さがみ野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さがみ野駅
南口から見た駅舎(2007年8月1日)
南口から見た駅舎(2007年8月1日)
さがみの - Sagamino
SO15 相模大塚 (1.2km)
(1.3km) かしわ台 SO17
所在地 神奈川県海老名市東柏ケ谷2-30-28
駅番号  SO16 
所属事業者 相模鉄道
所属路線 本線
キロ程 20.5km(横浜起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
37,221人/日
-2014年-
開業年月日 1975年(昭和50年)8月17日
ホーム(2007年8月1日)
コンコース(2007年8月1日)

さがみ野駅(さがみのえき)は、神奈川県海老名市東柏ケ谷にある、相模鉄道本線である。駅番号はSO16

座間市綾瀬市との市境が近い。住居表示の実施により1985年に座間市域に編成された町名「さがみ野一丁目 - 三丁目」は、当駅に由来する。なお、座間市内には相鉄線の駅はなく、海老名市内にはさがみ野と称する町名はない。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅橋上駅舎を有し、両ホームの中央にはエレベーターエスカレーター(上り専用)が1台ずつ設置されている。

2008年に案内サインシステムが更新され、青色を基調としたものとなった。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
1 本線 下り 海老名方面
2 上り 大和二俣川横浜方面

利用状況[編集]

2014年度の1日平均乗降人員37,221人である[1]。近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下記のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員[4]
1995年(平成07年) [5] 19,061
1998年(平成10年) [6] 18,447
1999年(平成11年) 35,455 [7] 18,059
2000年(平成12年) [7] 18,196
2001年(平成13年) [8] 18,311
2002年(平成14年) 18,053
2003年(平成15年) 35,284 18,101
2004年(平成16年) 35,925 18,430
2005年(平成17年) 36,503 18,694
2006年(平成18年) 37,047 18,965
2007年(平成19年) 37,516 19,115
2008年(平成20年) 37,658 19,114
2009年(平成21年) 36,804 18,625
2010年(平成22年) 36,926 18,648
2011年(平成23年) 36,854 18,587
2012年(平成24年) 37,189 18,732
2013年(平成25年) 37,689 18,974
2014年(平成26年) 37,221

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

北口[編集]

南口[編集]

  • さがみ野駅
    • 神奈川中央交通
      • <さ02> 寺尾・綾瀬市役所経由 吉岡工業団地行
      • <さ03> 寺尾経由 吉岡工業団地行
      • <長24> 寺尾経由 長後駅西口行
      • <海08> 鶴間駅行/海老名駅東口行 ※1日1本のみ

歴史[編集]

旧・神中鉄道開通時、当駅付近に相模大塚駅が開業。1943年昭和18年)頃、厚木海軍飛行場建設に伴い、現在地に移転。その後、海老名側1km先に1946年(昭和21年)3月1日に柏ヶ谷駅が開業し(同年4月に大塚本町駅と改称)、その後かしわ台駅の開業により移転の形で現在地に駅が新設されることになった[9]

隣の駅[編集]

相模鉄道
本線
特急
通過
急行・快速・各停(下りは終点海老名、上りの急行は二俣川、快速は鶴ヶ峰まで各駅に止まる)
相模大塚駅(SO15) - さがみ野駅(SO16) - かしわ台駅(SO17)

当駅 - かしわ台駅間には、1975年まで大塚本町駅が存在していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 相鉄グループ「相鉄乗降人員」
  2. ^ 神奈川県県勢要覧
  3. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  4. ^ 座間市統計書
  5. ^ 線区別駅別乗車人員(1日平均)の推移
  6. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)225ページ
  7. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)227ページ
  8. ^ 神奈川県県勢要覧(平成15年度)225ページ
  9. ^ 大塚本町駅は当駅から1km近く離れており、この距離はかしわ台駅の350mよりも遠い。かつ、相模本町駅のホームの一部はかしわ台駅東口からの連絡通路に使用されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]