西横浜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西横浜駅
西横浜駅舎(2007年1月11日)
西横浜駅舎(2007年1月11日)
にしよこはま - Nishi-yokohama
SO02 平沼橋 (0.9km)
(0.6km) 天王町 SO04
所在地 横浜市西区西平沼町
駅番号 SO03
所属事業者 相模鉄道
所属路線 本線
キロ程 1.8km(横浜起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
13,106人/日
-2012年-
開業年月日 1929年(昭和4年)2月14日
ホーム(2008年9月)

西横浜駅(にしよこはまえき)は、神奈川県横浜市西区西平沼町にある相模鉄道本線である。

歴史[編集]

1929年(昭和4年)2月14日に、厚木方から当駅まで開通した。開通当時から国鉄程ヶ谷駅(1931年に保土ヶ谷駅に改称)と結ぶ連絡線があり、この線路を経由して貨物列車の運行が行われていた[1]。1948年(昭和23年)9月13日に正式にこの連絡線は免許を得て開通した。この時点での営業キロは0.8 kmとされていた[2]。貨物線は主に砂利輸送に使用されていたが、相模川の砂利資源枯渇に伴い1964年(昭和39年)に打ち切られた[1]。また他に相模大塚駅在日米軍厚木基地の航空燃料)や厚木駅小野田セメント生コン工場の原料セメント)等への貨物輸送が行われていた[3]。1979年(昭和54年)10月6日付でこの貨物線は廃止となったが、廃止時点での営業キロは1.0 kmとなっていた[2]。いつ改キロが行われたかは不明である。貨物線廃止に伴い、残っていた米軍燃料輸送やセメント輸送は茅ヶ崎駅から相模線経由に輸送経路を変更された。

2002年から実施された星川 - 天王町間の連続立体交差事業の一環として、西横浜駅の改良も実施され、2005年(平成17年)6月26日から新駅舎に切り替えられた。以降、星川駅付近の留置線や鉄道業務関連施設が当駅付近へ移転してきている[4]

年表[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。

2005年6月26日に新たな駅舎が使用開始された。新駅舎は鉄骨造り2階建て延べ床面積596平方メートルで、外壁や階段上屋の壁にガラススクリーンを採用して、明るく開放的な空間を実現している。駅コンコースとホームを結ぶエスカレーターエレベーターが各1基設置され、オストメイト対応の多目的トイレも設置された。跨線橋両端には横浜市の負担でエレベーターが1基ずつ設けられている[4]。駅舎は、相鉄線と構内南側で平行する東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線を跨ぐ架道橋に直結している。

なお、当駅の北側には電留線が設置されているが、これは星川駅周辺で連続立体交差事業が行われているため[6]、同駅にあった電留線をすべて移設したものである。

のりば[編集]

1 本線 二俣川大和海老名湘南台方面
2 本線 横浜方面


利用状況[編集]

1日あたり乗車人員の推移

2012年度の1日平均乗降人員は13,106人である[7]

近年の1日平均乗車人員推移は下記のとおり。

年度 1日平均
乗車人員[8]
1998年 6,659
1999年 6,294
2000年 6,143
2001年 6,177
2002年 6,053
2003年 6,023
2004年 5,916
2005年 5,923
2006年 6,019
2007年 6,090
2008年 6,126
2009年 6,265
2010年 6,359
2011年 6,369
2012年 6,454

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

駅南側を走る国道1号上にある水道道(すいどうみち)停留所が最寄りとなり、横浜市営バス(市営)、神奈川中央交通(神奈中)、相鉄バス(相鉄)の路線が発着する。

駅名の由来[編集]

横浜西側にあるということから。

その他[編集]

  • 天王町駅 - 当駅間のカーブを過ぎると東海道本線・横須賀線と併走する。前記したが、横須賀線が東海道貨物線であった時期(SM分離以前)はカーブ付近の保土ヶ谷寄りで同線と接続する貨物線が合流し、この線を経由して新造車両などの「甲種輸送」が行われていた。貨物線の撤去後は相模線厚木駅経由とされた。
  • 駅の西側(正確には保線区に隣接)にはかしわ台車掌区西横浜分室・相鉄労働組合本部がある。

隣の駅[編集]

相模鉄道
本線
特急・急行・快速
通過
各駅停車
平沼橋駅(SO02) - 西横浜駅(SO03) - 天王町駅(SO04)

当駅 - 平沼橋駅間には、1957年まで古河電線駅が存在していた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 渡辺一策「相模鉄道の貨物輸送」、『鉄道ピクトリアル臨時増刊号』第672号、電気車研究会、1999年7月、 102 - 107頁。
  2. ^ a b 和久田康雄 『私鉄史ハンドブック』 電気車研究会、1995年12月20日、第2刷、78頁。
  3. ^ 柴田重利 『カラーブックス562 日本の私鉄13 相模鉄道』 保育社、1982年、52 - 53ページ
  4. ^ a b c 「相鉄西横浜駅が新駅舎に建て替え」、『鉄道ジャーナル』第467号、鉄道ジャーナル社、2005年9月、 103頁。
  5. ^ 『相鉄五十年史』1967年、106ページ
  6. ^ 相鉄グループHP「連続立体交差事業」
  7. ^ 相鉄グループHP「相鉄乗降人員」
  8. ^ 横浜市統計ポータル http://www.city.yokohama.lg.jp/ex/stat/index2.html#3

外部リンク[編集]