上星川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上星川駅
駅舎(2007年1月11日撮影)
駅舎(2007年1月11日撮影)
かみほしかわ - Kami-hoshikawa
SO06 和田町 (0.7km)
(1.9km) 西谷 SO08
所在地 横浜市保土ケ谷区上星川一丁目
駅番号 SO07
所属事業者 相模鉄道
所属路線 本線
キロ程 5.0km(横浜起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
23,884人/日
-2012年-
開業年月日 1926年(大正15年)12月1日
構内より横浜方面を望む(2007年5月10日撮影)

上星川駅(かみほしかわえき)は、神奈川県横浜市保土ケ谷区上星川一丁目にある相模鉄道本線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。駅舎は自由通路を兼ねている。かつては下り線側に待避線が設けられていた[1]

バリアフリー対応工事が進んでおり、2007年平成19年)2月から2008年(平成20年)末頃まで、電車とホームの隙間を減らすホーム改良工事を行った。これに伴い、駅舎からホームおよび地上部とを連絡するエレベーターが設置された。また、2009年(平成21年)6月から、新しいサインシステムへの交換を進めている。

駅のホーム西側近くを東海道貨物線高架橋が横切っているが、同線に駅はなく、また防音シェルターで覆われているため、走行する列車を見ることはできない。また、駅構内には相模鉄道上星川保線区が設置され、架線点検用の高所作業車軌陸車が配置されている。

のりば[編集]

1 本線 二俣川大和海老名湘南台方面
2 本線 横浜方面


利用状況[編集]

1日あたり乗車人員の推移

2012年度の1日平均乗降人員は23,884人である[2]。近年の1日平均乗車人員推移は下記のとおり。

年度 1日平均
乗車人員[3]
1998年 12,170
1999年 11,840
2000年 11,601
2001年 11,456
2002年 11,260
2003年 11,297
2004年 11,140
2005年 11,574
2006年 11,798
2007年 12,152
2008年 12,170
2009年 12,173
2010年 12,208
2011年 12,227
2012年 12,422

駅周辺[編集]

駅の周辺は帷子川の流れる谷の底で南北ともに丘陵地帯となっている。すぐ北側には国道16号(八王子街道)が並走している。16号を超えて北に進むと横浜国立大学やJRの横浜羽沢駅(貨物駅)などが続く。南側は商店街などが発達しているほか、銭湯が多く立地する。

バス路線[編集]

最寄りのバス停は北口側の上星川駅バス停、国道16号上の上星川バス停、または南口を出て帷子川を渡った坂本町バス停となる。

  • 上星川駅
    • <浜11> 釜台住宅第3・三ツ沢総合グランド入口経由 横浜車庫・横浜駅西口行(相鉄)
    • <浜13> 羽沢・三ツ沢総合グランド入口経由 横浜車庫・横浜駅西口行(相鉄)
  • 上星川(八王子方向)
    • <01・横51> 上菅田町・鴨居町経由 中山駅行(神奈中)
    • <横04> 鶴ヶ峰駅・川井宿・亀甲山経由 鶴間駅行(神奈中)
    • <5> 鶴ヶ峰駅・川井宿経由 若葉台中央行(神奈中)
    • <横52> 鶴ヶ峰駅・川井宿経由 中山駅行(神奈中)
    • <62> 急行 西谷駅前経由 千丸台団地・千丸台集会所行(市営・神奈中)
    • <83> 寺下橋経由 旭硝子前行(市営・平日1本のみ)
    • <92> 急行 上菅田町経由 笹山団地行(市営)
    • <119> 西谷駅前・新井町経由 鴨居駅行(市営・神奈中 ※休日運休)
    • <121> 羽沢団地経由 新横浜駅行(神奈中)
    • <旭10> 鶴ヶ峰駅・上白根町経由 よこはま動物園行(相鉄・日中のみ)
  • 上星川(横浜方向)
    • <62・92> 急行 横浜駅西口行(市営・神奈中)
    • <5・83・横04・横51・横52・旭10> 横浜駅西口行(市営・神奈中・相鉄)
    • <01> 三ツ沢西町経由横浜駅西口行(神奈中)
    • <121> 保土ヶ谷駅西口行(神奈中)
    • <119> 峰小学校前行(市営・神奈中)※平日・土曜のみ
  • 坂本町
    • <浜16> 西原住宅・鶴ヶ峰駅行(相鉄)
    • <同> 和田町駅・横浜駅西口行(相鉄)
    • <浜19> 新桜ケ丘団地行(相鉄)
    • <同> 和田町駅行(相鉄)

歴史[編集]

現在の橋上駅舎になる前は木造の駅舎を持っていた。改札口は木製で、待合室と売店があり、手小荷物も扱っていた。改札を出ると構内踏切があった。

駅名の由来[編集]

駅所在地の地名「上星川」から。

隣の駅[編集]

相模鉄道
本線
特急・急行・快速
通過
各停
和田町駅(SO06) - 上星川駅(SO07) - 西谷駅(SO08)

当駅 - 西谷駅間には、1960年まで新川島駅が存在していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「鉄道ピクトリアル 1999年7月臨時増刊号」 59頁
  2. ^ 相鉄グループHP「相鉄乗降人員」
  3. ^ 横浜市統計ポータル http://www.city.yokohama.lg.jp/ex/stat/index2.html#3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]