らなかったファン層にも新たにその存在を知らしめることとなった。また、2006年には福岡ソフトバンクホークス時代の杉内俊哉投手(現読売ジャイアンツ)もこの曲を入場曲に使用していた。
  • 2009年12月31日のライブ中にサポートメンバーである、ダーリン佐藤の正式加入が発表されるも、後に小柳のブログで「ネタ」だったことが判明。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. ROUTE 246 (1989年4月25日、10JC-402)
    作曲はZIGGY森重樹一
  2. 今すぐ Kiss Me (1990年2月7日、TKDA-30050)
    フジテレビ世界で一番君が好き!』主題歌、映画バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』挿入歌
  3. JUMP (1990年3月28日、TKDA-30051)
    国際スポーツフェア'90春イメージソング
  4. Dream On 抱きしめて (1990年9月26日、TKDA-30136)
    アルペンCF曲、国際スポーツフェア'90春イメージソング
  5. ROUGH DIAMOND (1990年10月24日、TKDA-30160)※ビデオCDも存在
    エースコックCF曲
  6. OH! ANGEL (1990年11月21日、TKDA-30161)
    エプソンCF曲
  7. GLORY DAYS (1991年3月27日、TKDA-30270)
  8. BELIEVE IN LOVE (1991年7月3日、TKDA-30306)
    フジテレビ「夢で逢えたら」オープニング曲、中日ドラゴンズ英智外野手の登場テーマ曲
  9. I MISS YOU (1991年10月18日、TKDA-30394)
  10. 恋をしようよ Yeah! Yeah! (1992年4月22日、TKDP-30562)
    コカ・コーラCF曲
  11. さよなら Beautiful Days/千年たっても (1992年11月6日、TKDP-30690)
  12. Magical Dreamer (1992年11月13日、TKDP-30692)
    NHKNHK教育)連続アニメヤダモン』オープニング曲、エンディング曲
  13. 胸さわぎの After School (1993年3月17日、TKDP-30791)
    進研ゼミCF曲
  14. 会いたくて -Lover Soul- (1993年6月18日、TKDP-70088)
    AXIA CF曲
  15. 想い出のWater Moon/君に吹く風 (1993年8月11日、TKDP-70136)
    テレビ東京TVチャンピオン」エンディング曲
  16. だってそうじゃない!? (1993年10月22日、TKDP-70177)
    AXIA CF曲
  17. 大キライ!/二人きりで行こうよ (1993年11月22日、TKDP-70181)
    テレビ朝日平成イヌ物語バウ」オープニング、エンディング曲。「大キライ!」のシングルヴァージョンには「平成イヌ物語バウ」のバウ(声優園部啓一)の声が入っている。
  18. 夢であえたら -Do you love me?- (1993年12月1日、TKDP-70204)
    ブルボン・ビックルEX CF曲
  19. GAMBAらなくちゃね (1994年3月16日、TKDP-70309)
    進研ゼミCF曲、2002年pritsがカバー。
  20. 清く正しく行こう (1994年5月18日、TKDP-70366)
    フジテレビ『ゴールデンタイム』テーマ曲、フジテレビ「めざましテレビ」テーマ曲
  21. さよならをあげる (1995年3月16日、TKDP-70611)
    1995年春-1998年秋、AXIA CM
  22. 水着とBeachとBoys (1995年5月2日、TKDP-70615)
    '95三ツ矢サイダー CF曲
  23. もっと愛しあいましょ (1995年11月1日、TMDL-1)
    テレビ朝日「かざあなダウンタウン」エンディング曲。
    この曲の中の「確かイチローが満塁ホームラン打ったあの日以来、会ってないわよね」という歌詞は、NHKのポップジャム出演時には「確かあの選手が満塁ホームラン」と歌われた。2011年には野水いおりがカバーした。(テレビアニメ『森田さんは無口。』主題歌)
  24. 君のいちばんに… (1996年5月1日、TMDL-3)
    ナショナルEolia CF曲、オリックス・バファローズ井川慶の登場テーマ曲、映画『秒速5センチメートル』挿入歌
  25. every little thing every precious thing (1996年7月1日、TMDL-5、2007年8月1日再発売/TECI-126)
    パナソニック ハイビジョンCF曲
  26. Green eyed Monster (1996年8月19日、TMDL-6)
    フジテレビ『もう我慢できない!』テーマ曲
  27. YAH! YAH! YAH! (1997年2月13日、TMDL-8)
  28. 明日は明日の風が吹く (1997年4月16日、TMDL-10)
    ロッテトッポCF曲
  29. Sugar free (1997年5月28日、TMDL-11)
    NHK『ポップジャム』エンディング曲
  30. (1998年3月4日、TMDL-12)
    '98 アサヒ飲料 バヤリース CF曲
  31. 願いがかなうように(1999年10月21日、TECN-12577)
    TBS系「ワンダフル」内アニメ『イッパツ危機娘』テーマ曲、ダリヤサロンドプロ エッセンスカラーCF曲
  32. frosty love (2001年2月21日、UPCH-5037)
    フジテレビ『発掘!あるある大事典』エンディング曲
  33. you were there (2002年1月1日、LCFC-2)
  34. Teenage Blue (2002年6月26日、LCFC-4)
  35. it's too late (2002年8月7日、LCFC-6)
    日本テレビモグモグGOMBO』エンディング曲
  36. LIVE your LIFE (2009年12月9日、AVCD31554/B[CD+DVD])

オリジナルアルバム[編集]

  1. LINDBERG I1989年4月25日・32JC-406)
  2. LINDBERG II(1989年11月25日・30JC-470)
  3. LINDBERG III1990年4月21日・TKCA-30052)
  4. LINDBERG IV1991年4月19日・TKCA-30278/初回デジパック)
  5. EXTRA FLIGHT(1991年11月1日・TKCP-30395)
  6. LINDBERG V1992年5月22日・TKCP-30600/初回写真集付三方背ケース{赤青白})
  7. LINDBERG VI1993年6月18日・TKCP-70060/初回三方背ケース)
  8. EXTRA FLIGHT II -human aircraft-(1993年11月19日・TKCP-70190)
  9. LINDBERG VII1994年6月24日・TKCP-70391)
  10. LINDBERG VIII1995年6月6日・TKCP-70630/初回缶バッチ付Box)
  11. LINDBERG IX1996年9月9日・TMCL-30002/初回三方背ケース)
  12. LINDBERG X1997年6月18日・TMCL-30004/スリーブケース)
  13. LINDBERG XI1998年3月25日・TMCL-30005/スリーブケース)
  14. LINDBERG XII1999年12月16日・TMCN-30597)
  15. LINDBERG XIII2001年3月28日・UPCH-1056)
  16. LINDBERG XIV2002年1月1日・LCFC-1)
  17. LINDBERG XV(2002年7月10日・LCFC-5)

ライブ盤[編集]

国立代々木競技場(1993年12月2日)、日清パワーステーション(1993年12月24日)でのアコースティックライヴを収録。初回プレス完全限定盤。
  • FINAL FLIGHT (2002年10月23日、MECR-3013-14、2枚組)
FINAL FLIGHT TOUR最終日の渋谷公会堂でのライヴを完全収録。
  • LINDBERG 25th Anniversary 感謝祭 ~これからもよろちくね~ (2014年7月21日、2枚組/CD+DVD)
2014.4.25 Zepp DivercityTokyoでのライブを収録。限定盤。

ベスト盤[編集]

メンバーオフィシャル[編集]

1992年までのヒット曲をRemixとRetakeで収録。初回盤には新曲「ひとつだけのMerry Christmas」のシングル付。
1stから20thシングルまでの1曲目と2曲目をカラオケ等を除き完全収録。10万枚完全限定。
結成10周年を記念した1998年までのベスト。ライブ曲「MINE '98」を収録。
『BEST』から漏れた曲の中から、ファンクラブ会員が選曲したベスト。ライブ曲「星に願いを'98」を収録。
作曲メンバー別にDiscを分け収録したベスト。ライブ曲3曲を収録。
  • FLIGHT RECORDER -FINAL MEMORIES-(2002年7月15日、ライブ会場限定発売、10曲収録)
1992年の『FLIGHT RECORDER』同様、メンバー選曲による2002年RetakeVersionに、新曲「a four-leaf clover」を収録。
デビュー20周年を記念し、2009年RetakeVersionを12曲と、新曲3曲を収録。DVD付にはPVを収録。

レコードレーベル企画[編集]

オリコン集計上での売上記録上位16曲を収録。
  • FINAL BEST(2002年8月21日、TECN-35825-6、2枚組、30曲収録)
上記『BEST』『BEST II』に、その後発売されたシングル数曲等を足したもの。
アルバムのIからIVまでの中から選曲されたベスト。
  • BEST & BEST(2007年、PBB-77)
  • Supporter's songs(2007年7月25日、TECI-1156、11曲収録)
様々なスポーツ選手に愛された曲や、応援歌をまとめたもの。
  • SUPER BEST(2007年7月25日、TECI-1158、17曲収録)
上記『BEST』から「風」「MINE '98」の代わりに、「Green eyed Monster」と2007NewMix曲が2曲収録されたもの。
  • BEST HITS(2008年、BHST-107)
  • BEST FLIGHT(2009年4月22日、TECI-1253-4、2枚組、32曲収録)
2009年のみの期間限定盤。上記の『BEST』『BEST II』を合わせた2枚組だが、ライブ曲が変更されている。
  • LINDBERG★BEST(2010年2月3日、TECA-10003、16曲収録)
Blu-spec CD仕様で生産された限定盤。
  • SUPER BEST (the Best Value)(2011年12月21日、TJJC-20013、10曲収録)
TSUTAYA限定発売の10曲入り廉価盤。

その他CD[編集]

  • X'mas Song(シングル、1990年)
シングルの「DreamOn抱きしめて」から「OH!ANGEL」まで4作品購入で貰えた非売品。
  • VOICELESS RECORDER 1989 - 1992 - from FLIGHT RECORDER -(1992年12月24日、TKCP-30717)
アルバム『FLIGHT RECORDER 1989 - 1992』のカラオケ盤。
  • 大きくなったなら 〜熱く、高く、そして優しく〜(シングル、1993年)
富士電機イメージソングの非売品。
  • Private Lessons ORIGINAL SOUNDTRACK(1993年2月24日、VICL-377)
「Destination」のEnglishVersionとInstrumentalを収録。
  • SUPER MEGA-MIX(DJ EDIT)(シングル、1995年、PSCD-772)
『SINGLES -FLIGHT RECORDER II-』購入者の中から抽選で1万名にプレゼントされた非売品。

VIDEO / LD / DVD[編集]

カッコ内、V=VIDEO、L=LD、D=DVD。

  • JUMP (PV集/VL)
  • FLIGHT-001〜Bound to the Dream〜(1990年11月10日、V:TKVA-60109/L:TKLA-50014)
  • FLIGHT-002〜EXTRA FLIGHT〜(1991年12月21日、V:TKVP-60300/L:TKLP-50057)
  • FLIGHT-003〜GOOD NEWS〜(1992年6月25日、V:TKVP-60365/L:TKLP-50068)
  • FLIGHT-004〜念ずれば花開く〜(1994年4月5日、V:TKVP-60736/L:TKLP-50140)
  • FLIGHT-005〜きっと素晴らしい明日のために〜(1994年12月21日、V:TKVP-68000/L:TKLP-58000)
  • FILMS〜VIDEO CLIP COLLCTION〜(1995年9月5日、V:TKVP-68002/L:TKLP-58001/D:TKBA-1042)
「今すぐ Kiss Me」〜「水着とBeachとBoys」までのPV集
  • FLIGHT-006(1996年3月21日、V:TMVL-48001)
  • FLIGHT-007(1997年6月18日、V:TMVL-1/D:TMBL-1)
  • FLIGHT-008(1998年3月25日、V:TMVL-2)
  • FLIGHT-009(1998年9月23日、V:TMVL-3)
  • FLIGHT HISTORY OF 1989-1999(ファンクラブ限定。1999年、V)
  • Happy Go Lucky!(ファンクラブ限定。2000年、V)
  • JUNGLE BOOGIE TOUR(ファンクラブ限定。2001年、V)
  • WILD LIFE(ファンクラブ限定、2002年、V)
  • FINAL FLIGHT LINDBERG(ファンクラブ限定。2002年、V・D)
  • LINDBERG LAST FLIGHT 〜TAKE OFF 7〜(ファンクラブ限定。2002年、V)
  • LINDBERG〜VIDEO CLIP HISTORY〜(2003年3月21日、D:TEBN-39004)
「今すぐ Kiss Me」〜「願いがかなうように」までのPV集
  • FLIGHT RECORDER DVD(2003年12月21日、D:TKBA-1041)
上記『FLIGHT-001』〜『FRIGHT-006』までの編集盤
  • LINDBERGの1週間〜HOP! STEP! JUMP!(2009年9月23日、D:AVBD-91737)
  • LINDBERG in 白金祭(2009年9月23日、D:AVBD-91738)
  • LINDBERG 20th Anniversary LIVE 《SPECIAL》~ドキドキすることやめられへんな(笑)~at Nipponbudokan on 28th of September 2009(2009年12月9日、D:AVBD-91746)
  • LINDBERG 二十周年 ドキドキときどき 途中下車の旅 2009 最終公演 ~LIVE your LIFE & LIVE your LIFE~ 2009.12.31 中野サンプラザ(2010年4月21日、D:AVBD-91771~2、2枚組)
  • LINDBERG MEMORIAL BOX(2010年4月21日、D:AVBD-91768~70/B~C、DVD3枚+CD2枚組、上記中野公演のDVD2枚も含む)
  • LINDBERG FLIGHT シリーズ パーフェクト DVD BOX(2014年3月19日、D:TEBS-14081、7枚組)

コンピレーション[編集]

  • 『BEAT EXPRESS vol.6』 1990年8月1日 ソニー (Disc1-M08 「YOU BELONG TO ME」)
  • 『ラブソングス2』 1992年10月21日 ミデイ (M10 「SILVER MOON」)
  • 『おもいっきり 93上半期ベスト』 1993年 テイチク (M8 「胸騒ぎの After School」)
  • 『青春の歌姫たち(7)』 2002年 テイチク (M10 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『青春の歌姫たち(8)』 2002年 テイチク (M16 「恋をしようよ Yeah! Yeah!」)
  • 『青春の歌姫たち(10)』 2002年 テイチク (M17 「GAMBAらなくちゃね」)
  • 『めざましSongs』 2004年 ソニー (M1 「Cute or Beauty」)
  • 『POWER GIRLS!! -Beautiful Songs series-』 2004年 ビクター (M1 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『青春歌年鑑 90年代総集編』 2004年 avex (M01 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『君のうた 僕のうた(7)』 2006年 テイチク (M10 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『君のうた 僕のうた(8)』 2006年 テイチク (M16 「恋をしようよ Yeah! Yeah!」)
  • 『君のうた 僕のうた(10)』 2006年 テイチク (M17 「GAMBAらなくちゃね」)
  • 『GIRLS ON THE ROCK 〜乙女のロック伝説〜』 2006年 テイチク (M15 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『CLIMAX -Dramatic Songs-』 2007年 ソニー (Disc1-M10 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『Alpen Best -Another Edition-』 2007年 ビクター (M2 「Dream On 抱きしめて」)
  • 『代打っ、俺!』 2008年 徳間ジャパン (M10 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『Sing!Sing!Sing! 〜karaoke Best Songs for Around40〜』 2008年 徳間ジャパン (M11 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『J-ポッパー伝説2 [DJ和 in WHAT's IN? 20th MIX]』 2009年 ソニー (M15 「BELIEVE IN LOVE」)
  • 『J-POP fan 〜スーパーベスト・コレクション』 2009年6月24日 WQCQ-178 ワーナー (M1 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『アイチカラ…』 2009.07.22 VICL-063362 ビクター (M5 「BELIEVE IN LOVE」) 
  • 『a-nation '09 BEST HIT SELECTION』 2009.07.29 AVCD-23905 avex (M5 「今すぐ Kiss Me -20th-」)  
  • 『シング!シング!シング!2 アラウンドフォーティーズ カラオケベストソングス』 2009.09.16 TKCA-073463 徳間ジャパン (M12 「BELIEVE IN LOVE」)
  • 『R&G ~from 80's to 90's "Rock"&"Girl" Selection』 2009.09.23 TECI-001267 テイチク (M12 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『GIRLY ROCK BABY★★★』 2009.10.07 MHCL-001520 ソニー (M14 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『パーフェクトサマー』 2010.06.30 MHCL-1774/5 ソニー (Disc1-M10 「恋をしようよ Yeah! Yeah!」)
  • 『クライマックス J-ロック・ヒストリー』 2010.12.22 MHCL-1837/8 ソニー (Disc2-M4 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『J-ロッカー伝説 [DJ和 in No.1 J-ROCK MIX]』 2011.03.16 AICL-002235 ソニー (M5 「今すぐ Kiss Me」)
  • 『テレビ朝日 アニメソング Silver』 2011.03.23 COCX-036655 コロムビア (M2 「大キライ!」)
  • 『R40'S SURE THINGS!! 本命大人のヒットスタジオ Vol.2』2011.04.06 TKCA-073634 徳間ジャパン (M16 「BELIEVE IN LOVE」)
  • 『HOLIDAY tunes ~うきうきモード』2011.04.27 MHCL-1902/3 ソニー (Disc2-M13 「だってそうじゃない!?」)
  • 『R40'S SURE THINGS!! 俺たちバンド世代』2011.07.06 TKCA-073664 徳間ジャパン (M11 「BELIEVE IN LOVE」)

[編集]

カバー[編集]

  • Prits 「GAMBAらなくちゃね 〜Prits Emotion〜」 (アルバム『cherry blossom』#11、2002年)
  • 乙葉 「every little thing every precious thing」 (アルバム『Otoha CD Volume.1』#7、2002年5月)
  • EASY GRIP 「OVER THE TOP」 (アルバム『TEENAGE GRAFFITTI』、2002年、渡瀬が参加)
  • Ai+BAND 「BELIEVE IN LOVE」 (シングル『BELIEVE IN LOVE』、アルバム『Hello! We are Ai+BAND!!』、2003年、川添が参加)
  • AI+BAND 「LITTLE WING」 (アルバム『FIGHTING GIRL☆☆』、2004年、川添が参加)
  • Mi 「今すぐ Kiss Me」 (ネットワーク配信[1]、2006年)
  • 装置メガネ 「今すぐ Kiss Me」 (アルバム『青春メガネ』#9、2006年)
  • JAM(奥田順子、春名亜美、村上実沙子)「今すぐ Kiss Me」(アルバム『JAM*TRANCE』#9, GYCP-10050, 2006/3/24)
  • 平田裕香 「今すぐ Kiss Me」 (シングル『恋のダイヤル6700』#2、2008年4月)
  • ANNA 「今すぐ Kiss Me」 (アルバム『恋のカタチ』#10、2008年9月)
  • merry merry Boo (ネットワーク配信[2]、2009/2/25)
  • デーモン小暮 「BELIEVE IN LOVE」 (アルバム『GIRLS' ROCK 〜Tiara〜』 #7、2009/2/11)
  • 美吉田月 「今すぐ Kiss Me」 (アルバム『Ska Flavor #2』#7、2009/9/16)
  • Friends 「GAMBAらなくちゃね」 (アルバム『FRIENDSHIP』#2、2009/9/30)
  • 広瀬香美 「今すぐ Kiss Me」 (アルバム『DRAMA Songs』#6、2010/1/20)
  • いとうりな 「今すぐ Kiss Me」 (ネットワーク配信アルバム『Hey-Say!』#2、2010/7/7)
  • JURIAN BEAT CRISIS 「今すぐ Kiss Me」 (ネットワーク配信『今すぐ Kiss Me』2010年8月、アルバム『JURIAN BEAT CRISIS』#3、2010年9月)
  • JURIAN BEAT CRISIS 「今すぐ Kiss Me feat. 渡瀬マキ」 (アルバム『JURIAN BEAT CRISIS』#14、2010年9月、渡瀬が参加)
  • 野水いおり 「もっと愛しあいましょ」 (アルバム『月虹カタン』#8, 2011年10月19日予定, 川添が参加)

トランスカバー[編集]

  • 『TRANCE BEST *WINTER PARTY』(2006/3/24、get over the records, GYCP-10052)
    #10, KuT「every little thing every precious thing」
  • 『TRANCE BEST *SAKURA PARTY』(2006/3/24、get over the records, GYCP-10053)
    #2, KA-NA「恋をしようよ Yeah! Yeah!」、#10, MYU「JUMP」
  • 『THE DRIVE BEST ~TRANCE MIX~』(2006/3/24、get over the records, GYCP-10054)
    #4, KuT「今すぐ Kiss Me」
  • 『J-POP TRANCE 90’s BEST HIT』(2006/3/24、get over the records, GYCP-10056)
    #5, KuT「BELIEVE IN LOVE」、#8, KA-NA「LITTLE WING」
  • KA-NA & KuT 『リンドバーグ☆TRANCE BEST』 (アルバム全曲、2006/1/25)
    「今すぐKiss Me/LITTLE WING/every little thing every precious thing/GAMBAらなくちゃね/清く正しく行こう/BELIEVE IN LOVE/胸騒ぎのAfter School/Dream On 抱きしめて/Over The Top/恋をしようよ Yeah! Yeah!」
  • 『EXIT TRANCE PRESENTS 90's J COVERS』(2009/08/05, QWCE-00113)
    #1, Ryu feat. MAKI「今すぐ Kiss Me」

アルバム全曲カバー/トリビュート盤[編集]

  • 『CRYSTAL WIND -LINDBERG作品集-』 (インストゥルメンタル、T15P-037)
    恋をしようよ Yeah! Yeah!/今すぐKiss Me/BELIEVE IN LOVE/フォトグラフ/JUMP/ROUGH DIAMOND/I MISS YOU/風のない春の午後/Dream on 抱きしめて/ROUTE 246
  • IVY & VIOLA 『HOLD ME RIGHT NOW, KISS ME』 (英語詞カバー、1993年)
    今すぐ Kiss Me/ROUGH DIAMOND/ROUTE 246/STEP IN NOW/MINE/LITTLE WING -Spirit of LINDBERG-/JUMP/HAPPY BIRTHDAY/Heart Voice
  • 『LINDBERG TRIBUTE ALBUM ~みんなのリンドバーグ~』(2014年7月23日、初回限定盤/CD+DVD:TECI-1410、通常盤/CD:TECI-1411)
    LITTLE WING(10-FEET)/今すぐKiss Me(岸谷香)/DESTINATION(N'夙川BOYS)/Over The Top(シシド・カフカ)/BELIEVE IN LOVE(森高千里)/GLORY DAYS(矢野顕子)/LOOKING FOR A RAINBOW(花*花)/恋をしようよ Yeah! Yeah!(LIFriends)/大キライ!(ガガガSP)/GAMBAらなくちゃね(近藤夏子)/君に吹く風()/もっと愛しあいましょ(バンドじゃないもん!)/every little thing every precious thing(Rico)

ライブ[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴

出演順は「(紅組出演順)/(紅組出場者数)」で表す。

年/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1992年(平成4年)/第43回 恋をしようよ Yeah! Yeah! 2/28 小野正利

タイアップ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フジテレビとんねるずのハンマープライス
  2. ^ LINDBERG、4年ぶり再始動で「音返し」 - オリコン 2014年1月14日。
  3. ^ every little thing every precious thingKyuji22
  4. ^ 『日刊スポーツ』 2007年8月4日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]